化粧水による肌荒れの原因&治し方と自分に合う化粧水の探し方

化粧水による肌荒れの原因と自分に合う化粧水の選び方

巷の口コミで高評価の化粧水を使っているのに、肌荒れに良いとされる化粧水を使っているのに、いつも肌荒れの状態が続いているということはありませんか?

そのような状況が続いている場合は、化粧水があなたの肌に合っていないのかもしれません。というか、化粧水自体が肌荒れの原因である可能性も高いです。

今回は、

  • 化粧水による肌荒れの原因
  • 化粧水による肌荒れが起こった際の治し方
  • 自分に合う化粧水の探し方

といった観点でまとめました。

自分に合わない化粧水を使い続けることほどお肌に悪いことはありませんので、しつこい肌荒れに悩んでいる方は必見です。

スポンサードリンク

化粧水で肌荒れをしてしまう原因は?

化粧水によって肌荒れを起こしてしまう原因として考えられるのは、主に以下の3点です。

  • 肌のバリア機能が低下して敏感肌の状態になっている
  • エタノールやパラベン、着色料など刺激の強い成分が使われている
  • その化粧品の有効成分が肌に合っていない

肌のバリア機能が低下して敏感肌になっている

私達の肌には、元々バリア機能という「外部からの刺激や乾燥から肌を守り、水分の蒸発を防ぐ」機能が備わっています。

しかし、このバリア機能は過度な洗顔ターンオーバーの乱れなどが原因で低下しやすいものなんです。

バリア機能が低下すると、肌の水分が蒸発してしまうため乾燥肌となり、肌荒れやニキビ・吹き出物といった症状につながりやすくなります。また、角質層が厚くなるため質感がごわついた感じに変わってしまいます。

エタノールやパラベン、着色料など刺激の強い成分が使われている

刺激の強い保存料や着色料、香料なども、肌荒れの原因になり易いです。
特に、安価な化粧水にはこういった成分が大量に使われています。

そういった化粧水を若い時に使用して問題がなかった場合でも、年齢を重ねるごとでターンオーバーが低下したり、過度な洗顔などを繰り返すといったバリア機能の低下を招きやすい条件が重なると、一気に症状が出てきたりしますので要注意。

若い時は問題無く、そのまま同じ化粧水を使っているのに、最近になって肌荒れを感じたり肌の調子が安定しない!といった状況も、化粧水を見直すタイミングと言えますね。

その化粧品の有効成分が肌に合っていない

割と高価なオーガニック化粧水を使用しているのに肌荒れを起こしてしまう!という方も中にはいらっしゃると思います。

「刺激量も少ないし、有名な有効成分もたくさん入っているのにどうして?」と思われるかもしれませんが、その有効成分がそもそも自分の肌に合っていないという可能性も実は高かったりします。

星の数ほどある化粧水の中から自分の肌に合ったものを選び出すのって、本当に難しいですもんね。

スポンサードリンク

化粧水による肌荒れの治し方

では、上記のような肌荒れには、どの様な治し方があるのでしょうか?
私のおすすめは、以下の2ステップです。

  • 肌断食をする
  • 自分に合う化粧水を選ぶ

肌のバリア機能回復のための肌断食

まず最初に行ってほしいのは、肌断食です。肌断食とは、簡単に言うと「洗顔後、お肌に何もつけずに過ごす」ことです。洗顔も、可能な限り洗顔料を使わずにぬるま湯で行います。

といっても、普段、「洗顔⇒化粧水⇒美容液⇒乳液⇒クリーム」と、フルラインで基礎化粧品を使っている方には、かなり敷居が高いですよね。お仕事をされていて、平日のメイクは必須という方も多いと思います。

その場合は、まずは週末だけでも肌断食を実践してみてください。そして、平日も朝は洗顔料を使わないぬるま湯洗顔にするなど、可能な限り実践します。

肌断食をすることで、肌本来のバリア機能がよみがえってきます。

そして、その間に自分に合う化粧水を選びましょう

自分に合う化粧水の探し方

自分に合う化粧水を探すと言っても、星の数ほどある化粧水の中から1本を選ぶのってほぼ不可能だと思います。

自分で自分の肌質をジャッジしていても、本当にそうかは調べてみないと分かりませんからね(^^;

ですので、基本的には肌に対する刺激が弱いものから試してみるのがおすすめです。

肌に対して刺激が弱い、肌に優しい化粧品というと、オーガニック化粧品無添加化粧品といった言葉が頭に浮かびやすいと思います。

ですが、これらの商品をやみくもに使用すればよいというわけではありません。

そもそも、オーガニックと無添加の違いについても誤解されがちです。化粧品で肌荒れを起こしやすい敏感肌の方向けに(私もそうですが…)以下の記事で詳細にまとめていますので、一度きちんと理解を深めてから試してみることをおすすめします。

オーガニックコスメと無添加化粧品の違い!敏感肌に効果的なのは?
敏感肌の方にとって、自分に合う化粧品を見つけ出すのはとても難しく、同時にとても大切な作業ですよね。添加物や化学品...

まとめ

一般的な肌荒れのケアをしているはずなのに肌荒れが改善されない場合は、

  1. まずは化粧水による肌荒れの原因を理解する
  2. 肌断食を実行して肌のバリア機能の回復を図る
  3. オーガニックや無添加の意味をしっかり理解して、肌に優しい化粧品を試してみる

この手順を試してみてください。

合わない化粧水を使い続けると、肌荒れだけでなく老化の促進などを引き起こすリスクも高まります。要注意ですね!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加