たんぽぽ茶で女性ホルモンを整える!妊活中・妊娠中・授乳中に!

たんぽぽ茶の女性ホルモンを整える効果

たんぽぽ茶たんぽぽコーヒーって聞いたことありますか?
出産を経験したセレブリティや女優さんが、キレイになるために取り入れているらしいと噂になったりしましたね^_^

たんぽぽ茶を飲むと女性ホルモンのバランスが整い、ツヤツヤキラキラスッキリする!らしいです。確かに女性ホルモンのバランスが整っていると、どんなライフステージもイキイキ過ごせますよね^_^

実は昔から愛されて、現在でも大注目のたんぽぽ茶について

  • 女性ホルモンのバランスを整える効果
  • 妊活中・妊娠中・授乳中に飲みたい理由

といった観点からまとめてみました。

スポンサードリンク

たんぽぽ茶の女性ホルモンのバランスを整える効果

女性ホルモンのバランスの乱れが原因で様々な不調を抱えている方も多いと思います。そんな不調に、大昔から使われてきたアイテムがたんぽぽ茶です。

女性ホルモンのバランスってそもそも何?

女性ホルモンのバランスが乱れると、女性にとっては不調がいくつも重なってしまい、辛いですよね…>_<…

でも、女性ホルモンのバランスって、具体的にどんなことを言うのでしょうか?

女性ホルモンには、エストロゲンプロゲステロンの2種類があります。
なぜ2種類あるのかというと、それぞれ主な役割が異なるからです。

  • エストロゲン:女性が妊娠しやすい体を作る役割を担う
  • プロゲステロン:妊娠状態をキープする役割を担う(妊娠してなくても分泌されます)

女性ホルモンの乱れによる不調は、この2種類のホルモンの絶妙なバランスが保たれにくくなっていることに原因があります。女性ホルモンのバランスが崩れると、なんとなくの体調不良、肌荒れ、ニキビ、イライラなど様々な形で不調となって現れてしまいます。

T-1エキスが脳下垂体の働きを活性化

では、ホルモンバランスの乱れを改善すれば、様々な不調は解決されるということですよね!?

解決方法はいくつかあり、効果にも個人差があります。
なかでも自然で穏やか、毎日続けられるのが、たんぽぽ茶という古代から愛されてきた改善アイテムです!

たんぽぽの葉や根は「母の薬」とも呼ばれ、薬草や漢方薬として重宝されてきました。
具体的にどのように不調にアプローチしてくれるかと言うと、たんぽぽ茶に含まれるT-1エキスが人間の 脳下垂体の働きを活性化 してくれます!

脳下垂体???^_^;
あまり馴染みがないですね…。

脳下垂体は脳の中にある、ホルモンの分泌をしてくれる内分泌器官です。女性ホルモン以外にもたくさんのホルモンを分泌しています。

いわば、ホルモン分泌の中枢のような存在、それが脳下垂体です。
ですので脳下垂体の働きが悪いと、ホルモンバランスが崩れてしまうというのも納得できると思います。

たんぽぽ茶は、無理やり足りないホルモンを分泌させようとするのではなく、脳下垂体の働き全体を良くして、ホルモンバランスの乱れに穏やかにアプローチしてくれます。

PMSなどの生理前の不調や、生理周期が不順であるなど、女性特有の不調を抱える方はぜひ試してみてください^_^

※女性ホルモンのバランスを整える作用以外にも、T-1エキスには様々な効果があります。
T-1エキスの効果の詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
たんぽぽ茶のT-1エキスの効果効能と副作用

スポンサードリンク

たんぽぽ茶を妊活中・妊娠中・授乳中の全てタイミングで飲みたい理由

たんぽぽ茶は妊活中・妊娠中・授乳中、それ以外にも全てのライフステージにおいて、女性の強い味方です。

たんぽぽ茶を妊活中に飲みたい理由

妊娠を望んでいる女性にとって、たんぽぽ茶は強い味方です。
たんぽぽ茶が女性の美しさや生理周期の安定には欠かせない女性ホルモン「エストロゲン」の分泌を活発にしてくれるからです。

エストロゲンは妊娠しやすい体を作るのに欠かせないホルモンなので、不足すると脳や体に「妊娠の準備をしようよ^_^」という情報が伝わりにくくなってしまいます。

結果、排卵が起こりにくくなったり、妊娠しやすい子宮内の環境が整えられなくなったりします。

たんぽぽ茶はエストロゲンの分泌を活発化させることにより、妊娠しやすい環境作りを助けてくれます。

※たんぽぽ茶を妊活中に飲みたい理由の詳細は、こちらの記事をご覧ください。
たんぽぽ茶の不妊への効果!血液循環とホルモンバランス調整が鍵

たんぽぽ茶を妊娠中に飲みたい理由

妊娠中は、カフェインを控えるように指導される場合が多いですよね。一生懸命心がけて、頑張っている方も多いと思います。

でもストレスというか、フラストレーションが溜まる…>_<…という方も多く見かけます。

そんな方には、たんぽぽ茶を濃く淹れて、たんぽぽコーヒーと呼ばれる状態で飲むのがおすすめ。いわゆるコーヒーとは確かに別物ですが、独特の苦味にハマってしまったという方も少なからずいらっしゃるようです。

単独でコーヒー代わりに飲むと確かに苦味を感じますが、豆乳を入れて豆乳カフェオレとして飲むと、かなり飲みやすくなりますよ。中には、「キャラメルフレーバーのカフェオレとかなり近い味!」とおっしゃる方も!実は意外と豆乳の味や香りと相性がいいみたいです。

女性ホルモンのバランスを整えてくれるたんぽぽコーヒーと、女性ホルモンに似た働きをしてくれることで有名(?)な豆乳の組み合わせって、体にとても良さそうですよね?

たんぽぽコーヒーとしての商品も発売されているので、妊娠中のためコーヒーを控えてストレスを感じている方は、ぜひ試してみてください。

もちろん、気になる方は妊娠中でなくとも、ぜひ^_^


ノンカフェインたんぽぽコーヒー

たんぽぽ茶を授乳中に飲みたい理由

無事に出産した後の授乳期間も、たんぽぽ茶は強い味方です。

たんぽぽ茶の苦味成分は、血行を良くして、血液をサラサラにしてくれる効果があります。

その結果、血液から作られる母乳も質の良いものになります。
更に、体の代謝を助けてくれる効果もあるので、母乳の生成を助けてくれます。

もちろんカフェインが入っていないので、赤ちゃんへの影響を心配する必要はありません。
ママにも赤ちゃんにも優しい飲み物と言えますね^_^

※たんぽぽ茶を授乳中に飲みたい理由の詳細は、こちらの記事をご覧ください。
たんぽぽ茶は授乳中におすすめ!母乳や赤ちゃんへの作用について

全ての女性におすすめです

妊活中・妊娠中・授乳中と、どの期間も強い味方でいてくれるたんぽぽ茶ですが、妊娠を全く希望していない方にもたんぽぽ茶はオススメです。

たんぽぽ茶は主に女性が悩むことが多い不調の改善に、穏やかにアプローチしてくれます。

例えば冷えに悩む女性は多いですね。
冷えは、肩こり・頭痛・腰痛・腹痛・生理痛と様々な不調の原因となってしまいます。
今は妊娠を希望していなくても、冷えを放置しておくと不妊につながってしまい、後悔することも考えられます。

たんぽぽ茶は体を温めてくれる性質があり、血液の循環も良くしてくれるので、冷え性の改善に効果的です。冷えに悩む方には嬉しいお茶と言えますね。

※たんぽぽ茶のT-1エキスの効果の詳細を知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。
たんぽぽ茶のT-1エキスの効果効能と副作用

女性特有の悩みに、どんな局面でもアシストしてくれるなんて、本当に強い味方です。比較的リーズナブルに試せるのも嬉しいですね^_^


たんぽぽ茶ブレンドお試し680円

まとめ

かわいいたんぽぽに、こんなに素晴らしい効果があるって知ってましたか?

厳しい寒さの冬に耐えて春になるとそこら中に咲くたんぽぽに、あらためて強い生命力を感じました。

「母の薬」と呼ばれるほどの薬効があるのも、なんとなく納得できるような??ぜひ今日からは、たんぽぽ=雑草と思わずに、たんぽぽパワーに注目してみてください^_^;

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加