国内線で機内持ち込み可の手荷物 液体やスーツケースのサイズは?

国内線で機内持ち込み可の手荷物 液体やスーツケースのサイズは?

大人になって初めての飛行機での国内旅行。荷物も全部自分で責任を持って用意しなければいけませんので、忘れ物にも気をつけたいですね^_^

でもせっかく準備したのに、機内に持ち込める手荷物の規定をオーバーしていたとか、持ち込み不可なものだと手荷物検査場で判明して廃棄処分になってしまったり…>_<…といったこともあります。

そんなことがないように持ち込みできる手荷物について、あらかじめしっかり確認、予習しておきましょう!

今回は、

  • 国内線ではどんなものが機内持ち込みできるのか
  • 国内線で機内持ち込みできる液体物の容器やサイズ
  • 国内線で機内持ち込みできるスーツケースのサイズや重量

といった点についてまとめています!

※国際線の機内持ち込みは国内線とはやや異なります。国際線はこちらから。

国際線で機内持ち込み可の手荷物 液体やスーツケースのサイズは?

スポンサードリンク

国内線で機内持ち込みできる手荷物は?

飛行機の機内は、乗客の安全と快適さを確保するため、持ち込める手荷物の個数、大きさ、重さに制限があります。そして、手荷物の中身に関しても制限が設けられています。常識的に考えて、多過ぎたり大き過ぎたりする荷物や、危険物を持ち込むのはダメだろうなという気はしますよね。

※持ち込みできなくても、貨物室へ預ける荷物に入れれば、持っていけるものもあります。

では具体的に、どんなものをどれくらいの大きさや個数持ち込めるのか、また危険物と判断されるものは何なのか、詳しく確認していきましょう。各航空会社によって細かい違いや表現の違いはありますが、概ね制限の内容は共通しています。

機内持ち込み可能な手荷物は、

  • ハンドバッグ
  • ボストンバッグ
  • スーツケース

などです。個数は、身の回りの品1個と、規定内の大きさと重さの手荷物1個、の合わせて2個と決まっています。

必ずしもきちんとした旅行用鞄でないと機内持ち込みできないわけではありません。私は口がジップで閉まるタイプのエコバッグを、機内持ち込みしたことがあります。またお土産の入った紙袋を持ち込みしている方を見かけたこともあります。

断言はできませんが、袋が破れて中身が飛び出すなどのトラブルの可能性が無ければ、かっちりとした旅行用鞄でなくても大丈夫なようです。不安な場合は、利用する航空会社に問い合わせをしてみましょう。

手荷物の中身これはOK?NG?

規定の範囲内の手荷物だからと言って、中身は何でも持ち込めるわけではありません。危険物と判断されるものと液体については、持ち込み可であるものと不可なものがあります。

主に注意が必要な品は以下の通りです。

ライター
喫煙用のライターは1人1つまで。ただし、オイルタンク式のライターは持ち込みも預けることもできません
電子煙草
機内は禁煙です。誤解を招く恐れがあるので、電子煙草は持ち込み禁止です。
飲み物・お酒
保安検査を通過する際に手荷物から出してチェックを受けます。クリアすれば持ち込み可能です。また、保安検査後に購入した飲み物も持ち込み可能です。
スプレー缶
不測の噴射を防ぐために、適当な保護がなされていれば持ち込むことができます。1容器あたり0.5ℓか0.5㎏までで、全部で2ℓまたは2㎏までです。放射性物質を含むもの、引火性ガスや毒性ガスはもちろん持ち込めません
充電池式ヘアアイロン
ヘアアイロンは意外と盲点です。充電池が取り外せるものは、取り外せないものは不可です。充電池が取り外せないものは、持ち込みも預けることも両方できませんので注意しましょう。
三脚
畳んだときの長さが60㎝を超えるものは持ち込めません︎。預かり荷物の中に入れましょう。
ハサミ、爪切り
持ち込めません︎。預かり荷物の中に入れましょう。
ワインオープナー・栓抜き
持ち込めません︎。預かり荷物の中に入れましょう。
ゴルフクラブ
持ち込めません︎。預かり荷物としてゴルフバッグごと預けましょう。

三脚、ハサミ、爪切り、ワインオープナー、ゴルフクラブなどは、凶器となりうるものとして、機内持ち込みできません。でも安全な空の旅のために、きちんと協力したいところです。

その他にも、電子機器やライト、医薬品などにも細かい規則があります。荷物の準備をする前に、必ず各社のHPを確認するようにしましょう。

スポンサードリンク

国内線で機内持ち込みできる液体(化粧品など)の容器やサイズ

前章でも少し触れましまたが、国内線の機内は飲み物やお酒、化粧品などの液体も、規定の範囲内であれば持ち込むことができます。もちろん規定の範囲を超えてしまえば持ち込みはできません。具体的には、液体の持ち込みに関して、どのような規定があるでしょうか。

飲み物
お茶やお水などの飲み物は、保安検査をクリアすれば持ち込みは可能です。また、保安検査後に購入したものも持ち込み可能です。
お酒
1人あたり内容量5ℓ以下で、5ℓ以下の小売容器に入っていることが条件です。アルコール度数70%を超えるものは、機内持ち込みも預かり荷物に入れることもできません。
化粧品・医薬品
放射性物質を含んでいなければ、持ち込みは可能です。スプレー缶に入っているものは、不測の噴射を防ぐために、適当な保護がなされていれば持ち込むことができます。

1容器あたり0.5ℓか0.5㎏までで、全部で2ℓまたは2㎏までです。化粧品などは、トライアルセットやサンプルセットなどを取り寄せて持って行くと便利です。

放射性物質を含むもの、引火性ガスや毒性ガスはもちろん持ち込めません!香水も持ち込めますが、中身がこぼれてしまうとかなり迷惑になってしまいます…>_<…容器の蓋がきちんとしまるか、確認しましょう。

液体物に関しては、国内線は国際線よりだいぶ基準が緩い印象です。

国内線で機内持ち込みできるスーツケースのサイズや重量

前章で国内線の機内持ち込みの荷物は、1人あたり全部で2個(身の回りの品1個+手荷物1個)までと書きました。しかし2個までなら何でもいいという訳ではありません。やはり規定があります。

持ち込み可能な荷物に関する規定は概ね各社共通です。具体的には以下の通りです。

大きさ(手荷物)
3辺の和が115㎝以内で、55㎝×40㎝×25㎝以内であること。(座席数100席以上の機体の場合)もしくは3辺の和が100㎝以内で、45㎝×35㎝×20㎝以内であること。(座席数100席以下の場合)
重さ)
身の回りの品と手荷物の2個合わせて10㎏以内

この数字について詳しく見ていくと、まず持ち込める荷物は全部で2個までです。

身の回りの品とは、ハンドバッグなどの貴重品を入れる鞄のことを指します。身の回りの品に関しては大きさに規定はありませんが、「ハンドバッグなど」と明記している会社もあることから、どんなに大きくてもいいというわけではありません。常識的な大きさのバッグを選びましょう。

手荷物はスーツケースやボストンバッグなどを持ち込む方が多いと思います。注意すべき点は、手荷物の規定の長さとは、スーツケースのハンドルやキャスターなどの付属品の長さも含まれているということです。

付属品も含めての、3辺の長さ、各辺の長さが規定の範囲内かどうかが重要です。また3辺の和が規定の範囲内のバッグでも、各辺の長さの規定をオーバーすると持ち込めない場合があります。例えば極端に細長い形のバッグなどです。その場合、機内の所定の収納スペースに収まり切らない場合があるので、持ち込むことはできません。持っていく予定のバッグ類が規定の範囲内かどうか、早めに確認しましょう。

搭乗予定の飛行機の機種は、各社HP上で確認できますよ^_^

まとめ

いかがでしたか?手荷物のことだけなのに、だいぶややこしいと思った方もいらっしゃると思います。

でも、要するに荷物の数と大きさと重さを簡単に理解し、危険物は持ち込まない、の二つを理解しておけば、大体OKです。念のため、必ず各社HPを確認する癖をつけておくと安心です。

また、国際線は、国内線とはかなり規定が違います。混同しないように注意しましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加