結婚したいフリーター男性必見!彼女と彼女の親の本音知ってますか?

結婚したいフリーター男性必見!彼女と彼女の親の本音知ってますか?

現在フリーターをされている男性にお聞きします。

  • 今お付き合いしている彼女はいますか?
  • その彼女と結婚したいなと思っていますか?

もしどちらもYesなら、今の状況はかなりまずいかもしれません。。。

先日、知人との待ち合わせに時間が空いたのでカフェでお茶をしていたのですが、そこで聞こえてきたのは女性グループの恋愛相談話でした。

フリーターの彼を持つ20代後半の女性が、40代の女性二人に相談していたその内容。フリーター男性からするとかなり耳が痛い話かもしれません。でもそこには、彼女や彼女のご両親の本音が詰まっています。

今回は、そんなリアルな女性の本音話をお伝えしたいと思います。

スポンサードリンク

付き合うならちゃんと結婚前提で考えてくれる男性がいい!

付き合う時にちゃんと結婚を考えてくれる男性って素敵ですよね

最初に耳に入ってきたのは、そんな声でした。20代未婚と思われる女性と40代既婚と思われる女性二人のグループ。盗み聞きする気はなかったのですが、何しろ声が大きかったので隣の席の私には筒抜けで・・・。

「本当に結婚するかは分からないけど、最初から結婚はないなと思いながらアプローチして来る男の人ってすごく不誠実だし、ちょっとそういう人とは付き合いたくないんですよねー。○○さんのご主人とかどうだったんですか?」

「私?私の場合は結構最初から結婚前提って感じだったかなー。」

「あー、いいなあ。そういう誠実な人って本当に羨ましいですー。」

ふむふむ、なるほど。確かにそうかも。
この子結構美人だし、言い寄ってくる男の人も多そうだからそれくらいしっかり考えてる方がいいよねと思いながら聞いてたんですが・・・。

今の彼はフリーターだから結婚は考えられない

「え?でも○○ちゃんて、今付き合ってる人以内の?」

「うーん、実はいるんですよー。付き合って3年になる彼氏。でも彼、フリーターなんで結婚相手としては見てないんです。」

ええ!?男性には結婚前提の交際を求めるのに、自分は結婚ないなと思いながら付き合ってるんかい!と、思わず心の中で突っ込みを入れる私(笑)

でもこれって、まさに女性の本音なのかもしれません。
実際問題、フリーターの男性の収入面や安定性を考えると、仮に結婚したとしてもその後にはリアルな生活の苦しさが待っています。自分が彼を養っていけると思えるくらいじゃないとフリーター男性との結婚生活は成り立たないですし、そんな女性は世の中にほとんどいないのが実情です。

「私、できれば30歳までに子供が欲しいんで、ほんといい人探さないとなって少し焦ってるんです。夫がフリーターだと子供なんて絶対産めないじゃないですか。」

これも確かにその通りで、フリーターの彼との結婚生活をリアルに想像するからこそ彼とは無理という結論を出しているとも言えます。

最初は相手に求めるものと自分がやっていることが矛盾してるよーと思いながら聞いていたのですが、考えてみると3年間のうちに彼がフリーターを辞めて正社員になるのを待っていたのかも。

それだけ彼のことが好きで待っていたけど、でもやっぱりタイムリミットがあって、これ以上は待てないっていうことなのかなと私も考えを正しました。

親も「フリーターの彼と付き合うのはいいけど結婚は別の人としなさい」と言っている

彼女はさらに続けます。

「実際、うちの親もフリーターの彼と付き合うこと自体は認めてくれてるんですけど、「結婚は付き合うのとは別だから結婚するなら別の人にしなさい」って言ってるんです。」

フリーターに限らずですが、結婚するには当然相手方の親御さんに許可を得る必要がありますよね。両親としても自分たちの娘は大切ですから、娘に進んで苦労をさせたくはありません。ですので結婚相手が経済的に不安定な場合、反対されるケースがほとんどです。

仮にお付き合いしている時に彼女のお家に遊びに行って和気藹々と過ごしたり仲良くしていても、「結婚」となると話は別になる場合が多いということですね。

スポンサードリンク

今の彼女と結婚したいならフリーターは卒業するべき

今回の話を聞いて(聞こえてしまって)私が思ったのは、フリーターの男性が今お付き合いしている彼女との結婚をリアルに実現したいなら、やはりフリーターを卒業する必要があるなということです。

もし、あなたがフリーターで、「フリーターの自分と長く付き合ってくれてるし、俺の彼女は正社員になれなんて口ずっぱく言われないからこのままで大丈夫だろう」なんて考えていたら危ないです!

私が聞いたのは、おそらくそうやって3年も待ってくれている彼女の本音。もしかしたらあなたの彼女もあなたが気づかないところで別れを決断しているかもしれません。

基本的に結婚願望を持っている女性がフリーターの男性と付き合うということは、それだけあなたのことが大好きなんだと思います。そんな彼女との結婚を本当に考えているなら、フリーターを卒業する必要性を真剣に考えた方がいいです。

フリーターから正社員になるには?

とはいえ、フリーターから正社員になるのはそう簡単なことではありません。基本的に日本の企業は新卒採用にこだわるところが多いですし、中途採用をする場合は前職の経験を買って即戦力としての採用がほとんどだからです。

また、「経験不問」といった求人を出している会社に応募するとしても、その会社がブラックかどうかの見極めや業界研究、面接時のポイントなど、これまでフリーターが長かった方にはかなりハードルが高くなります。

一般的に、そういった部分をフォローしてくれるのがいわゆるキャリアコンサルタントを擁する人材紹介会社なのですが、この部分においてもフリーターは厳しい状況が待っています。

多くの人材紹介会社はフリーターを相手にしてくれない

多くの人材紹介会社はフリーターを相手にしてくれない

それは、多くの人材紹介会社にとってフリーターはサービスの対象外にされてしまう現実です。私自身、以前転職エージェントをしていたので業界内のことは分かっています。

人材紹介会社は、紹介した人の転職・就職が決まると、その方の入社時の年収に応じて企業から報酬を得ます。つまり、年収の高いポジションに人を紹介した方がもうかるシステムになっているんです。

当然、そういったポストは正社員として経験を積んだ人しか対象にしていません。結果的に、フリーターの方が普通に人材紹介会社に登録しても、「現在、紹介できるお仕事がありません」という連絡が来て面談すらしてくれないといった結果になることが多いです。

少数だけどフリーター専門の人材紹介会社もある

ですが、中には「フリーターでもOK」という求人を専門に扱っている人材紹介会社も存在します。どんな経歴の人でも必ず会って面談を保証してくれている人材紹介会社もあるので、こういったサービスは絶対に受けた方がいいです。

人材紹介会社を利用することで、

  • フリーターの経験を正社員への就職にどう生かすか
  • 自分が応募できる正社員求人にはどんなものがあるのか
  • 興味を持った会社はどんな会社で本当にブラックではないか
  • 就職したい会社の業界はどんな業界か
  • 面接には何を用意して、どんな風に望めばいいか
  • 履歴書や職務経歴書はどのように書けばいいか

こういったサービスを、全て無料で受けることができます。

人材紹介会社は、あなたの就職を成功させることで就職先の企業から報酬を得るわけですから、サービス利用者に料金はかかりませんし何より就職が成功する様に本気でアドバイスしてくれます。

フリーターOKの人材紹介会社は数少ないので、そういった会社は全て利用するくらいの姿勢で臨みましょう。

20代ならチャンスあり!まずは面談をして自分の可能性を知ろう

フリーターOKの人材紹介会社はいくつかあるという話をしましたが、実はそこには一つ条件があります。

それは、ほとんどの会社はターゲットを20代までに絞っていること。これは、未経験可能な求人自体が対象を20代に絞っている場合が多いことに関係しています。

30代になってしまうと、フリーターから正社員を目指すチャンスは大きく減ってしまうのが現実です。逆に言うと、20代であれば例え29歳でもチャンスが広がります

フリーターも登録可能な人材紹介会社

フリーターから正社員を目指すなら、絶対に登録しておきたい人材紹介会社は以下の2社です。どちらも未経験からの正社員就職に特化したエージェントなので、就職活動の強い味方になってくれます。

JAIC(ジェイック)

JAICバナー
JAIC20代のフリーター、既卒、第二新卒に特化した人材紹介会社で、10年以上の歴史と実績があります。フリーターがどんな悩みや不安を持ちながら就職活動をしているのかを熟知していますので、的確なアドバイスを受けることができ、不安なく面接に臨むことができます。

また、入社したらそこで終わりというわけではなく、せっかく入社した会社に定着できるためのアフターフォローも充実。安定した正社員生活を二人三脚で実現してくれます。

JAIC公式HP

ハタラクティブ

ハタラクティブもJAICとコンセプトが近い人材紹介会社で、こちらも20代ならば登録が可能です。

通常は、フリーターの完全未経験の方の場合はITエンジニアなどの職種を目指すことは難しいのですが、このハタラクティブの場合は同系列にITに強い人材紹介会社があることから、完全未経験もOKという案件も多く取り扱っています。

難点はサービスエリアが東京、神奈川、埼玉、千葉の1都3県に限られること。逆に、このエリアで転職活動をするならば、登録しないのは非常にもったいない会社です。

ハタラクティブ公式HP

職種や業界を選ばなければ30代以上の方にもチャンスあり

働くナビ
製造業や工場などの求人の場合、ホワイトカラーよりも条件が緩い場合が多いです。

さらに、最初から正社員が無理でも「紹介予定派遣」という制度を取っている会社も中にはあります。最初は派遣社員として勤務して、6か月後に正社員として直接雇用をするというサービスです。

こういった案件を扱っている人材紹介会社がテクノサービスの「働くナビ」です。派遣の取り扱いがメインですが、紹介予定派遣も取り扱っています。30代フリーターの方やスーツを着ての仕事が性に合わないという方は、エントリーしてコンサルタントに相談をしてみましょう。

働くナビ公式HP

まとめ

途中でも触れましたが、結婚願望のある女性がフリーターの男性をお付き合いをするというのは、それだけ相手のことが好きなんだと思います。そんな彼女との結婚を真剣に考えた時が、フリーターを卒業するタイミングなのかもしれません。

とはいえ、彼女もいつまで待ってくれるかは分かりません。今回、偶然私が耳にした話が全ての20代女性の女性ではないのかもしれませんが、私がそうだったように多くの女性は彼女の意見に共感すると思います。

一人で正社員へのチャレンジをするのはとても困難ですが、今は本当にいいサービスが無料で受けられます。ぜひ行動に移して彼女を安心させてあげてくださいね。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加