丸ごと分かる紫外線対策!日焼け前後のケアから美白・シミの除去まで

丸ごと分かる紫外線対策!日焼け前後のケアから美白・シミの除去まで

紫外線を無防備に浴びてしまうと、日焼け直後の炎症の症状でつらい思いをしなければならないのはもちろん、時間が経過した後はシミやしわ・たるみといった光老化につながってしまいます。

今回は、そういった紫外線の肌への悪影響に対する対策として、そもそも日焼けをしないための対策から、日焼け直後のアフターケア、サンバーンが落ち着いた後の黒い肌を美白する方法、最終的に残ってしまったシミを消す方法まで、時間の経過と共に変化する悩みと対策についてのまとめです。

それぞれのタイミングで注意すべき項目は細分化してまとめていますし、細分化した内容はすべてブログ内の別の記事で詳細に説明しています。興味がある項目の詳細を知りたいなと思ったら、リンク先の内容を参照していただけるとより理解が深まると思います。

ぜひ、ご自身の今の悩みにマッチした項目を選んでみてください。

1.まずは日焼けを防止!体の外側・内側からの紫外線対策を!
1-1.帽子・日傘・長袖・スカーフで物理的に紫外線をカット!
1-2.日焼け止めの選び方①SPFとPAの違い
1-3.日焼け止めの選び方②敏感肌の場合
1-4.身体の中から日焼けを防止?注目の飲む日焼け止めとは?
1-5.飲む日焼け止めの選び方と国産・海外製の違い
1-6.目が日焼けをすると全身が黒ずむ
1-7.プールでの日焼け止めってみんなどうしてる?

2.予期せぬ日焼けに!日焼け直後のアフターケア
2-1.日焼け後72時間以内に行いたいアフターケア
2-2.日焼け後3日以内に皮膚科に行くべき理由
2-3.日焼け直後の炎症を自分で抑える市販薬

3.日焼けした肌を元に戻すための美白対策
3-1.メラニン色素を減らす食べ物

4.日焼けが原因で出来てしまったシミを消すには?
4-1.ハイドロキノンの副作用
4-2.妊娠中のシミ対策で気を付けるべき成分
4-3.海の酵素でシミを除去?
4-3.茶クマの原因もシミと同じメラニン色素

スポンサードリンク

まずは日焼けを防止!体の外側・内側からの紫外線対策を!

紫外線対策・日焼け対策は、予防が一番大切です。体の外側から、そして内側から日焼けを防止するための方法をまとめました。

まずはこの「予防」を徹底して、紫外線から肌を守りましょう!

帽子・日傘・長袖・スカーフで物理的に紫外線をカット!

とても単純な理屈ですが、紫外線が肌に届かなければ日焼けをすることはありません

帽子・日傘・長袖・スカーフといったアイテムを利用することで、自分のいるエリアに日陰を作ったり、肌を直接覆って紫外線が肌に届かない状況を作り上げることが可能となります。

塗る日焼け止めや飲む日焼け止めと併用することで、さらに効果的に日焼けを防止することができます。

※詳細はこちらの記事を参照してください。

紫外線対策に帽子・日傘・長袖・スカーフを!色や素材はどうする?
「紫外線を防いで日焼け対策」と聞くと、まずは肌に塗る日焼け止めを思い浮かべる方は多いと思います。 紫外線の...

日焼け止めはどう選ぶ?①SPFとPAの違いを理解して肌に優しいものを

日焼け止めは、日焼けを防止する方法として一番思い浮かべやすいアイテムだと思います。

ただ、星の数ほど発売されている日焼け止めの中から、どんな基準でどんなものを選べばいいのか?という点に関しては、知らない方も多くいらっしゃると思います。

SPFは紫外線B波を、PAは紫外線A波をどれだけカットできるかの指標なのですが、基本的にはSPF・PA共に数字や+が増えるほどに紫外線はカットできても肌への負担は増加してしまいます。

この辺りのバランスを上手くとることが、自分に合った日焼け止めを選ぶ際に大切になります。

※詳細はこちらの記事を参照してください。

日焼け止めのSPF・PAの意味と違いは?選ぶ目安は肌への負担を考慮!
昔は日焼けした肌は若さと健康の象徴でしたが、今や紫外線はシミやしわといった肌の老化に悪影響を及ぼす存在として広く...

日焼け止めはどう選ぶ?②敏感肌な私はオーガニックとウォータープルーフを使い分けてます

先ほどの項目とも関係しますが、日焼け止めは紫外線カット率が高まるほど肌への負担は増加します。また、水や汗で落ちにくいウォータープルーフ加工の日焼け止めも肌への負担は増加します。

私は敏感肌なので、紫外線の刺激も日焼け止めの刺激もどちらも最小限に抑えたいというのが本音です。

ですので、普段は肌に優しいオーガニックの日焼け止め(SPF30)を使用して、アウトドアなどの汗をかくシチュエーションのみウォータープルーフの日焼け止め(SPF50)を使用しています。

飲む日焼け止めを併用することで、このような肌への負担を優先した使い分けが出来る様になりました。

※詳細や具体的に使用している商品名などは、こちらの記事を参照してください。

敏感肌の日焼け止めはオーガニックとウォータープルーフの使い分けを
敏感肌持ちにとって、紫外線が強い季節って本当に過ごしにくいですよね。私の場合は肌の日焼けそのものも辛いのですが、...

身体の中から日焼けを防止?注目の飲む日焼け止めとは?

敏感肌な私が、普段使いの塗る日焼け止めを肌に優しいオーガニック製品に出来ているのも、飲む日焼け止めによって身体の中から紫外線対策を行えているからです。

飲む日焼け止めは、近年テレビにも取り上げられるようになって注目が集まっていますね。

とは言え、飲む日焼け止めのことをご存じない方にとっては、そもそもどうして体の中から日焼けを防止できるのかといった素朴な疑問や、そんな効果のある成分に副作用はないのか?といった点に関する不安点も出てくるかと思います。

そういった飲む日焼け止め全般の基本知識については、こちらの記事で詳細にまとめていますので、ぜひ参照なさってください。

飲む日焼け止めの効果は?成分と副作用、飲み方の注意点について
飲む日焼け止めが今、注目を集めています。 これまで、日焼け止めと言えば肌に塗るものが主流で、飲む日焼け止め...

飲む日焼け止めはどう選ぶ?国産と海外産を徹底比較!

飲む日焼け止めというと海外製品のヘリオケアという商品がメジャーですが、最近では国産の飲む日焼け止めも発売されてきています。

ヘリオケアと国産の飲む日焼け止めでは、何が違うのか?そして、どちらを選べばいいのか?

以下の記事では、有効成分や補助成分、価格や流通経路などを、具体的な商品を取り上げて比較しています。

取り上げている具体的な商品は、以下の通りです。

海外産の飲む日焼け止め
ヘリオケアウルトラD
ヘリオケア・アンチオキシダント
国産の飲む日焼け止め
ホワイトヴェール
ホワイタス
POLC(ポルク)
雪肌ドロップ
やかないサプリ
資生堂ピュアホワイト
飲む日焼け止めを比較!国産とヘリオケアはどちらがおすすめ?
海外セレブの間では紫外線対策として当たり前になっている、飲む日焼け止め。最近では春夏だけでなく、年間を通じて日本...

国産の飲む日焼け止めホワイトヴェール体験談

上で挙げた商品を比較検討した結果、私が選んだのは国産のホワイトヴェールという飲む日焼け止めです。実際に購入して実践しています。

ホワイトヴェールを飲むようになって、塗る日焼け止めは肌への優しさを最優先して選べるようになりましたし、夕方なら半袖で日傘なしで公園を散歩できるようにもなりました。

1袋60粒入りなので、1日2粒がホワイトヴェールの基本なのですが、実はちょっと多めに飲んでいます。

私が具体的に1日何粒飲んで効果を実感しているのかといった内容や、海外製のヘリオケアとの詳細な比較、家族や友人とシェアする場合のお得な購入方法など、具体的な体験談とおすすめの飲み方についてはこちらの体験談記事に全てまとめました。

ホワイトヴェールの効果と口コミ!実際に飲んで日焼け&光老化対策中
今シーズンから、飲む日焼け止めのホワイトヴェールを飲んでいます。 飲む日焼け止めはここ数年注目を集めていた...

国産の飲む日焼け止め「やかないサプリ」体験談

ニュートロックスサンが配合されていない国産の飲む日焼け止めに、やかないサプリがあります。

最初はニュートロックスサンが配合されていないという理由で敬遠していたのですが、実は海外産で最もメジャーな飲む日焼け止めであるヘリオケアにかなり近い成分が配合されていることに気づき、急きょ取り寄せてみました。

成分的にもユニークですが、他の飲む日焼け止めと比較して圧倒的にコストパフォーマンスが良い点もやかないサプリの魅力です。

やかないサプリの具体的な成分やコスパの魅力については、こちらの記事でまとめています。

やかないサプリの成分はコスパが最高!効果と副作用、飲み方について
2016年は、国産の飲む日焼け止めが多くのメーカーから発売される年になりました。 ...

後発ながら機能が充実!国産の飲む日焼け止めホワイタス

現在、私はホワイトヴェールとやかないサプリを併用する形で国産の飲む日焼け止めを利用しているのですが、なんとホワイトヴェールとやかないサプリの良いとこどりをしたような商品が発売されました。

ホワイタスの魅力はニュートロックスサンを主配合としつつ、やかないサプリの主成分であるブライトニングパインも配合している点です。それでいて価格はホワイトヴェールとほぼ同じくらいなので、とても魅力的な商品と言えますよね。

2016年に発売された国産の飲む日焼け止めとしては後発組ですが、いくつかのサプリを併よするのが面倒臭いという場合はホワイタス一本に統一してしまうのもありだと思います。

※ホワイタスの詳細についてはこちらの記事でまとめています。

ホワイタスの成分は紫外線と乾燥に効果的!ホワイトヴェールとの違いは?
2016年は国産の飲む日焼け止め元年と言ってよいくらい色々な商品が世に出ていますが、ここに来てホ...

目が日焼けをすると全身が黒ずむ?目の日焼け侮るべからず!

肌に比べてついつい軽視しがちな目の日焼け対策ですが、実は侮ってしまうと大きな後悔につながってしまいます。

なぜなら、目が紫外線を浴びて日焼けをすることで、その影響は全身に及んでしまうからです。

これってすごく怖いですよね。一生懸命、肌の紫外線対策を行っていても、目が無防備だと肌の色が黒ずんでしまうわけですから。

しかも、単に濃い色のサングラスをかければいいかというとそう簡単な話でもないんです。

※詳細はこちらの記事を参照してください。

目の日焼けで全身に黒ずみ症状?対策予防はサングラスの色に注意!
紫外線から肌を守るために、様々な日焼け対策を行うことは今や常識になりました。肌に直接紫外線が当たるのを防いだり、...

プールでの日焼け止めってみんなどうしてる?禁止のところあるみたいだけど…

プールでの日焼け止めって、どうすればいいのか結構悩みませんか?

最近だと、学校のプールの授業で日焼け止めが禁止になっていることが是非が問題になっている一方、いやいや、そもそもウオータープルーフの日焼け止めを塗ったところでプールの塩素によって流れ落ちちゃうから意味ないし!という意見もあります。

学校以外のプールでも、日焼け止めが禁止になっているところもあれば黙認されているところもあったりと、対応は様々です。

プールの日焼け止めって、モラル的にどうなの?という問題から、とはいえ日焼けは絶対避けたい!という切実な思いまで、結構奥の深い問題だと思います。

そんな問題に対する私なりの解決策を、以下の記事でまとめています。

プールで日焼け止めは禁止?おすすめと効果的な塗り方、学校の場合
紫外線は、健康面においても美容面においても肌に悪影響を与えてしまいます。そのことが広く知られるようになってから、...

予期せぬ日焼けに!日焼け直後のアフターケア

普段は日焼けに気を付けて対策をしていても、想定外に強い紫外線を浴びてしまうこともあるかもしれません。

そんな時は、日焼け直後のアフターケアをどれだけしっかり行えたかでその後の肌の状態も変わってきます。

痛みやヒリヒリ、熱感やかゆみといった直後の症状だけでなく、シミやしわ、たるみといった紫外線による肌の老化(光老化)を防ぐためにも、日焼け直後のケアはしっかりと行いましょう。

日焼け後72時間以内に行いたいアフターケアの基本

うっかり日焼けをしてしまった場合は、72時間以内にどんなケアをしたかでその後の肌の状態が大きく変わってきます。

なぜなら、紫外線による刺激で肌のメラニン色素が増加し、定着するまでにかかる時間が72時間だからです。つまり、この期間にどれだけ適切な応急処置が行えたかで、後々の肌色・肌質・シミ・しわの程度が変わってくるということですね。

日焼け後のアフターケアの基本は冷やす・保湿・水分補給の3つですが、以下の記事ではそれ以外の応急処置方法についてもまとめています。

日焼け後72時間以内のアフターケアで痛み・赤みの対処とシミの予防を!
日焼け対策が不十分なまま強い日差しを浴びてしまって、その日の夜には日焼けした肌が痛かったり、かゆかったり、赤みを...

日焼け後3日以内に皮膚科に行くべき理由

日焼け後3日以内とは、つまり日焼け後72時間ということです。

冷やす・保湿・水分補給といった基本的なケアを行うことはもちろん重要ですが、この期間にきちんと皮膚科に行き、サンバーンへの治療と光老化防止のためのケアを受けることで、効果は一層高まります。

通常の皮膚科と美容皮膚科の両方の特徴については、以下の記事で詳細にまとめています。

日焼け治療は3日以内に皮膚科で!通院が必要な症状は?
今日はそんなに外に出ないから、軽めのUVケアでいいや。そう思って出かけたのに、予定外に紫外線を浴びてしまったとい...

日焼け直後の炎症を自分で抑える場合に選ぶべき薬

うっかり日焼けをしてしまったけど、皮膚科に行くほどではないかなという場合や、皮膚科に行くまでの間に少しでも自分でケアをしたいなという時に役立つのが市販の薬ですよね。

日焼けをした状態は肌が炎症を起こしている状態ですから、基本的には火傷に対応した塗り薬や飲み薬を選ぶことが重要です。

塗り薬にはステロイドが配合されているものとそうでないものがありますし、飲み薬も痛みが強いのか痒みが強いのかによって選ぶべき銘柄も変わってきます。

※具体的な商品名などは、こちらの記事を参照してください。

日焼け後の炎症に効く薬 オロナインは有効?飲み薬はある?
予期せぬ日焼けをしてしまった場合は、可能な限り72時間以内(3日以内)のアフターケアを行うことが大切です。 ...
スポンサードリンク

日焼けした肌を元に戻すための美白対策

日焼けをすると、メラニン色素が増加して肌が黒くなります。このメラニン色素を放置すると、シミという形で肌に沈着してしまいます。

シミを防ぐためにも、また黒くなった肌を美白するためにも、メラニン色素対策をきちんと行いましょう。

メラニン色素を減らすにはどんな食べ物を食べればいいの?

メラニン色素を減らすには、メラニン色素の代謝を促す栄養素が必要です。

食事から摂る場合は、ビタミンA・ビタミンC・ビタミンEの3つのビタミンを意識することが大切で、さらに効果を促進したい場合はサプリメントをうまく利用する必要があります。

※以下の記事では、ビタミンACEを含む食材やサプリメントで摂りたい成分について、具体的にまとめています。

目・肌・髪の<span>メラニン色素</span>を減らす食べ物・増やす食べ物
メラニン色素というと、日焼けで増えるあれ?とにかく増やさないに越したことがないやつだよね、といった感じで認識しが...

日焼けが原因で出来てしまったシミを消すには?

もしもシミが出来てしまったら、シミに対する部分的な集中ケアを行うことでかなりの改善が期待できます。

ただし、効果の強い成分には副作用もつきもの。その辺りの知識をしっかりと確認しておくことが、正しいシミ対策には必要です。

ハイドロキノンを使うなら副作用をきちんと理解しよう

ハイドロキノンは、肌の漂白剤と呼ばれるほどの強いメラニン色素除去作用を持ちますが、当然その分肌への刺激も強いため、副作用も起こりやすい成分です。

具体的には、赤み(炎症)・熱感・痒み(感想)・ニキビ(湿疹)・色素沈着・白斑・しわ・胎児への影響といった副作用が起こり得ます。

ハイドロキノンにはこういった副作用が出る可能性があるということを理解しつつ、「正しい」使い方を意識することが大切になってきます。

※以下の記事では、上で挙げた副作用の詳細やそれを防ぐための正しいハイドロキノンの使い方まで、詳細にまとめています。

ハイドロキノンの副作用一覧と使い方の注意!守るべき濃度は?
肌のシミが気になる方は、誰しも一度はハイドロキノンの使用を検討したことがあると思います。 ハイドロキノンは...

妊娠中の場合のシミ対策で気を付けるべき成分

妊娠中は、ホルモンバランスの変化が原因でシミができやすい状態です。

かと言って、お腹に赤ちゃんがいるわけですから、刺激が強かったり副作用があるような成分はなるべく避ける必要があります。

色素沈着やシミの除去に関しては、いくつかサプリメントやクリームも発売されていますが、避けた方が良い成分と妊娠中でも大丈夫な成分をしっかりと理解してチョイスすることが大切です。

※具体的な商品や成分については、以下の記事を参照してください。

妊娠中のシミや色素沈着の対策に!サプリやハイドロキノンは大丈夫?
妊娠をするとシミやそばかすといった色素沈着が起こりやすくなります。沈着する色素の正体はメラニン色素なのですが、妊...

【副作用なし】海の酵素でシミを除去?

シミの原因はメラニン色素ですが、通常メラニン色素は肌のターンオーバーが正常であれば代謝の過程で自然に除去されます。

ところが、老化してターンオーバーがうまく行かなくなった細胞があると、その部分の代謝がうまく行かなくなり、メラニン色素は当然除去されず、シミとして残ってしまいます。

この、老化して機能不全になってしまった細胞を酵素のチカラで分解してしまおうというのがメコゾームというブランドのブライトニングフォーミュラというクリームです。

このクリームはハイドロキノンと違って副作用がないため、以前ハイドロキノンを使用して赤みが出てしまった母親に使用してもらっています。

※ブライトニングフォーミュラを母が実際に使用した体験談をこちらにまとめました。

【使用中】ブライトニングフォーミュラの口コミとシミ取り効果
メコゾームのブライトニングフォーミュラは、出来てしまったシミを消すためのシミ取りクリームです。 シミ取りで...

実は目の下のクマにもメラニン色素が原因のものがあります

目の下のクマというと不健康の象徴のようなイメージがありますが、実は目の下のクマは3つに分類できるんです。

3つの分類とは、青クマ・黒クマ・茶クマのこと。このうち、メラニン色素の沈着が原因で起こるクマが茶クマです。

血行不良が原因の青クマ、たるみが原因の黒クマと、メラニン色素の沈着が原因の茶クマでは改善のためのアプローチも当然異なります。

※それぞれのクマの詳細な特徴と、それぞれのクマの解消法や具体的なアイテムについては、こちらの記事を参照してください。

目の下のクマ解消には専用クリームを!コンシーラーよりおすすめ
目の下のクマせいで、 老けている 疲れている 体調が悪そう といった、マイナスのイメ...

まとめ

いかがでしたでしょうか?

紫外線対策は、日焼けをしないための予防から日焼け直後の応急処置、美白のための対策からシミ対策と、それぞれの局面で必要な対処は異なります。

あなたの今の悩みにあった対処の仕方を、ぜひ参考になさってください。

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加