バーベキューの煙・臭い対策!コンロと火起こしの工夫

GA055R_06

暖かくなってくると、バーベキューをしたくなりませんか?お肉もお酒も美味しいし、みんなで盛り上がれて最高ですよね!

そんなバーベキューですが、自宅の庭などで行う場合は隣近所にご迷惑にならないように配慮することも大切です。

庭でのバーベキューは迷惑?法律では?苦情を避けるポイント
天気の良い日にバーベキューって最高に気持ちいいですよね! 最近では、バーベキュー場やキャンプ場以外に、自宅...

特に注意したいのがバーベキューにはつき物の「」と「臭い」です。
今回は、バーベキューのマナーのうち、煙対策に特化してご紹介します。

スポンサードリンク

バーベキューで重宝!煙の出ないロータスグリル

バーベキューで発生する煙で注意が必要なのは、お肉の脂が炭に落ちた時に発生する煙です。この煙を抑えることが出来れば、同時に臭いも抑えることが出来ます。

対策としては以下の2点になります。

脂身の少ない赤身肉やシーフードを中心にする

まずは原因となる脂を極力減らす対策です。煙が気になるご家庭でのバーベキューの場合、通常の七輪などでお肉を焼くケースが多いと思います。

その場合、煙を完全にゼロにすることは困難ですが、ホルモンなどの脂が多い部位を焼くケースに比べれば、大分抑えることは可能だと思います。

煙の出ないロータスグリルを使用する

専用のグリルを使用すれば、さらに煙を出さないでバーベキューをすることが可能です。
こちらのロータスグリルはヨーロッパで人気の商品で、煙が本当に出ません!


ロータスグリルと通常のコンロを比較した分かりやすい動画がありました。

焼いているのがもともと脂身の少ないものばかりなので一般的なコンロの方もそこまで火は出ていないのですが、ロータスグリルが全く煙を出さないので煙が多く見えてしまいます。

金額は税込で20,000円ほどとそれなりの金額ですが、自宅で頻繁にバーベキューをする機会のある方は、持っていて損のないグッズではないでしょうか。


無煙バーベキューコンロ ロータスグリル

バーベキューの火起こしも煙に注意

さて、ここまで食材の脂身が関係する煙と臭い対策について紹介してきましたが、炭に火を起こす際の煙や臭いについても考えてみたいと思います。

炭は、いったん火がついてしまえばそこからは煙は出ないのですが、どうやって火起こしをするかで煙の出方が違ってきます。場合によっては白い煙がもくもくと出てしまう・・・ということもありますので注意がひつようですね。

まずは、代表的な火起こしの方法とその特徴をまとめました。

スポンサードリンク

新聞紙などに火をつけて火起こしする

一番ポピュラーな方法ではないでしょうか?
新聞紙を棒状に丸めて「井」の字状にする、その周りを囲むように炭を立てるといった工夫で、簡単に火を起こすことが可能です。

特別な材料を使わずに手早く火起こしをすることは可能ですが、は結構出てしまいます。
また、新聞紙の灰が巻き上がって食材についてしまったりご近所まで飛び散ってしまう危険性もあります。

炭にバーナーで直接火をかける

カセットボンベとバーナーユニットを利用して、直接炭に火を噴きかける方法です。
炭以外に何も燃やす必要がなく、確実に火が付く点が魅力ですね。

難点は、急速に加熱されることで爆ぜる危険性があること。
それと、意外と時間がかかるので、ずっと火を噴きかけるのが大変だということです。

着火剤を利用して火起こしする

結果的に一番のおすすめはこの着火剤を利用する方法なのですが、着火剤と言っても千差万別です。形状も、液状(ジェル状)固形と大きく分けて2種類存在します。

液状(ジェル状)のものは最近増えてきていますが、個人的にはあまりおすすめしません。
理由は、使用する加減が分かりづらく、途中での追加ができない(非常に危険)ためです。

そして、固形タイプでも灯油を染み込ませてあるタイプのものは煙と臭いがひどく、おすすめできません。

固形タイプのものを選ぶ場合は、煙が少なく、火の出ている時間が10分程度あるものを使用しましょう。

ロゴス(LOGOS) 防水ファイヤーライター 83010000

こちらの着火剤は、固形で煙がほとんど出ず、10分ほど強い炎が出続け臭いもしないため、おすすめですよ。

ちなみに、先ほど紹介したロータスグリルにはファンが内蔵されていてジェル状の着火剤を載せるプレートも装備されているため、安全に手早く着火することが可能です。

まとめ

お肉などの食材を焼く時に発生する煙と臭いに対しても、炭の火起こしの時に発生する煙都臭いに対しても、ロータスグリルはどちらにも対応しているのでおすすめです。

既存のグッズで何とか煙と臭いを出さずにバーベキューをしたいと思ったら、食材・火起こしの2点に気を付けましょう。

そして、隣近所への配慮を忘れずに。

庭でのバーベキューは迷惑?法律では?苦情を避けるポイント
天気の良い日にバーベキューって最高に気持ちいいですよね! 最近では、バーベキュー場やキャンプ場以外に、自宅...



CHECK光老化防止に!身体の中から紫外線対策はできてますか?

紫外線による光老化はシミやしわの原因になるのは今や常識。でも、効果の強い日焼け止めは肌に負担だし、何度も塗り直すのが面倒臭い…。そんな方にピッタリなのが飲む日焼け止めです。

以下の記事では、最近TVでも取り上げられて注目の飲む日焼け止めを特集しています。

飲む日焼け止めの効果は?成分と副作用、飲み方の注意点について
飲む日焼け止めが今、注目を集めています。 これまで、日焼け止めと言えば肌に塗るものが主流で、飲む日焼け止め...
飲む日焼け止めを比較!国産とヘリオケアはどちらがおすすめ?
海外セレブの間では紫外線対策として当たり前になっている、飲む日焼け止め。最近では春夏だけでなく、年間を通じて日本...
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加