リョウシンJVの口コミは本当?通販で買う前に知りたい本当の効果

先日実家に帰ったときに、83才になる祖母から「〇〇ちゃん、これ買って欲しいんだけど頼めるかな。」と、一枚の紙を渡されました。

そこに書いてあったのは、「りょうしん」という平仮名の5文字。

「え?おばあちゃん、これ何?^^;」と聞くと、どうやらテレビのCMで知った膝・腰・肩を中心に痛みを取る医薬品リョウシンJV錠とのことのようです。

こちらの澤穂希選手が出演しているCMですね。

私はリョウシンJVについては祖母に聞かれるまで知らなかったのですが、商品情報を調べたところアリナミンEXプラスとほぼ同じ成分が配合された商品であることが判明。

であれば、私は鍼灸師なのでどんな症状に効果的で、どんな症状に効果的でないのかの判断はつきます。

祖母の話を聞いてみたところ、効果が期待できそうだったためリョウシンJVを実際に購入してみました。

今回は、どんな症状をお持ちの方にリョウシンJVが効果的なのかという点をまとめていきたいと思います。リョウシンJVを通販で購入しようか迷わているのなら、ぜひ参考にしていただければ幸いです。

リョウシンJVのネット上の口コミ

富山常備薬グループから発売されているリョウシンJVは、公式サイト経由の通販のみという販売形式をとっているため、一般の薬局やドラッグストアで購入することは出来ません。テレビCMを打っている商品としては珍しい販売形式ですね。

そのため他の商品ほどの口コミ数は確認できませんでしたが、それでも最近は利用者が増えているのか様々な口コミを発見することが出来ましたので、それらをまとめてみました。

リョウシンJVで効果を感じたという口コミ

まずは、リョウシンJVを飲んで効果を感じたという口コミのまとめです。

  • 膝の関節痛が少しずつ良くなってきている
  • 腕を上げられないくらいの方の痛みが少しずつ弱まってきている
  • 痛みが治まったのは少しだったが、それでもすごく助かった
  • 神経痛によく効くので、今では手放せなくなっている
  • ロキソニンの副作用が辛かったので、リョウシンJVに変えて良かったと思っている

リョウシンJVで効果を感じなかったという口コミ

次に、リョウシンJVを飲んだけれども効果なしだったという口コミをまとめてみます。

  • 痛みが小さくなったような気がするが、期待していたほどではなかった
  • 腰の痛みが特に改善しなかった
  • 効果が実感できなかった、期待しすぎたのかも
  • 膝が痛くなったので半年ほど飲んでいるが、大して変わっていない

効果を感じる人と感じない人の両方がいる理由

上でまとめた口コミを見ても、リョウシンJVを飲んで効果を感じた方と感じなかった方の両方が存在することが分かります。

実はこれには理由があります。

リョウシンJVに含まれる成分がどのような働きを持ち、どのようなメカニズムで肩・腰・膝などの痛みを緩和しているのかという点を理解すると、その理由が分かります。

要は、リョウシンJVの成分はすべての痛みに効果があるというわけではなく、ある特定の原因で発生する痛みに効果があるというわけです。

この点を理解しないでリョウシンを購入してしまうと、「半年飲み続けているのに効果なし!効かない!」ということになってしまうので要注意ですよ!

リョウシンJVの成分とその効果

リョウシンJVに配合されている成分は、上記写真の通りです。

HPを見ると、有効成分それぞれの効果として、

  • 栄養の補給
  • 痛みの緩和
  • 血流の促進

といった内容に分類されていますね。

この説明を見ると、有効成分の働きが一見イメージしやすいのですが、具体的にどんな症状に効果的でどんな症状に効果がないのかを知るために、もう少し各成分の働きについて踏み込んでみたいと思います。

フルスルチアミン塩酸塩の効果

リョウシンのHPの画像では「栄養の補給」という位置づけがされていますが、これはフルスルチアミン塩酸塩(ビタミンB誘導体)が、人体の中でエネルギー生成に関与しているためです。特に、ご飯などの糖質の代謝に深くかかわっています。

そして、このエネルギー生成という点が、神経痛や手足のしびれの改善に大きく関係しています。

なぜならば、正常な働きをするためには神経にもエネルギー供給が必要不可欠だからです。

エネルギー不足になった神経は脳に正確な情報を送れなくなり、それが神経痛やしびれといった症状の原因になります。これは、筋肉の痛みに関しても同様です。

逆にフルスルチアミン塩酸塩をしっかりと摂れば、栄養不足になっている神経や筋肉にエネルギーを届けることことができ、神経や筋肉の痛み改善につながります。

ピリドキシン塩酸塩の効果

リョウシンのHPでは「痛みの緩和」に分類させれているピリドキシン塩酸塩は、ビタミンB6に分類される栄養素で、主にタンパク質の分解時に働きます。

お肉や魚などに含まれるタンパク質ですが、実はタンパク質のままでは身体に吸収されません。タンパク質がアミノ酸に分解されることで私たちの身体に吸収されるのですが、ピリドキシン塩酸塩はこの分解時に大切な働きをしているんです。

吸収されたアミノ酸は身体の中でタンパク質として再合成されて筋肉や骨の材料になるのですが、同時に神経の修復も促進されるため、痛みの緩和が期待できます。

また、ピリドキシン塩酸塩は神経伝達物質の合成にも関わるので、不足すると神経の働きが落ち、痛みやしびれの原因にもなってしまいます。

シアノコバラミンの効果

痛みの緩和」に分類されているシアノコバラミンは、ビタミンB12に分類されます。

ビタミンB12は神経の修復に効果があるとされている成分で、何らかの原因で神経が傷ついてしまった時に多めに摂取することで、その修復スピードを早めると言われています。

トコフェロールコハク酸エステルカルシウムの効果

リョウシンのHPで「血流の促進」に分類されるトコフェロールコハク酸エステルカルシウムは、毛細血管を拡げて血流を促進し、身体の隅々まで栄養や酸素を届けるサポートをしてくれる成分です。

血流が促進されないと、必要な酸素と栄養素が体の隅々まで行きわたらないため、私たちの細胞は酸欠や栄養不足の状態になりやすいです。

そして、それが肩や腰、膝周りに起こると痛みや冷えを感じてしまう原因となります。

お風呂や温泉に入ると痛みが和らぐという場合は、普段の血行が滞ってしまっている可能性がありますので、その場合は特に有効な成分です。

パントテン酸カルシウムの効果

栄養の補給」に分類されるパントテン酸カルシウムは、ビタミンB5に分類される成分です。

身体の代謝活動に関わるので、不足すると末梢神経の障害が出やすくなります。

また、ビタミンB5には他のビタミンB群の働きをサポートする作用があるので、他の成分と同時に摂取することで相乗効果が期待できます。

ガンマ-オリザノールの効果

ガンマ-オリザノールはポリフェノールの一種で、リョウシンのHPでは「痛みの緩和」に分類されています。

ポリフェノールは抗酸化物質ですので、身体の中で発生した活性酸素を除去してくれる働きがあります。

最近では活性酸素そのものが神経のシナプスに作用して痛みを感じさせることも分かってきていますし、活性酸素によって生じた過酸化脂質(細胞膜の脂質が酸化したもの)も痛みを感じさせる発痛物質です。

このように痛みの元になる活性酸素を除去してくれるため、「痛みの緩和」に分類されているのでしょう。

ネット上では「ガンマ-オリザノールは他の成分のサポート」という記述をよく見かけますが、それではなく「活性酸素除去による痛みの緩和」という働きを持つことが、リョウシンJVで採用された理由と思われます。

まとめると、リョウシンJVはこんな症状に効果があります

リョウシンJVの瓶や箱には上記のような説明がありますが、もう少し掘り下げて整理すると以下のような感じになります。

  • 血行不良や運動不足による慢性的な痛みやコリ
  • 神経機能低下による痛みやしびれ
  • 何らかの原因で傷ついた神経の修復促進
  • 眼精疲労

いわゆる、 機能的な原因による痛み ですね。

どこかの組織が損傷していたり変形してしまっているといった訳ではなく、その組織の機能が低下していることで発生する痛みに対して効果を発揮してくる配合になっています。

【注意】リョウシンJVはこんな症状には効きません

  • 器質的な原因による痛み
  • 急性期の炎症による痛み

器質的な原因による痛みとは、骨の変形などが直接痛みの原因となっている場合です。

リョウシンの説明書には「椎間板ヘルニアと坐骨神経痛に対して効果は認められていない」という記述があります。

リョウシンJVに限らず、飲み薬で骨の形が変わったり、飛び出たヘルニアが元に戻るということはあり得ないため、この記述はもっともです。

脊柱管狭窄症、変形性膝関節症、肉離れ、捻挫、骨折などなどにも、同じことが言えます。

※ただし、例えばもしあなたがヘルニア持ちであったとしても、時期によって痛くなったり痛くなくなったりする場合は、痛みの原因がそもそもヘルニアでない可能性もあります。

これは、上に挙げたような他の器質的疾患についても言えることで、もしも痛かったり痛くなかったりを繰り返しているようでしたら、持病の器質的疾患と今感じている痛みとを一度切り離して考えてみてください。

慢性的な痛みを抱えている方ほど、昔診断された器質的疾患と今生じている痛みとを無条件で結びつける傾向にあります。

また、急性期の炎症による痛みにもリョウシンは効果がありません

ぎっくり腰や捻挫直後、肉離れ直後など、外傷には炎症が伴いますが、その際の鉄則はまず冷やし、固定し、安静にすることです。

リョウシンJVが効果を発揮するのは、あくまで慢性的で機能的な原因による痛みという点に注意してください。

グルコサミンやコンドロイチンといった関節痛サプリとの違い

特に膝関節の痛みを抱えている場合は、グルコサミンやコンドロイチンが配合された、いわゆる関節痛サプリも気になるかと思います。

グルコサミン・コンドロイチンとリョウシンJVの違いを簡単に説明すると、こんな感じです。

グルコサミン・コンドロイチン
関節のクッションとなる軟骨の原材料となる
リョウシンJV
慢性的で機能的な原因による痛みの改善

グルコサミン・コンドロイチンは、軟骨の主成分であるプロテカグリオンを作り出す元になる栄養素であるため、長い時間をかけて軟骨を再生したりこれ以上軟骨がすり減るのを防ぐために飲む成分です。ですので、短期的な痛みの緩和には向いていません

逆に、リョウシンJVを飲んだからと言って軟骨成分の再生が期待できるわけではありません

この辺りは、しっかりと目的を理解して飲み分けるようにしてください。

もしも軟骨成分を補給したい場合は、グルコサミン・コンドロイチンではなく、軟骨の主成分であるプロテカグリオンを直接摂取してしまうという方法もあります。

公式プロテカグリオン配合【北国の恵み】480円モニター

自分に効果があるかどうかを確認するための初回お試し価格

ここまで読んでいただいたとしても、リョウシンが自分にとって効果があるのかないのかを判断するのってすごく難しいですよね。

昔、お医者さんで何らかの診断を下されている場合は、特に難しいと思います。

そんな時は、

 その痛みが温泉に入って緩和するかどうか? 

この点を意識して判断してみたください。

温泉に入ったら痛みが軽減する場合は、リョウシンJVを飲んでも痛みが軽減する可能性が高いです。

また、効くか効かないかという判断の難しさを考慮してか、リョウシンJVは初回お試し価格で1か月分をしっかりと試せるようになっています。

初回お試しの価格は、

  • 1,900円(税抜)

と表示されていますが、消費税と756円の送料が別途かかるため、トータルでかかる金額は

  • 2,808円(税込・送料込)

となりますので、その点だけ注意しましょう。

それでも、通常価格は4,860円(商品単体3,800円(税抜)+消費税+送料756円)ですので、初回は2,000円以上安くなる計算です。

この初回価格は、よくありがちな定期コースの初回価格ではなく買い切りの価格ですので、その点は安心して試せるかと思います。

1か月飲み続けて効果がなかった場合は、リョウシンJVの成分は自分の症状には合わなかったんだと判断すればOKですし、効果があって続けたい場合は、その時点でお得な定期コースに申し込めばOKという流れです。

勝手に定期コースに申し込まれるわけではない点は安心ですし、良心的ですよね。

公式リョウシンJV初回お試しページを見る

リョウシンJVの成分はアリナミンEXと同じ?ジェネリックなの?

さて、最初に私がリョウシンJVについて調べた際に、アリナミンンEXプラスとほぼ同じ成分と感じたという話を最初にしました。

具体的には、6つの主成分も、その配合量も全く同じという感じです。

リョウシンJVとアリナミンEXプラスの違いは、添加物(補助成分)の種類と数だけですので、どちらを選んでも効果はそれほど変わらないと思います。

ちなみに、どちらかがどちらかのジェネリックというわけではありません。(そもそもジェネリック医薬品とは、病院で処方される処方薬に対してのみ使われる言葉なので、市販薬には使われない言葉です)

リョウシンJVとアリナミンEXプラスのどちらを選んでも効果は変わらないわけですから、どちらを選んでも良いと思います。

ただ、アリナミンEXプラスには90錠入りがありません。

説明書きには「1ヵ月ほど使用しても改善がみられない場合は、医師または薬剤師に相談すること。」という記述はあるものの、不思議なことにアリナミンEXプラスからはちょうど1か月で使い切れる容量が発売されていないんです^^;

それに対して、リョウシンJVは1瓶が93錠入りでちょうど1か月分ですし、初回はかなりお得に購入することが可能です。

まだどちらも試したことがないのであれば、まずはリョウシンJVの初回お試しを利用して、ご自身の症状が緩和するかを試してみるのが一番お得で確実な判断方法かと思います。

公式リョウシンJV初回お試しページを見る

ちなみに、うちの祖母の場合は…

リョウシンJVが届いて3週間くらい経ったころ、「おばあちゃん、調子はどう?」と聞いてみると、「なんか、だいぶ良いみたいだよ~」とご機嫌でした。

祖母の症状は眼精疲労と首から腰にかけてのコリ、手のしびれだったんですが、目論見通りリョウシンJVとは相性が良かったみたいです。

アリナミンも試してみる?と聞いたのですが、リョウシンを気に入ったようなので、結局初回お試し時に同封されていたお得な定期コースに申し込んで、継続しています。

母から聞いた話では、今は普段は1~2錠飲んで、週に3日行っているデイサービスの日にはしっかり3錠飲んでいるみたいですね。

かなり楽しそうにデイサービスに行っているようなので、私としても何よりです^^

リョウシンJV錠公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加