葛西臨海公園のバーベキューは持ち込み可?場所代は?レンタルは?

9ba6423a7f34c37d2469be85c94df0b9_s

葛西臨海公園のバーベキュー施設には便利な食材パックプランがあるため、手ぶらでバーベキューを楽しむことが可能です。
葛西臨海公園でバーベキュー 予約は?料金&キャンセル料は?

しかし、バーベキューに慣れた方の場合は、場所だけ借りて使い慣れた器材やこだわりの食材を持ち込みたいと思う方もいらっしゃると思います。
また、器材を持ち込むのは大変だから器材だけレンタルをして、食材は持ち込みたいと思う方もいらっしゃると思います。

今回は、葛西臨海公園バーベキュー広場のについて、

  • 食材・器材の持ち込みは可能なのか?
  • 場所代はかかるのか?
  • レンタルできるものは何か?

についてまとめました。

スポンサードリンク

葛西臨海公園のバーベキューは食材・機材の持ち込み可能?

まず持ち込みに関してですが、葛西臨海公園のバーベキュー広場の場合、食材・器材の持ち込みはどちらも可能です!

  • 場所だけ借りて器材と食材を両方持ち込む
  • 場所と器材を借りて食材だけ持ち込む
  • 場所と器材と食材付きの手ぶらパッケージプランに申し込む

上記3通りの楽しみ方が可能です。

ただし、食材を持ち込む際は、現地で販売されている食材を購入することはできません。
これは、万が一食中毒などの事故が起こった際に、責任の所在を明確にするための措置のようです。

葛西臨海公園のバーベキューに場所代はかかる?

葛西臨海公園のバーベキュー広場の場合、いわゆる入場料などの場所代はかかりません

発生する料金は、器材のレンタル代と食材代のみです。

したがって、器材と食材を両方持ち込む場合は料金は無料です。
器材をレンタルして食材を持ち込む場合は器材のレンタル代のみかかります。

葛西臨海公園のバーベキューでレンタルできるものは?

食材のみを持ち込んでバーベキューを行う場合は、器材をレンタルしなければなりませんよね。

スポンサードリンク

具体的にどんなものがレンタルできるのかを以下にまとめました。

レンタルセット

BBQに必要な器材がセットになったプランです。
何をレンタルしたら良いか迷った場合は、このどちらかにしましょう。
ただし、イスと食器類は含まれていませんので、必要な際は別途レンタルが必要です。

ツーバーナーセット 5,400円(~8人程度)

・ツーバーナーコンロ(燃料・着火ライター付)
・鉄板
・フライ返し
・トング
・包丁
・まな板
・ざる
・ボウル
・折りたたみテーブル

炭火BBQグリルセット 7,000円(~8人程度)

・炭火BBQグリル(アミ・炭2kg・着火剤・着火ライター・炭ばさみ付)
・鉄板
・フライ返し
・トング
・包丁
・まな板
・ざる
・ボウル
・折りたたみテーブル

単品レンタル

・ツーバナーコンロ(燃料・着火ライター付) 2,200円
・炭火焼用バーベキューグリル(アミ・炭2kg・着火剤・着火ライター・炭ばさみ付) 3,800円
・オーブン 1,200円
・スモーカー 1,500円
・ホットサンドプレート 1,000円
・鉄板 1,000円
・フライ返しセット 300円
・トング 300円
・包丁まな板セット 300円
・ザル、ボウルセット 300円
・鍋(お玉付) 700円
・お玉 300円
・ケトル 500円
・ダッチオーブン(木べら・リフター・中網付) 1,500円
・ライスクッカー(しゃもじ付) 700円
・折り畳みテーブル(6~8名仕様) 1,200円
・折りたたみイス 300円
・LEDランタン 1,200円
・クーラーボックス 600円
・タープ(~20名) 5,000円
・タープ(~8名) 4,000円
・タープ(~6名) 3,000円
・4本脚テント(~8名) 3,000円

まとめ

葛西臨海公園のバーベキュー広場は、先に述べたように3通りの楽しみ方が可能です。

しかし、いずれにしても予約をする必要があります。
非常に人気のスポットですので、早めの予約を心がけましょう!
葛西臨海公園でバーベキュー 予約は?料金&キャンセル料は?


CHECK光老化防止に!身体の中から紫外線対策はできてますか?

紫外線による光老化はシミやしわの原因になるのは今や常識。でも、効果の強い日焼け止めは肌に負担だし、何度も塗り直すのが面倒臭い…。そんな方にピッタリなのが飲む日焼け止めです。

以下の記事では、最近TVでも取り上げられて注目の飲む日焼け止めを特集しています。

飲む日焼け止めの効果は?成分と副作用、飲み方の注意点について
飲む日焼け止めが今、注目を集めています。 これまで、日焼け止めと言えば肌に塗るものが主流で、飲む日焼け止め...
飲む日焼け止めを比較!国産とヘリオケアはどちらがおすすめ?
海外セレブの間では紫外線対策として当たり前になっている、飲む日焼け止め。最近では春夏だけでなく、年間を通じて日本...
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加