舎人公園でバーベキュー 予約は必要?料金は?雨天時は?

BBQ舎人公園

日暮里・舎人ライナー開通でアクセスがぐっと楽になった舎人公園。
豊かな自然に囲まれた環境で、バーベキューを楽しむことが可能です。

今回は、舎人公園でのバーベキューについて、

  • バーベキューの予約情報
  • 各種バーベキュープランの料金
  • 雨天時の対応

をまとめました。

スポンサードリンク

舎人公園のバーベキューガーデンは要予約!

舎人公園でバーベキューをする場合は、予約が必要となります。
場所のみ、器材&食材セット、器材レンタル全てのプランで予約が必要なのでご注意ください。

予約が可能なのは、BBQ当日の前月1日午前9時から
例えば、9月20日に予約をしたい場合は、8月1日午前9時から予約が可能です。

WEB予約⇒舎人公園バーベキューガーデン予約ページ
電話:03-3857-3427

キャンセル料

器材&食材セットの手ぶらプラン、器材レンタルプランの場合は、利用日前日の午後からキャンセル料がかかります。

  • 利用日前日の午前中まで:キャンセルは無料
  • 利用日前日の午後:キャンセル料は利用料金の半額
  • 当日キャンセル・無断キャンセル:キャンセル料は利用料金の全額

舎人公園のバーベキューの料金は?

手ぶらバーベキュープラン

舎人公園には、食材と器材がセットになった手ぶらバーベキュープランがあり、おすすめです。

お肉の量やシーフードの有無によって4種類のプランを選べます。
4名分以上で受付。セットの組み合わせは自由です。

  • お手軽ライトセット(160g):1人前2,280円(4名~)
  • スタンダードセット(280g):1人前2,680円(4名~)
  • 海の幸セット(0g):1人前2,680円(4名~)
  • よくばり満腹セット(120g):1人前3,180円(4名~)

各コースのグラム数は、各種お肉の総量です。
海の幸セット・よくばり満腹セットには、シーフードとして有頭えび(2尾)いかホタテ(2個)が付きます。
また、どのコースも野菜と焼きそばが付いています。

スポンサードリンク

また、当日食材が足りなくなった場合は売店でお肉やシーフード、野菜、焼きそばの追加購入が可能です。
これは結構ありがたい制度です。

器材レンタル・食材持ち込みプラン

現地で器材のみをレンタルし、食材は自分たちで持ち込みたいという方向けのプランです。
レンタルしたい器材を、あらかじめ予約しておきましょう。

代表的なな機材の料金は以下の通りです。

  • ツーバーナーコンロ(燃料付):2,000円
  • 炭火焼用BBQグリル(8人用):3,500円
  • 折り畳みテーブル:1,000円
  • タープ:1,000円
器材のレンタルには、包丁とまな板は含まれません。
公園内では「包丁、刃物」の持ち込み・使用が禁止されていますので、食材は必ず切った状態で持ち込むようにしましょう!

器材・食材持ち込みプラン

器材も食材も両方持ち込む場合は、料金はかかりません。
ただし、場所の予約は必要ですので注意しましょう。

器材を持ち込む場合も同様です。
公園内では「包丁、刃物」の持ち込み・使用が禁止されていますので、食材は必ず切った状態で持ち込むようにしましょう!

舎人公園のバーベキュー 雨天時の対応は?

舎人公園の場合、タープを借りることができるます。
さらに、手ぶらプランの場合は雨天時のタープ使用料も無料になります。

雨天時でも安心してバーベキューを楽しめますね。

まとめ

舎人公園では、色々なスタイルのバーベキューを楽しむことが可能です。

注意点としては、予約の解禁日が前月の月初めという点。
2~3日は電話が非常に混んでつながらないことが予想されるので、ネットからの予約がおすすめです!

舎人公園以外の手ぶらで楽しめるバーベキュー施設もまとめています。
こちらも参考にしてくださいね(^^)
手ぶらで行ける駅近バーベキュー場おすすめ13選!東京都内編


CHECK光老化防止に!身体の中から紫外線対策はできてますか?

紫外線による光老化はシミやしわの原因になるのは今や常識。でも、効果の強い日焼け止めは肌に負担だし、何度も塗り直すのが面倒臭い…。そんな方にピッタリなのが飲む日焼け止めです。

以下の記事では、最近TVでも取り上げられて注目の飲む日焼け止めを特集しています。

飲む日焼け止めの効果は?成分と副作用、飲み方の注意点について
飲む日焼け止めが今、注目を集めています。 これまで、日焼け止めと言えば肌に塗るものが主流で、飲む日焼け止め...
飲む日焼け止めを比較!国産とヘリオケアはどちらがおすすめ?
海外セレブの間では紫外線対策として当たり前になっている、飲む日焼け止め。最近では春夏だけでなく、年間を通じて日本...
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加