赤ちゃんのあせも対策!予防法は?治し方は?お薬は?

0526b8d1834eb5cf698b1452498ac0c0_s

暑い季節になってきました。

赤ちゃんはとても汗っかきなので、この季節はあせも(汗疹)などの肌トラブルが心配ですよね。
たかがあせもと侮るなかれ。
ケアを怠ってしまうと、悪化して大変なことになってしまいます。

ここでは、あせもの予防法から出来てしまったあせもの治し方まで解説していきたいと思います。

スポンサードリンク

赤ちゃんのあせも(汗疹)対策!予防のための6個条

あせもは、漢字で「汗疹」と書くように、汗が原因で出来てしまう発疹などの肌トラブルのこと。
ですので、赤ちゃんのあせもの対策とは赤ちゃんの汗対策をいかにしていくかがポイントになってきます。

通常、赤ちゃんは大人の3倍の汗をかくと言われていますので、細やかなケアが必要になります。
大人とは異なる、赤ちゃんならではのあせも対策とはどのようなものでしょうか?

まず、対策を大きく分類すると、

  • 赤ちゃんに必要以上の汗をかかせない
  • 赤ちゃんがかいた汗をしっかりと処理する

この2つが大切になってきます。

では、それぞれ具体的な内容を見ていきましょう。

赤ちゃんに必要以上の汗をかかせない方法

1、エアコンを利用して、快適な温度で過ごせるようにする

温度設定は、25~26度が目安です。
特に夜寝ている間に大量に汗をかきますので、夜間のエアコンは止めないようにしましょう。

2、ロンパースは避ける

上下が一体になっているロンパース型の服は、通気性が非常に悪いため汗をかきやすいです。
薄手の半そで・半ズボンといった通気性のよい服を着せてあげましょう。
基本的に赤ちゃんは暑がりですから、大人よりも一枚薄着にしてあげるのがポイントです。

赤ちゃんがかいた汗をしっかりと処理する方法

3、服の素材は汗を吸い取ってくれるものを選ぶ

まずは、服の素材に気を配りましょう。
おすすめは、赤ちゃんが汗をかいた時にしっかりと吸い取ってくれるコットン素材です。

4、シャワーを浴びる頻度を増やす

汗をかいた時に一番有効なのが、シャワーを浴びることです。
ただし、注意点が一つ。シャワーの度にボディーソープなどを使用すると肌への負担が大きくなりますので、ぬるま湯で洗い流す程度にしてあげましょう。

スポンサードリンク
5、汗をかいたまま放置せず、清潔なタオルで拭き取る

シャワーを浴びることが一番ではありますが、それが難しい場合はこまめに汗を拭き取ってあげましょう。
その際は肌をこすらず、軽くたたく様に拭いてあげると肌を傷つけません。

6、服や下着、おむつをこまめに取り替える

赤ちゃんが汗をかいた際は、拭き取ってあげるだけでなく衣類をこまめに取り替えてあげることがあせも予防のポイントです。

赤ちゃんのあせも(汗疹)の治し方

赤ちゃんのあせも対策で一番大切なのは、これまでまとめてきた予防ですよね。
でも、それでもあせもが出来てしまうこともあると思います。
その場合、どのようにケアしてあげるのが良いのでしょうか?

あせも(汗疹)の種類を見極める

実は、日本で見られるあせもには種類が2つあり、それぞれで治し方が異なります。
まずは出来てしまったあせもがどの種類に属するのかを見極めて、適切な対処をしましょう。

あせもの種類と治し方をまとめましたので参考にしてください。

1、水晶様汗腺(すいしょうようかんしん)

2mm程度の小さな水泡状のブツブツで、かゆみや痛み、赤みなどはありません。
このあせもは皮膚の非常に浅い部位にできるもので、患部を清潔に保っていれば2~3日で自然に治ります。
ただし、患部が不衛生だと再発を繰り返します。
赤ちゃんの汗はこまめに拭き取って、清潔に保ってあげるように心がけましょう。

2、紅色汗疹(こうしょくかんしん)

熱感と強いかゆみを伴う赤いブツブツで、一番ポピュラーなあせもがこちらです。
紅色汗疹に対しては、弱ステロイド軟膏が効果的ですが、早めに気付いてあげないと患部をかきむしって傷になりやすいので注意しましょうね。

また、入浴をすると汗管と呼ばれる汗の通り道が開くため症状が改善しやすいです。
まずは入浴をして患部を清潔にし、入浴後に弱ステロイド軟膏を塗ってあげましょう

赤ちゃんのあせも(汗疹)に効くお薬は?

紅色汗疹の場合は、弱ステロイド軟膏が良く効きます。

ここで注意するべきは、ステロイド軟膏には「弱い・ふつう・強い」といったランクが存在するという事です。
あせもが出来てしまった部位によっても使用するステロイド軟膏は変わりますし、赤ちゃんの年齢によっても変わります。

市販のものを利用する際は薬剤師さんにしっかり相談の上、購入するようにしてください。
不安であれば、病院で処方してもらいましょう。

まとめ

まずはしっかりと予防をしましょう。
赤ちゃんは大人よりも汗っかきで、大人よりもお肌が敏感です。

ちょっとした変化にも気付けるように、しっかりと目を配りましょう!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加