クリアネイルショットの爪水虫への効果は?実際に使った生の口コミ情報

クリアネイルショット

爪水虫(爪白癬)になってしまったけれど、

  • 血液検査に引っかかって飲み薬が飲めない
  • 子供が爪水虫になってしまったが、子供なので飲み薬は飲めない
  • 妊婦なので飲み薬が飲めない
  • そもそも病院に行くのに抵抗がある
  • 強力な塗り薬で爪や周りの皮膚がボロボロになるのにも抵抗がある

といった理由で放置をしている方って結構多くいらっしゃると思います。

かくいう私もその一人で、以前、爪水虫に最も効果的だと言われる飲み薬にチャレンジしたものの、飲んで1か月後の血液検査で肝臓の数字に異常が出てしまい、それ以上続けることが出来なくなってしまいました。

それ以降、気になりながらも放置していた爪水虫だったんですが、ここに来てクリアネイルショットという浸透型の爪水虫専用のジェルが、東証一部上場企業の北の達人コーポレーションから発売されたのを知り、早速取り寄せてみました!

クリアネイルショットはいわゆる医薬品の塗り薬ではないのですが、白癬菌に対する有効成分を爪の内部まで浸透させる、いわゆる浸透力特化型加工が施されている爪水虫専用のケア商品です。

有効成分の浸透という点に焦点を当てているため、従来の作用の強い塗り薬の様に肌や爪が荒れてしまうことなく爪水虫のケアが出来るという利点があります。

今回は、私自身が実際にクリアネイルショットを使ってみた生の口コミ情報をまとめていきたいと思います。

クリアネイルショット

クリアネイルショットを購入してみました!

クリアネイルショットと説明書

こちらが、届いたクリアネイルショットです!思ったよりも小さいですね。

結構詳細な説明書も同封されていて、

  • どのくらいの期間でどんな変化が現れるのか
  • どれくらいの量をどのように爪に塗っていくのか

という点がとても丁寧に説明されています。

クリアネイルショットの説明書

クリアネイルショットを使用した生の口コミ

クリアネイルショットの爪水虫改善効果は?

クリアネイルショットの爪水虫改善効果に関しては、私自身の爪水虫がどのように変化していくのかという点を、生の口コミとして追っていきたいと思います。

クリアネイルショット使用前

親指の爪水虫治療前

薬指の爪水虫治療前

まずはクリアネイルショット使用前の爪の写真です。私の場合は親指薬指が爪水虫気味で、以下の様な症状が出ています。

  • 全体的に白黄色っぽい感じでくすんでいる
  • 爪がやや厚みを帯びている
  • 爪の表面もでこぼこしている

特に、薬指に関してはかなり肥厚爪気味になっている状態です。

この状態から、クリアネイルショットを継続することでどこまで改善効果を感じることが出来るのかを、今後定期的に更新していきたいと思います。

※追記です!クリアネイルショット使用1か月後

親指の爪水虫治療前~1か月後の変化

薬指の爪水虫治療前~1か月後の変化

クリアネイルショットを使用して1か月が経過しました!(正確には5週間くらい)

毎日爪を見ていると「対して変化ないな~。クリアネイルショット本当に効いてるのかな~。」と感じていたのですが、こうして写真に撮って見比べてみると違いがかなり分かりますね!

実感できる効果としては、

  • 爪の表面のざらつきが無くなった
  • 爪の表面の粉っぽい白さが無くなった
  • 爪の周りの皮膚が綺麗になった

といったところでしょうか。

まだ爪の厚みや爪の黄色がかった色合いに対しては大きな変化はありませんが、爪の表面および爪の周りに関しては少しずつ改善の傾向が出てきているのでは?と感じます。

これ、結構嬉しいですね!継続のモチベーションがすごく上がりました^^

ちなみに、私の場合は左足の親指と薬指に対してのみの使用なので、夜1回ではなく夜と朝1日2回、クリアネイルショットを塗っています。それでもまだ半分くらいしか減ってないです。

爪水虫の本数が少ない方は、説明書に書かれている1日1回ではなく、1日2回塗っちゃった方が効果が出やすいのではないでしょうか?本数次第ですが、私の場合はそれでも十分余ってしまうので、定期購入のペースを調整して継続していきたいと思います。

説明書には、効果に関してこんな記述がありました

実際に私が感じた効果に関してはこちらの記事で伝えていきたいと思いますが、同封されていた説明書には、どれくらいの期間でどのような変化があるのかという点について詳しく書かれています。

参考までに、掲載しておきますね。

2週間~1か月
現状の進行が抑えられているのが、目に見えて分かりようになってくる
1か月~3か月
気になる部分が綺麗な状態になってくる
半年~1年
全体的にきれいな爪に整ってくる

クリアネイルショットの使用感はこんな感じ

白濁した感じの色です。伸ばすと透明になります。

クリアネイルショットはこれくらい使います

テクスチャ
ジェルですが、クリームに近い感じのテクスチャです。

有効成分を油の膜で包んで爪への浸透力を高めているのがクリアネイルショットの特徴ですが、想像よりもサラッとしていてべたつく感じは全くありません。

爪の上での伸びはよく、塗った後はスッと乾いていく感じがします。

におい
結構独特なにおいがします。

クリアネイルショットには「竹酢液(ちくさくえき)」「ティーツリー葉油」「レモンティーツリー(レプトスペルムムペテルソニイ油)」といった有効成分が含まれていますが、これらの素材自体が持つにおいが混ざっている感じですね。

ただ、慣れてしまえば気になりませんし、塗った後も爪がにおい続けるということもありません。

内容量は少ないが、使用量も少ないので1本でかなり持ちそう

クリアネイルショットって見た目も小さいのですが、実際の内容量も7gと非常に少量です。

7gなんてあっという間に使い切ってしまうのでは??と一瞬思いましたが、1回あたりの使用量もそれほど多くないため、仮に両足の全ての指に毎日塗ったとしても1か月持つ設定になっています。

クリアネイルショットを親指の爪に

こんな感じで親指には直径5㎜、それ以外の指には直径3㎜くらいの円が出来るくらいの量が1回あたりの使用量です。全ての指に塗ったとしても使用量は0.2gということですので、余裕で1か月は持ちます。

ということは、全ての指が爪水虫でないなら、1本で2~3カ月くらいは使用できるとも言えますよね。※追記です!この点に関しては、実際に使用してみてかなり実感しています。

塗った直後から爪の表面が潤っている感じがします

爪水虫の改善効果という点に関しては、使用を継続しながら長い目で見て行く必要があると思いますが、塗った直後も爪の表面が良い感じに潤っているのが確認できます。

べとべと感は全くありませんが、すーっとジェルが爪内部まで吸い込まれていくような、そして爪表面が自然と潤っているような、そんな感じの使用感です。

先入観も多少あるかもしれませんが、有効成分が爪深部まで浸透していってるんだなという期待感を感じることができますよ^^

クリアネイルショット

使い方を間違えると効かないと思います

クリアネイルショットは1日1回の使用でOKなので、とても気軽に使える商品ではありますが、使い方を間違えてしまうと、効果が薄まってしまったり効かないといった事態になってしまう可能性もあります

気を付けたいポイントは以下の3点です。

お風呂上がりの爪が柔らかいタイミングで使用する
クリアネイルショットには固い爪に対しても有効成分を浸透させるための処理が施されていますが、より効果を高めるためには出来るだけ爪が柔らかくなっている状態で使用した方が良いです。

ですので、1日1回の塗布タイミングはお風呂上がりを狙いましょう。

必ず水気を拭ききってから使用する
お風呂上がりに塗る際に最も注意するべきことは、爪とその周りの水気をしっかりと拭き取ることです。これができていないと、せっかくの浸透処理も水の泡になってしまいます。

クリアネイルショットは有効成分を油の膜で包むことで爪への浸透性を高めていますが、油と相性が悪いのが水です。爪やその周りに水分が残っていると、油をはじいてしまって有効成分が爪の中まで浸透してくれません

しっかりと水気を拭ききってから使用するようにして下さい。

爪の表面だけでなく、生え際や爪と皮膚の間にもしっかりとなじませる
最後に、爪の周りの部分までしっかりとクリアネイルショットを塗りこむということです。これは、新たな水虫菌が爪に入り込むのを防ぐという予防目的も兼ねています。

せっかく爪の中の水虫菌を減らしていっても、新たな菌がどんどん外部から入ってきてしまっては元も子もありませんよね。爪の表面だけでなく、爪の四方にしっかりと塗ってあげましょう。

クリアネイルショットは爪水虫の塗り薬とどこが違うか

これまでも、飲み薬が飲めない方向けに「塗り薬を使用して爪水虫を治療する」という試みは行われてきました。

ですが、これまでの塗り薬では有効成分を爪の中まで届ける事が難しく、爪にラップを巻いたり、厚くなった爪をヤスリで削ったりといった手間をかけることで、何とか有効成分の浸透力を高めてきました。

爪を構成するたんぱく質は非常に固い構造で、そこまでしないと外部から爪の中まで有効成分を浸透させることが出来なかったからです。

クリアネイルショットの特徴は有効成分に浸透力を持たせていること

ところがクリアネイルは、まさにこの「有効成分の浸透力」という点において、とても優れた性質を持っています。

クリアネイルショットは有効成分が浸透

爪の表面の膜が油と相性が良いという点に注目し、有効成分を油で包むことで、外側からでも有効成分を爪の内部に浸透させることに成功しています。

クリアネイルショットはいわゆる医薬品ではないので、有効成分自体の「強さ」はそれほど大きくはないと思います。

ですが、それほど強くない成分であっても、しっかりと必要な場所まで浸透させることで最大限の効果を狙っていくという点が、非常に斬新ですよね。

これならば、従来の様な手間をかける必要がありませんし、爪や周りに皮膚に必要以上の負担をかけずに済みます。

クリアネイルショット

爪水虫の塗り薬・エフゲンとの比較

ところで、これまで爪水虫用の飲み薬を飲めない方の中には、市販の水虫薬を爪水虫に使用してきた方もいらっしゃるかと思います。

その代表的な水虫薬が、エフゲンという薬です。


【特別価格】水虫薬 エフゲン 30ml【第2類医薬品】水虫 女性 白癬菌 爪水虫 いんきんたむし いんきん インキン 角質ケア 足指 足 角質 治療 薬 医薬品 レディース 送料込み 市販薬 通販【ミズムシ】
エフゲンは発売から40年という歴史を持つ水虫の治療薬ですので、ご存知の方も多いと思います。爪専用ではありませんが、爪水虫にも効くと謳っている商品ですので、爪水虫を市販の塗り薬で治したいと思っている方にとっては比較的有名な商品です。

ですので、このエフゲンとクリアネイルショットを比較することで、両者の特徴を整理してみたいと思います。

クリアネイルショットとエフゲンを成分で比較

クリアネイルショットの有効成分

クリアネイルショットは薬ではありませんが、以下の目的で以下の成分が配合されています。

抗菌・殺菌作用があり爪を清潔に保つ
竹酢液、テルピネン‐4‐オール、αテルピネオール、シトラール、シトロネラール
爪の代謝を促進してたんぱく質(ケラチン)を強化する
ポリアミン
爪を柔らかくして浸透を助ける
スクワラン、アボカドオイル
エフゲンの有効成分

対して、エフゲンの有効成分は以下の通りです。

抗菌作用
ウシデシレン酸
角質剥離作用
サリチル酸

クリアネイルショットが、比較的穏やかに作用する有効成分を爪の内部に浸透させて爪水虫にアプローチするのに対し、エフゲンはまずサリチル酸で爪を溶かして(壊して)、そのうえで抗菌作用のあるウシデシレン酸で水虫菌を殺菌するという点が大きな違いです。

実は、この点が私が長年爪水虫に悩んでいながらエフゲンを敬遠していた理由の一つで、サリチル酸の角質剥離作用が強すぎるために、爪やその周りの皮膚がものもごく荒れやすい状態になってしまうんです。

最終的に爪水虫が治ってしまえばその状態も治るのですが、爪や皮膚がはがれやすい状態になった際の見た目が痛々しく、私にはちょっと手が出せませんでした。

基本的にはエフゲンは飲み薬の様に内臓に負担をかけないので、一般的には副作用はないという表示がされています。ですが、私からすると爪や周りの皮膚がボロボロになってしまうというのは一種の副作用みたいなものなので、出来れば避けたいなというのが正直な気持ちでした。

その点、クリアネイルショットは使用されている有効成分の強さ自体は劣るものの、全くと言っていいほど副作用がありません。この点が、私の中ではとても大きかったです。

クリアネイルショットとエフゲンを使用法で比較

クリアネイルショットの使用法

すでにご紹介した通り、必要量(親指5㎜、その他の指3㎜を直径とする円が出来るくらい)を、お風呂上がりに爪の表面・生え際・爪と皮膚の間に塗り込むだけでOKです。

エフゲンの使用法

エフゲンは、爪に塗る際に専用のハケを使用します。

そして、実はここも大きなポイントなのですが、爪水虫が進行していて爪床(爪の下にある皮膚の部分)まで白癬菌に侵されている場合は、塗る前にその部分の爪をはがして(切って)しまう必要があるんです。そうすることで、ダイレクトに爪の下に溜まった白癬菌にアプローチをするということですね。

この点に関しても、とても効果が出るんだろうなということが頭で分かっていても、実行する勇気が私にはありません^^;

クリアネイルショットの場合は、今ある爪に何らかの処置を加える必要が無く、ただ1日1回塗れば良いだけなので、私の様な臆病者にはとてもありがたいなと思います^^;

クリアネイルショットとエフゲンを金額で比較

クリアネイルショットの費用
  • 1か月分定価:3,300円(税別)
  • 年間購入コース:2,640円(税別)※
  • 返金保証あり

※年間購入コースで購入した際の、1か月分の金額を表示しています。

エフゲンの費用
  • 1か月分定価:2,000円(税別)
  • 4か月分まとめ買い:1,495円(税別)※

※4か月分まとめ買いした際の、1か月分の金額を表示しています。

こうしてみると、1か月あたりの費用に関してはエフゲンの方がリーズナブルな設定となっていますね。ただ、飲み薬を飲む場合は1か月あたり5,000円~10,000円ほどの費用がかかりますので、クリアネイルショットの金額もそこまで高くないかなとは思います。

私の場合は、金額面よりも爪やその周りの皮膚に負担をかけることなく爪水虫をケアしたかったので、クリアネイルショットを選びました。塗り薬を届かせるために爪をはがさなきゃいけないというのが、ちょっと無理だったというのも理由ですが^^;

ただ、そのあたりに抵抗がないようでしたら、エフゲンも実績のある塗り薬ですので、エフゲンを選択しても良いかと思います。

爪水虫用の飲み薬を飲めない子供や妊婦・肝機能障害の方は試す価値あり

クリアネイルショット

クリアネイルショットは薬ではないため、どこまで爪水虫に効果があるのか、本当に完治まで持って行けるのかという点に関しては、今後の動向を見守る必要があるでしょう。

まだ発売されたばかりなので、実際に1年近く使用した方の本当の口コミ情報が出てくるのはもう少し先になると思います。

その意味では、クリアネイルショットが爪水虫に対する改善効果に関しては、現時点では使ってみないと分からないというのが正直な評価になるはずです。

ただ、もしあなたやあなたのお子さんが様々な事情で飲み薬を飲めない状況にあるならば、自宅で、それも爪や周りに皮膚に何の負担もかけずに爪水虫にアプローチできるというコンセプトって、ものすごく魅力的に感じませんか?

私はそこに大きな魅力を感じたので、クリアネイルショットの存在を知って飛びつきましたし、少なくとも1年間は継続して様子を見てみるつもりです。

1か月あたりの料金も多くの美容化粧品に比べればそこまで高額ではありませんし、もし水虫になっている爪が数本しかないのであれば、さらにコストは下がります

返金保証も付いていますし、投資してみる価値は十分にある商品だと思っています。

クリアネイルショット
クリアネイルショット公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加