サントリーのグルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプは粒タイプが苦手な方向け

日本で9年連続売上No.1(※1)のグルコサミンサプリである、サントリーのグルコサミン&コンドロイチン

※1 2007-2015年売上金額(確定)出典:H・Bフーズマーケティング便覧2009-2017 No.2機能志向食品編(グルコサミン成分カテゴリー内メーカーシェア)(株)富士経済

粒タイプは2017年の4月に機能性表示食品の「サントリー グルコサミンアクティブ」としてリニューアルされましたが、実はサントリーのグルコサミン&コンドロイチンには飲みやすい顆粒タイプも発売されていることをご存知でしょうか?

顆粒タイプは機能性表示食品ではなく、従来のグルコサミン&コンドロイチンという名称のままですが、粒タイプの形状が飲みにくかったり、普段から誤飲を起こしやすい方にとって、とても飲みやすい商品になっているかと思います。

今回は、そんな顆粒タイプのグルコサミン&コンドロイチンについて、粒タイプのグルコサミンアクティブと比較しながら掘り下げていきたいと思います。

バナー原稿imp
公式サイトはこちら

1.グルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプのメリット
1-2.顆粒タイプの味はどうなのか?

2.グルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプのデメリット

3.配合成分はほぼ同じだが、機能性表示食品は粒タイプのみ

4.顆粒タイプのグルコサミン&コンドロイチンは粒タイプが苦手な方向け

グルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプのメリット

グルコサミン&コンドロイチンに限らず、顆粒タイプのサプリメント全般のメリットとして、以下の3つのポイントが挙げられます。

  • 吸収が早い
  • 飲みやすい
  • 持ち運びが楽

特に「飲みやすさ」に関しては、顆粒タイプの優位性が顕著ですね。

顆粒より粒子の細かい粉末だと喉に張り付いてしまったり、むせてしまったりすることがあります。また、粒タイプは少し大きいとまとめて飲みにくかったり、誤飲して気道に入ってしまったりするリスクもあります。

顆粒タイプにはそういった飲みにくさがありませんので、特に年配の方には人気の形状です。

顆粒タイプの味はどうなのか?

いくら形状が飲みやすくても、味がものすごく不味くては飲みやすいとは言えませんよね^^;

HPには「ほのかなレモン風味」という記述がありますが、実際のところどうなんだろう?と思ったので1箱取り寄せて実際に飲んでみました。

そこで感じたのは、「さっぱりしていて飲みやすい!」ということ。

ちょっと前まで顔のむくみ対策のために、同じく顆粒の防風通聖散という医薬品を飲んでいたのですが、比べ物にならないくらい飲みやすかったです!

色も若干黄身がかっていますが、その色のイメージ通りのレモン風味でした。(レモン味ではなく、レモン風味。味が濃くないので甘ったるくも酸っぱくもなく、飲みやすいです

これなら、形状・味ともに、とても飲みやすいサプリと言って良いと思います。

公式グルコサミン&コンドロイチン顆粒公式HP

グルコサミンアクティブ顆粒タイプのデメリット

  • 粒タイプのグルコサミンアクティブよりもやや高い

実は、グルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプと粒タイプのグルコサミンアクティブは、値段が同じではありません。

※値段は税別表示です。

 グルコサミン&コンドロイチン
顆粒タイプ
グルコサミンアクティブ
粒タイプ
定価30日分:4,800円60日分:7,800円(30日換算で3,900円
30日分:4,500円
定期30日分:4,320円60日分:7,020円(30日換算で3,510円
30日分:4,050円
成分グルコサミン:1200mg
サメ軟骨抽出粉末(コンドロイチン含有):300mg
ケルセチン配糖体:45mg
グルコサミン塩酸塩:1200㎎
コンドロイチン硫酸:60㎎
ケルセチン配糖体:45㎎

60日分のコースが無いことも要因の一つだと思いますが、1か月あたり約800~900円ほどグルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプの方が高めの設定になっています。

配合成分はほぼ同じだが、機能性表示食品は粒タイプのグルコサミンアクティブのみ

また、粒タイプのグルコサミンアクティブはリニューアルを機に機能性表示食品となりましたが、グルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプは機能性表示食品ではありません

とはいえ、実際の配合成分や配合量に関しては両者に大きな差はありませんので、

  • 金額面と機能性表示食品という点にこだわりたい方はグルコサミンアクティブ
  • 飲みやすい顆粒タイプにこだわりたい方はグルコサミン&コンドロイチン顆粒タイプ

といった使い分けをするのがベストだと思います。

粒タイプのグルコサミンアクティブに関しては、こちらの記事で詳しく掘り下げています。

関連記事【機能性表示】グルコサミンアクティブの効果と口コミ!一番売れている理由は?

【機能性表示】<span>グルコサミンアクティブ</span>の効果と口コミ!一番売れている理由は?
グルコサミンサプリと聞けば、サントリーのグルコサミンアクティブを思い浮かべる方は多いと思います。 実際、私...

継続するために飲みやすさと携帯性を優先するなら顆粒タイプ

金額面や機能性表示の有無という点を優先する場合は粒タイプのグルコサミンアクティブの方がおすすめです。

ですが、粒タイプに慣れていないのに無理をしてそちらを選んでしまうと、結局継続できずに途中で飲むのをやめてしまうという結果になりかねません。

顆粒タイプは味・形状ともにすごく飲みやすいですし、1本1本がスティック状になっているので携帯にもとても便利です。(粒タイプはボトルタイプなので、持ち歩きはしづらいです。)

外食が多い方や、旅行に行く機会の多い方などは、飲みやすさに加えて携帯性の高い顆粒タイプの方が継続しやすいかと思います。

きちんと続けるために何を優先させるのかを念頭に、ご自身のライフスタイルに合わせてベストな選択をしてくださいね^^

バナー原稿imp
公式サイトはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加