62才の母がシミを消す薬にハイチオールCでなくロスミンローヤルを選んだ理由

現在62歳になる私の母は、シミ解消のためにロスミンローヤルを飲んでいます。

「シミを消す薬」というと、一般的にはロスミンよりもハイチオールCの方が有名かと思いますが、私の母が選んだのはロスミンでした。

今回は、

  • ロスミンローヤルを飲んだ母がどんな効果を実感できたのか
  • なぜハイチオールCではなくロスミンローヤルを選んだのか

といった内容を中心にまとめています。

「シミを消す飲み薬」選びの参考にしていただければ幸いです。

1.ロスミンローヤルを飲んで3か月でここまでの効果が出た

2.シミを消す薬の成分と種類
2-1.ロスミンローヤルの成分と効果効能
2-2.ハイチオールCホワイティアの成分と効果効能
2-3.ミルセリンホワイトNKBの成分と効果効能
2-4.キミエホワイトの成分と効果効能

3.ハイチオールではなくロスミンローヤルを選んだ理由

3-1.小じわの改善効果も確認されているから
3-2.多くの漢方成分が入っていて、総合的な効果が期待できるから
3-3.初回が安く試せて定期縛りが無い点に好感を持ったから

4.シミが薄くなって、母が何事にも前向きになった
4-1.新聞の一面広告を写真に撮るほどお気に入り


ロスミンローヤル公式HPを確認する

ロスミンローヤルを飲んで3か月でここまでの効果が出た

母が気にしているのが、左の頬にできた大きなシミです。

以前、皮膚科でハイドロキノンを処方してもらったこともあったのですが、その際は濃度が強すぎたらしく、皮膚が赤くなってしまったという経験が母にはあります。

ですので今回は刺激の少ない美白クリームを使用しています。そのため厳密にはロスミンローヤルだけの効果ではないのですが、それでもロスミンを飲み始めてたったの3カ月でここまでシミが薄くなりました。

シミを消す薬の成分と種類

現在、メラニン色が沈着して出来たシミを消す医薬品の成分としては、

  • システイン
  • アスコルビン酸(ビタミンC)

の2種類が主な成分です。

そして、通販やドラッグストアで購入可能な、主だったシミの医薬品の成分量を比較した図が以下になります。(今回取り上げているのはサプリメントではなく、効果効能が認められた医薬品のみです)

※クリック・タップで拡大します。

この図を見ると分かりますが、実はロスミンローヤルが一番システインとアスコルビン酸の量が少ないです。

その代わり、システインとアスコルビン酸以外の成分の種類に関してはロスミンローヤルが図抜けています。

実はこれこそが私の母がロスミンローヤルを選んだ理由であり、日本で唯一「小じわ」の改善効果が認められた理由でもあるんです。

その理由について詳しく解説する前に、まずは上の図で取り上げた4つの医薬品のそれぞれの特徴を簡単にまとめておこうと思います。

ロスミンローヤル

ロスミンローヤルの特徴 日本で唯一シミだけでなく小じわの改善効果も認められた医薬品

システインとアスコルビン酸の量はそこまで多くはない

9種類の生薬をはじめ、全22種類の有効成分が含まれている

肩こり・腰痛・神経痛・のぼせ・目まい・耳鳴り・冷え性・手足の冷感・腰部冷感といった症状に対する効果効能は、他の製品には見られない特徴

定期購入も通常購入も、初回は1か月分が1,900円(税別)で試せる

料金(定価)/送料700円 初回:1,900円(税別)
2回目~:7,600円(税別)
料金(定期)/送料無料 初回:1,900円(税別)
2回目~:5,800円(税別)
定期縛り 無し(初回のみでの解約もOK)

ハイチオールCホワイティア

ハイチオールCホワイティアの特徴 テレビCMでもおなじみで、シミを消す薬として最も知名度がある

システイン・アスコルビン酸・パントテン酸カルシウムに特化した配合成分

二日酔いにも効果があるため、その目的で飲む人も多い

料金(定価) 10日分:1,650円(税別)
1か月分:4,500円(税別)

ミルセリンホワイトNKB

ミルセリンホワイトNKBの特徴 アスコルビン酸(ビタミンC)が1000㎎というのはシステイン製剤でトップクラス

定期コースなら、1か月あたり税込2,200円でずっと購入可能

料金(定価) 2,980円(税込)
料金(定期) 2,200円(税込)
定期縛り 無し(初回のみでの解約もOK)

キミエホワイトプラス

キミエホワイトプラスの特徴 システイン・アスコルビン酸ともに、配合されている量がハイチオールCホワイティアと全く同じ

パントテン酸カルシウムもハイチオールCホワイティア同様に配合されているが、こちらはほんの少しだけ量が少ない

ハイチオールCホワイティアとほぼ同じ商品が、初回1,900円(税別)で試せる

料金(定価)/送料700円 初回:1,900円(税別)
2回目~:4,200円(税別)

ハイチオールCではなくロスミンローヤルを選んだ理由

継続して飲む場合を想定すると、ハイチオールCホワイティアを含む他の製品よりもロスミンローヤルは割高です。

それでも、母は他の製品ではなくロスミンローヤルを選びました。その理由は、以下の通りです。

※ちなみに初回価格はロスミンローヤルが一番安いです。いつでも解約OKの定期コースなら送料もかからないので、送料がかかるキミエホワイトよりも安いです。

小じわの改善効果も確認されているから

数あるシミ改善薬の中で、ロスミンローヤルだけが小じわの改善効果も認められています

母の一番の悩みはシミでしたが、「どうせ飲むなら小じわにも効いた方がいい」というのが一番の理由だったようです。

シミが出来るほど紫外線を浴びているなら、小じわもかなり出来ている

そもそも、シミの原因はメラニン色素の沈着です。そして、顔の皮膚にメラニン色素が沈着する一番大きな原因といえば、紫外線による日焼けですよね。

そして、紫外線による肌への影響はシミだけではありません。

最近は日焼けによる光老化という概念が定着しつつあって、シミ・たるみ・シワといった肌の老化現象の原因は紫外線だと言われています。

つまり、シミが出来るほど紫外線を浴びているということは、たるみやシワといった肌の老化現象も同時に起こっている可能性が高いということです。

当然、小じわもかなりできているはずです。

であれば、シミと小じわの両方に効果効能が認められたロスミンローヤルを飲むことで、総合的な光老化対策が出来るということになります。

ただし、小じわの改善効果に即効性は無い模様です

とはいえ、小じわに関してはシミほど劇的な改善効果は実感していないとのこと。個人差もあるかと思いますが、うちの母の場合はシミの改善の方に大きな効果を実感したようでした。

ちなみに、ほうれい線などの深いシワは効果効能の対象外です。あくまで「小じわ」が対象になります。

ですので、効果の実感の仕方としては、「目に見えない小さな小じわが改善されることで肌のきめが細かくなり、化粧ノリが良くなる」といった感じで現れるのではないかなと思います。(うちの母はお化粧をしないので、この辺が分からないのです^^;)

小じわの改善効果に関しては公式HPでも詳しく説明されていますので、そちらでも確認してみてください。

公式ロスミンローヤル公式HPを確認する

多くの漢方成分が入っていて、総合的な効果が期待できるから

ロスミンローヤルと他のシステイン製剤との最大の違いはこの部分でしょう。

ロスミンに含まれるシステイン・アスコルビン酸の量はむしろ他の製品よりも少ないのですが、それ以外の成分の種類が豊富で、全部で22種類の有効成分が配合されています。

※システインの量は少ないですが、システインの原料となるメチオニンは100㎎配合されています。ですので、シミに対する効果が薄まるといった心配もしませんでした。

特に注目なのが、以下の9つの生薬です。

  • ローヤルゼリー
  • トウキ
  • シャクヤク
  • ブクリョウ
  • ソウジュツ
  • タクシャ
  • センキュウ
  • ハンゲ
  • ニンジン

これらの生薬が加わったことで、

  • 肩こり
  • 腰痛
  • 神経痛
  • のぼせ
  • 目まい
  • 耳鳴り
  • 冷え性
  • 手足の冷感
  • 腰部冷感

といった、他のシステイン製剤にはない効果効能が確認されています。

ここまでくると、もはやシミと小じわの薬というよりも健康を底上げする万能薬といった印象を受けますよね。

いつの間にか「肩を揉んで」を言われなくなった

もっとも、母の場合は「第一にシミ、第二に小じわが改善できれば…」といった動機でロスミンローヤルを飲み始めたので、その他の効果効能に関してはそれほど期待をしてはいなかったようです。

なので本人としてもシミと小じわ以外に関しては無頓着なのですが、娘の私はいつの間にか「肩を揉んで」と言われなくなったことに気付きました。私が鍼灸師ということもあってか、以前は週に1度は肩もみをおねだりされていたのですが、最近は全然リクエストされなくなりました。

母本人に確認したところ、「そういえば肩こりが気にならなくった」とのこと。本人は無自覚でしたが、確かに肩こりにも効果を感じているようです。

ロスミンには肩こり用のHPもあることが判明

さすがに肩こりが一番の目的でロスミンを購入する人はいないだろうなと思ったんですが、探したら「肩こり」について詳しく解説しているロスミンのHPもありました。

ということは、肩こり改善のためにロスミンを購入している人も結構いるのかもしれませんね^^;

肩こり・腰痛・神経痛に対するロスミンローヤルの効果については、こちらのページで詳しく解説されています。

初回が安く試せて定期縛りが無い点に好感を持ったから

ロスミンローヤルは定価が7,600円(税別)もしますし、割引の効く定期購入にしても1か月あたり5,800円(税別)かかります。

他のシステイン製剤にない効果効能が期待できるので高額になるのは仕方ないとはいえ、やはり申し込むのにはそれなりの覚悟が要りますよね^^;

それを見越してか、ロスミンは

  • 初回1か月分を1,900円(税別)という低価格で試せる

という価格設定をしています。

この価格は定期コースにしても単品購入でも同じです(単品購入の場合は送料が700円かかります)。

1か月という期間ではシミや小じわに劇的な変化を感じることは正直難しいと思いますが、毎日きちんと飲むことで何らかの体調の変化は感じられるはずです。

そして、この期間で何らかの体調の変化が感じられたらロスミンが効きやすい体質だという判断ができるので、ある程度安心して定期コースを継続することが可能になります。

定期コースに縛りがない点も高ポイント

通常、初回1か月分がここまで安くなっている場合は、「最低○回購入してください」という回数縛りがつくのが普通ですが、ロスミンローヤルにはそういった定期縛りはありません

送料無料の定期コースで申し込んでも1か月で解約することが出来るので、ある意味安心して試せます(解約はメールでも電話でも可能です)。

解約の連絡が面倒という場合は、送料700円がかかりますが通常購入でも良いかと思います。通常購入の場合も、初回の本体価格は1,900円(税込)という設定です。

公式公式HPでロスミンローヤルの初回購入価格を確認する

シミが薄くなって、母が何事にも前向きになった

私は母がロスミンを飲んでくれて良かったなと思っていますが、そう感じる理由は実はシミが薄くなったからでも肩こりが改善されたからでもないんです。

本人にとって長年のコンプレックスだったシミが薄くなるだけで、ここまで生活が前向きになるんだ!ってくらい性格が明るくなったように感じます。

最近はフラダンスを始めましたし、以前より外に出ていく機会も増えました。

自分の中のコンプレックスを解消するだけで前向きになれることは、私もデリケートゾーンの黒ずみの件で経験していますが、やはりただ悩んでいるだけでなく、実際に行動に移すことが大切なんだと改めて実感しました。

新聞の一面広告を写真に撮るほどお気に入り

母はロスミンを今でも継続して飲んでいるほどお気に入りなのですが、先日ロスミンが新聞に一面広告を出したらしく、その時の画像を撮影して送ってくれました(笑)

自分が愛用している製品が広告に出ると嬉しいみたいですね^^

今では生活のハリになっているようなのですし、私としても母にはいつまでも前向きに生きていて欲しいので、これからも飲み続けてくれたらいいなと思っています。


ロスミンローヤル公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加