目の下のクマ解消には専用クリームを!コンシーラーよりおすすめ

目の下のクマには専用クリームを!コンシーラーよりおすすめ

目の下のクマせいで、

  • 老けている
  • 疲れている
  • 体調が悪そう

といった、マイナスのイメージを持たれていませんか?

私自身、目の下のクマの1種である青クマに悩まされていましたので、その悩みはよく分かります。

寝不足でも疲れているわけでも病気をしているわけでもないのに、目の下のクマが消えなくて困っている方は、クマができる原因とその対策方法をしっかりと理解して実践しましょう。

今回は、以下の内容で目の下のクマについてまとめています。

1.目の下のクマの3つの種類とその原因
1-1.青クマ
1-2.黒クマ
1-3.茶クマ

2.クマの原因によって解消法は異なる

3.皮膚やせ系の青クマ・黒クマを解消する方法
3-1.コラーゲンの再生にMGA配合のアイキララ
3-2.目の周りの血流を改善する目のサプリ
3-2.即効性を求めるならエステの目元ケア

4.色素沈着系の茶クマを解消する方法
4-1.ハイドロキノン配合のビーグレン
4-2.体の中からシミを消す医薬品のロスミンローヤル
4-3.茶クマを隠すコンシーラー

疲れ顔の印象とさよならしたい!という方は、ぜひ参考にしてくださいね。

アイキララ

3種類の目の下のクマとその原因

目の下のクマって、よく3つの種類があると言われます。
クマの色で分類して、

  • 青クマ
  • 黒クマ
  • 茶クマ

とそれぞれ呼ばれています。
それぞれのクマの特徴と原因は以下の通りです。

青クマ

目の下の毛細血管の流れが悪くなって充分な酸素が運ばれなくなると、酸素不足の青ずんだ血液が透けて、青クマを引き起こします

特に色白の方や、皮膚が薄くなる皮膚やせを起こしている方は、睡眠不足などが原因でちょっとした血行不良が起こっても青クマを引き起こしやすいです。

また、このタイプのクマができる方はパソコンやスマホを長時間行っている傾向が強く、眼輪筋などの目の周りの筋肉が凝り固まっている場合がほとんどです。

そうなると、さらに血行不良や周りの組織の栄養不足が進み、どんどん肌が痩せて青クマが目立つという悪循環に陥ります。

マッサージやホットパックなどで血流を改善すると一時的にクマも改善しますが、皮膚がやせてしまっているとすぐにまたクマが目立ってしまいます。

黒クマ

黒クマは、肌の色が変色して黒くなっているわけではなく、目の下のたるみが原因でその下に凹みができ、その部分に黒い影が出来てしまっている状態のことです。

目の下のたるみとセットでできてしまうクマのことですね。

ではなぜ目の下のたるみが出来てしまうのかというと、目の下の眼下脂肪を支える眼輪筋や眼窩隔膜に力がなくなり、眼下脂肪を支えきれなくなるからです。

筋肉が眼下脂肪を支えきれなくなるのは老化の一種ですが、細胞にきちんと酸素と栄養素が行きわたらず皮膚がやせてしまうことがそれに拍車をかけてしまいます。

青クマの状態が続くと黒クマへ

皮膚がやせるとその部分のコラーゲンが減少している場合が多いので、たるみやすくなります。

その意味では、青クマの状態が長く続くとその部分の栄養不足も長く続くことになり、それが皮膚やせや筋肉の老化を引き起こし、コラーゲンの減少につながって年齢と共に黒クマへと移行するというような負の連鎖が起こりやすいのが青クマと黒クマと言えますね。

ですので、厳密には青クマと黒クマは異なるクマという風に分類されることが多いのですが、共に皮膚がやせてしまうことが根本的な原因と言ってよいと思います。

できれば青クマの段階でしっかりと栄養補給をしてあげて皮膚やせを解消し、黒クマまで発展させないようにするのがポイントです。

茶クマ

最後の茶クマに関しては、原因が他の2つのクマとは異なります。

青クマ・黒クマ共に皮膚の色自体が変色しているわけでないのに対し(青クマは皮膚の下の血管や筋肉が透けて見える・黒クマは影)、皮膚に色素が沈着してしまっているのが茶クマです。

沈着しているのはメラニン色素なので、いわゆるシミの美白ケアなどと同様のケアが必要になります。

メラニン色素が沈着する原因は、日焼けの他に摩擦や刺激などが考えられます。 目をこすってしまったり、刺激の強い化粧品を使用していたり、過度な乾燥が刺激になってもメラニン色素は沈着しますので、そういった習慣が無いか振り返ってみましょう。

3つのクマに応じた解消方法

まず、クマが出来てしまう原因から、

  • 青クマ・黒クマ⇒皮膚やせ系のクマ
  • 茶クマ⇒色素沈着系のクマ

という分類をしたいと思います。この分類をしたのは、原因が異なれば解決方法も異なるからです。

それぞれの解決方法を一言で説明すると、

皮膚やせ系(青クマ・黒クマ)
コラーゲンの補充血流改善で皮膚やせを解消する
色素沈着系(茶クマ)
美白ケアでメラニン色素を減らす

ということになります。

それぞれに最適な専用クリームがありますし、場合によってはサプリメント医薬品、目元専門のエステを利用するのが早いです。

ここからは、具体的な方法についてまとめていきたいと思います。

皮膚やせ系の青クマ・黒クマを解消する方法

皮膚やせ系の青クマ・黒クマ改善に効果的な方法として、

  • コラーゲンの再生を促進するクリーム
  • 目の周囲の血流を改善する目のサプリ
  • 即効性が期待できる目元専門エステ

の3つに分けて掘り下げていきたいと思います。

コラーゲンの再生にMGA配合クリームのアイキララ

アイキララ
青クマに悩んでいた私が実際に試して効果を実感したのが、アイキララという目の下のクマ専用クリームです。

アイキララの特徴は、ズバリ「皮膚やせ」にアプローチしてくれる商品だということ!

MGAという配合成分が、減少したコラーゲンの再生を促進。その結果、皮膚細胞の栄養不足・潤い不足が改善され、肌やせを解消してくれます。

 肌やせが解消されるとやせた皮膚の厚みも回復し、多少の血行不良が起こってもクマが目立たなくなります 

アイキララ

MGAって何??

MGAとはビタミンC誘導体の一種で、コラーゲンの生成をサポートしてくれる働きがあります。と、公式HPに書かれていますが、ビタミンCがなぜコラーゲンの生成をサポートしてくれるのでしょうか?

その理由は、アミノ酸からコラーゲンが生成される時に必要となる酵素の働きをビタミンCが助けるからです。ビタミンは日本語では「補酵素」と呼ばれていますので、まさにその名の通りの働きをしています。

そして、ビタミンC誘導体とはビタミンCを肌に浸透させやすくしたもの。

つまり、コラーゲンの生成が必要な場所まで浸透して、コラーゲンの生成を補助する働きを持っているのがビタミンC誘導体であるMGAというわけです。

アイキララを実際に使ってみて感じた効果

そして、実際に2か月使用した結果がこちらの写真!私の場合は皮膚が薄い典型的な青クマなので、効果も分かりやすく出たと思います。

アイキララ仕様前後の変化2

基本的に、たるみが原因の黒クマの対策も、基本的にはコラーゲンの生成を促して皮膚の弾力と厚さを取り戻すことです。

「皮膚やせ」解消に特化したアイキララを利用することで、青クマ・黒クマの両方の解消を目指すことが可能になります。

コンシーラーなどを厚塗りするのではなく、根本からの改善を目指したい方は要チェックの商品と言えますね。

コスパが良くて定期の縛りもない

アイキララにはサンプルはありませんが、1か月あたりの費用はそれほど高額ではないので比較的気軽に試せます。「お試し定期コース」はいつでもストップ自由(1回で終えてもOK)で最初から10%OFFなので、これはありがたいですね。

定期コースは安くなっている分、最低3回とか4回は必ず買わなければならないという商品が多い中、非常に良心的です。

※追記です。

なんと、アイキララが「医学と薬学」という医学誌に掲載されました。

こちらは目次ページになりますが、「目元クリームによる目元のクマとたるみの改善効果」という項目がアイキララに関する記述ですね。

医学と薬学2016年11月号

この手の商品が美容雑誌や美容サイトに取り上げられる例はよく目にしますが、医学誌に掲載されることってほとんど聞いたことがありません。

これって、ネット上の口コミよりも信頼できる、とても大きなエビデンスだと思います。

公式アイキララ公式HPを確認

目の周りの血流を改善するサプリ

目のサプリと聞くと、疲れ目や眼精疲労の解消を目的とするものなのでクマには関係ないかな、と思われるかもしれません。

でも、実は最近の研究で「ポリフェノールの一種であるアントシアニンに目の周りの血流を改善する効果がある」ことが確認されているんです。

目の周りの血流が改善するということは、新鮮な酸素と栄養素が目の周囲の細胞に届けられるということです。

その結果、これまで目のサプリメントに期待されていた「疲れ目の解消という効果」だけでなく、「血行障害が原因の目の下のクマに対する効果」という、新しい働きに注目が集まっています。

疲れ目とクマの両方に悩んでいるなら

私も含めて、眼精疲労と目の下のクマの両方が悩みの種という方は多いはず。

アントシアニンを含む目のサプリは、健康面だけでなく、美容面からも目にアプローチしてくれる、まさに目のための総合サプリと言って良いと思います。

最近は目のサプリの種類も増えてきましたが、めなりにはビルベリーやカシスといったアントシアニンを多く含む成分がたくさん使われていて、初回907円とかなりお得に試せるうえに定期縛りもありません。

値段のわりにかなり高スペックなので、体の中からの青クマ・黒クマ対策にぴったりなサプリだと思います。

現在の私はクマの状態がかなり良くなったのでアイキララを卒業しましたが、頻繁に眼精疲労になりやすいので、状態を見ながらめなりは継続しています。

公式めなり公式HPを確認

即効性を求めるならエバーグレースの目元ケア

私が血行不良系の青クマを克服した際は、めなりを飲んでいなかったため、アイキララの単独使用で先ほど掲載した写真の様な効果を実感することが出来ました。

ただ、効果を実感するまで期間は2か月くらいかかりましたし、青クマが進んでたるみを伴う黒クマまで行ってしまうと、効果の実感まではさらに時間がかかってしまうと思います。

その時間を短縮して、より高い効果を得たい場合目元ケア専門のエステを利用しましょう。

もっとも、海外ではフェイシャルのケアと目元のケアを厳密に分けて行うのが主流なのですが、日本だとまだそこまで徹底しているサロンは少ないのが実情です。

そんな中、エバーグレース目元ケア専門のコースを導入している日本でも数少ないエステの一つで、それゆえ他にもコースはありますが目元のケアがほぼサロンの看板になっています。

店舗展開が首都圏中心に限られてしまうという制約はありますが、貴重なサロンですよね。

ちなみに、エバーグレースの目元ケアコースには種類が2つありますが、その違いは目元用の専門美容液を導入するかどうかという点だけです。リンパマッサージやかっさ、マシン施術やパックといった施術は、リーズナブルなコースでも受けられます。

それぞれの体験コースの金額は以下の通りで、どちらも試しやすい金額設定です。(ただし、電話で申し込むとWEB割が適用されずに500円高くなるので要注意!)

  • 目元ケアスペシャルコース:5,480円(WEB割適用時)
  • 目元クマ徹底コース:2,480円(WEB割適用時)

違いは目元専用美容液を導入するかどうかだけですが、この美容液の成分を見ると、

  • 高濃度ビタミンC誘導体
  • アデノシン三リン酸
  • スクワラン
  • ポリグルタミン酸

といった内容になっているので、平たく言えばアイキララの超パワーアップ版と考えてよいと思います。

そんなスペシャルな美容液を機械を使って導入するので、個人的にはせっかく体験コースを受けるならば、目元スペシャルケアがコスパ的にお得かなと感じています。

目の下がむくみがちな方はエステが合っていると思う

黒クマができる原因が目の下のたるみであることはすでに触れましたが、実は目の下のむくみが原因で黒クマのようなクマが出来ることがあります。

仮性黒クマの様なものですが、実は私、結構この仮性黒クマができやすいんです。

アイキララを使用することで皮膚やせはある程度改善できたとは思うのですが、仕事が忙しかったり生活が少し不規則になると「むくみ」という形で体に出てしまう体質なので、結構な頻度で仮性黒クマにもなっています。

そんな時は自分で顔のリンパマッサージを行ったりもしていますが、実は顔の筋肉って小さくて傷つきやすいので、結構自己流で行うのって危ないんですよね。

顔、特に目の周りのむくみが気になるという方は、プロのリンパマッサージやかっさを受けるのが一番即効性があって安全な方法だと思います。

私も友人の鍼灸師さんに顔のマッサージや美容鍼をお願いしているのですが、近々エバーグレースの目元ケアを体験してみたいと思っています。(行ったらどんな感じだったかご報告しますね)

目元スペシャルケアコース

目元くま徹底コース

色素沈着系の茶クマを解消する方法

ここまで見てきた青クマ・黒クマの解消方法と、これから説明する茶クマの解消方法は、基本的に全く異なります。

茶クマの原因は目の下の皮膚にメラニン色素が沈着していることですので、いかにメラニン色素を取り除くかが茶クマ克服のポイントになります。

ハイドロキノン配合のビーグレン

シミ・色素沈着
すでにできてしまっているメラニン色素を取り除くためには、やはりハイドロキノンが一番効果を実感しやすいと思います。

トラネキサム酸やプラセンタエキス、ビタミンCなども有効な美白成分ですが、これらの成分は基本的に新しいメラニン色素の生成を抑え、ターンオーバーを促すことで自然にメラニンを代謝させることが目的になっています。

それに対して、ハイドロキノンはすでにできてしまっているメラニン色素を取り除く作用があるため、効果を実感するまでの時間が短くて済むんです。

その分、副作用のリスクはゼロではありませんが、

  • 濃度が2%以内に制限されている
  • トライアルキットで肌に合うか試せる

という条件を満たしているもので試せば、リスクなくハイドロキノンの恩恵を受けられると思います。

※ハイドロキノンの副作用についてはこちらの記事でも詳しく解説しています。

関連記事ハイドロキノンの副作用一覧と使い方の注意!守るべき濃度は?

知らないと危険!ハイドロキノンの<span>副作用</span>と守るべき濃度について
肌のシミが気になる方は、誰しも一度はハイドロキノンの使用を検討したことがあると思います。 ハイドロキノンは...

市販のハイドロキノン製品は数多く発売されていますが、ビーグレンは上記の条件を満たし、ネット上での口コミも好意的なものが多いです。

トライアルキットも1,800円(税別)で申し込めるので、なるべく時間をかけずに色素沈着系の茶クマ対策をしたい場合は試してみる価値はあると思います。

公式ビーグレン公式HPを確認

体の中からシミを消す医薬品のロスミンローヤル

外からのクリームも有効ですが、体の内側から色素沈着を改善する方法もかなり有効です。

そして、色素沈着系の場合は良い医薬品がたくさんあるので、サプリメントよりも確実に効果を実感できるはずです。

有名どころでは、ハイチオールシリーズなどがそれに当たりますが、個人的にはハイチオールよりもロスミンローヤルの方がお得感が高いと思います。

その理由は、ロスミンローヤルは シミだけでなく小じわにも効果を認められた唯一の医薬品 だからです。

また、ロスミンの場合は漢方成分も多く含まれているので、美容面以外にも冷えや肩こり・腰痛といった女性に多い書状全般に効いてくれます。

値段が同じくらいということを考えると、ロスミンの方がかなりコスパ面で上を行っているという印象です。

ロスミンローヤルはうちの母が使用中

厳密には茶クマではないんですが、目元のシミを気にしていた母に、ロスミンローヤルを飲んでもらっています。

当時はハイドロキノンがちょっと怖いということで、普通の美白クリームとロスミンローヤルの組み合わせでしたが、2か月でここまで変化がありました。

ブライトニングフォーミュラ使用前と2か月後の比較

使用していたクリームはそんなに強いものではないので、ロスミンの効果が無ければここまでの変化は実感できなかったと思います。

関連記事62才の母がシミを消す薬にハイチオールCでなくロスミンローヤルを選んだ理由

62才の母が<span>シミを消す薬</span>にハイチオールCでなくロスミンローヤルを選んだ理由
現在62歳になる私の母は、シミ解消のためにロスミンローヤルを飲んでいます。 「シミを消す薬」というと、一般...

本人もものすごく喜んでいますし、気持ちが前向きになったためか今はビーグレンも併用することを検討中です^^;

ハイドロキノンのクリームを使用する場合でもしない場合でも、ベースとしてロスミンローヤルのような医薬品を飲んであげることで、茶クマ解消への時間は確実に短縮されると思います。

ロスミンローヤルは初回1,900円(税別)で定期縛りもないので、こちらも試しやすい設定になっていますね^^

公式ロスミンローヤル公式HPを確認

茶クマを隠すコンシーラー

ここまで紹介してきたのが、目の下のクマを”根本から”解消する方法です。

皮膚やせを解消して青クマ・黒クマ改善を目指す
  • MGA配合のアイキララ
  • 目の周囲の血流を良くするめなり
  • 即効性のあるエバーグレース
メラニン色素定着を解消して茶クマ改善を目指す
  • ハイドロキノン配合のビーグレン
  • 内側からの医薬品ロスミンローヤル

いずれも目の下のクマの根本的な解消につながりますが、どうしても効果を実感するまである程度の時間がかかります

その間にうまく利用したいのが、目の下のクマを隠すコンシーラーです。

美白成分を含んだファンデーションをコンシーラー代わりに

マキアレイベルの様なカバー力の強いファンデーションを、コンシーラーの代わりに使用するのもいいですね。マキアレイベルの場合は、カバー力が強いだけでなく美白成分も含まれているため、クマを隠しながら美白の作用を期待できます。

ということは、茶クマの方には最適ですね。コンシーラーはカバー力だけでなく、このように美白成分にも注目すると効果が高まります。美白系クリームに加えて、こういったファンデーションも利用していきましょう。

マキアレイベルにはセット商品もありますが、ファンデーション単体の購入も可能です。

公式マキアレイベル公式HPを確認

【注意】黒クマにコンシーラーの厚塗りは逆効果!!

最後に一つ注意点です。
たるみによる影が原因の黒クマは、コンシーラーで隠すことは出来ませんむしろ、厚く塗ることによって影が強調されてしまう場合がありますので注意しましょう。

たるみがある場合は、根気よくアイキララを使用したり、エバーグレースなどの目元ケアエステの専門コースを利用するなどして「たるみの根本原因」を取り除きながら、お化粧をする際にあまり厚くなりすぎないように意識することが大切になります。

まとめ

目の下のクマって、単なる寝不足が原因と思われがちですが、実はかなり奥が深いです。ただ、以前の私を含め、ほとんどの方は青クマで悩まれているようです。

青クマは三つのクマの中で一番改善がしやすいクマなので、悪化しないうちに早めに手を打つようにしてくださいね。

目の下のクマがなくなるだけで、相手に与える印象は全然変わりますよ^^

アイキララ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加