ハロウィン血のりメイクの作り方と材料&落とし方 洗濯は可能?

スポンサードリンク

ハロウィン血のりメイクの作り方落とし方

ハロウィンの仮装に挑戦したことはありますか?
数年前から、クリスマスやバレンタインと並んでハロウィンも盛り上がるようになりましたね^_^

完全に乗り遅れてしまったという方も、今度こそ挑戦したい方も、手軽な仮装から始めてみませんか?
お金をたくさんかけなくても、即席ゾンビに変身して、みんなを驚かせることは可能です!

今回は、そんな仮装に必須の血のりについて、

  • 作り方や材料
  • きれいな落とし方や洗濯

といった内容をまとめています。
興味がわいてきた方!Let’s Try!!

スポンサードリンク

ハロウィンに血糊メイクは必須!?

ハロウィンの仮装、どんなものにするか決めましたか?

悩んでしまう方も多いと思います。
気合を入れて仮装してみたいけど、お金がかかるなーと思ったり。
今年こそ仮装に挑戦したいけど、忙しくて準備にかける時間がないなーと思ったり。

ハロウィンの仮装は、人気のキャラクターをリサーチするところから始まり、結構準備に時間がかかりますよね。

そんな方にオススメなアイテムが血のりです!!
自分の普段の服装に、「血のり」というアイテムを加えるだけで、即「ゾンビ」に変身することができます。

お金をかけなくても、手間もそれほどかけなくてもできます!
ベースは普段の服なので、コストはほとんどかかりません
入念に準備したのに、凝りすぎてなんだかスベってしまったということもありません^_^;

アメリカのドラマ「ウォーキングデッド」の人気の影響で、ゾンビの仮装は人気になってきました。
即席ゾンビに挑戦するなら、今がチャンスかもしれませんよ?

もちろん、凝った仮装を計画している方にも、血のりというアイテムはオススメです。
リアリティーを追求したい方や、ライバルと差をつけたい方も、より楽しいハロウィンを過ごすために血のりというアイテムをぜひ加えてみてください^_^

血のりの作り方 材料はどうする?

血のりは特殊なアイテムと思われがちですが、実はけっこう簡単に手に入ります。
量や質感にもよりますが、バラエティーショップやドン・キホーテ、ネットの通販で\300~\1.500くらいで売られています。

ただハロウィンの時期にはなると、軒並み売切れになってしまうことが多いのが難点です。
また価格は手軽ですが、内容量が少ないので、ちょっと使うとすぐになくなってしまいます。

リアリティーを出すため血のりを確実に手に入れるか、たくさん使いたい方は手作りしてみましょう!!
以外と簡単で、コストもかかりません!

血のりの材料
  • 片栗粉
  • 食紅(赤)と(緑)

基本の材料はこれだけです。
これらの材料を揃えたら、以下の血のりの作り方を参照していただければ簡単に作れます!

血のりの作り方
  1. お鍋に必要な血のりの量のお水を入れます。
  2. 食紅の赤を投入します。そのままだとただの真っ赤なお水なので、緑を少しずつ入れて、リアルな血液色を作ります。(☆ポイントは緑は本当に少しずつ入れることです!!)
  3. お水で溶いた片栗粉を加え、弱火で加熱します。ちょっとドロっとした、血液!という感じの質感を作ります。

完成!です。簡単ですよね。
基本の作り方をマスターしたら、上級者編にもチャレンジしましょう。

不味くない血のり編

血糊を口から垂らしたい場合は、あまりに不味いと辛くなってきてしまいますよね^_^;
そんな場合はお鍋で体温くらいに温めた蜂蜜(沸騰はさせません^_^;)に直接、赤と緑の食紅を加えます。
色をなじませるのにちょっとコツが入りますが、簡単で安全な血のりができます。

肌にリアルに貼る血のり編

ボンドに赤と緑の食紅を混ぜて、リアルな血の色を作ります。
蜂蜜バージョンと同じく、均一に色を混ぜるのには、ちょっとコツが入ります。

乾くまえに肌に貼り付け、リアルな流血を再現することができます。
ただし、ボンドは本来肌に直接つけるものではありません^_^;

お肌が弱い方や、かぶれやすい方は避けたほうが無難です。

血のりはオススメアイテムですが、たくさん使ってリアリティーを出すとなると、コストが気になってしまいますよね。

でも手作りなら、コストや売切れてしまうリスクを気にすることなく、手軽にゾンビに変身できます。
ぜひ今年こそ、ハロウィンの仮装に挑戦してみてください^_^

血糊のきれいな落とし方 洗濯は可能?

手作りの血糊は、ほとんど食品でできているので、普通のお洗濯で落とすことができます。

気になる場合は、ハロウィンのイベントが終わったらできるだけ早くお洗濯しましょう。
(楽しんで疲れているとは思いますが^_^;)

洗濯機に入れる前に、予洗いしておくと綺麗に落ちるのでオススメです。
血糊の汚れが付いている箇所を水で濡らしたあと、直接石鹸でこすります。
軽くすすいだら、予洗いは終了です。

あとは洗濯機にお任せしましょう。
衣類洗濯用の石鹸なども売られていますので、上手に活用するとスッキリ落とせます。
どうしても心配な場合は、真っ白な服でゾンビに挑戦しないほうが無難かもしれませんね^_^;

肌に付いた血糊も、手作り血糊であれば簡単に落とすことができます。
イベントから帰る前に、ウエットティッシュやクレンジングシートなどで落とせば、電車に乗って帰る事も可能です。

クレンジングオイルを使えば簡単に落ちるので、帰宅をしたら確実にオフしましょう。
ボンド血糊もぬるま湯でふやかしつつゆっくり落とせば、お肌を傷つけずに済みます。

簡単に落とせるところも、血糊ゾンビの仮装のいいところかもしれませんね^_^
意外とハードルが低いじゃん!と感じた方はぜひ挑戦してみて下さい。

まとめ

ハロウィンイベントに行きたいと思いつつ、乗り遅れてしまった方もいらっしゃると思います。
仮装をするのに勇気がいるなーという方も、ゾンビやヴァンパイアは比較的ハードルが低いのではないでしょうか?

今年こそ、楽しいハロウィンパーティーで盛り上がってみてください!

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加