イビサクリームの乳首の黒ずみへの効果とホワイトラグジュアリーとの違い

イビサクリームは乳首の黒ずみにも効果あり?

私は現在、イビサクリームデリケートゾーンの黒ずみ解消目的だけでなく、乳首・乳輪の黒ずみ解消を目的としても使用しています。

元々は、デリケートゾーンの脱毛をきっかけに、デリケートゾーンの黒ずみに対してのみ使用していました。

イビサクリームの<span>生の口コミ</span>!体験して分かった黒ずみへの効果
イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみ解消を目的とした、黒ずみケア用の美白クリームです。最近...

ですが、

  • イビサクリームの販売ページを見ると、全身の黒ずみに使用できるという説明があった
  • 思ったよりも大容量で、定期コースにしてデリケートゾーンだけに使用するとちょっと余ってしまう

という理由から、密かに気になっていた乳首・乳輪にも使用してみたんです。

イビサクリームは全身に使用可能

そうしたところ、デリケートゾーンよりも先に乳首と乳輪の黒ずみに対して、美白効果を実感することができました。

よくよく考えてみると、デリケートゾーンの黒ずみも乳首・乳輪の黒ずみも原因はメラニン色素です。なので、どちらかにメラニン色素が沈着しやすい人はもう片方にも沈着しやすい可能性があるといことですよね。

私自身の経験からも、デリケートゾーン・乳首の黒ずみを同時に解消して、美白なデリケートゾーン&ピンク乳首の両立を目指したい人にはイビサクリームはかなりおすすめです。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム
イビサクリーム公式ページ

ホワイトラグジュアリープレミアムとイビサクリームの違いを比較

実は、乳首・乳輪の黒ずみ解消用のクリームとしては、ホワイトラグジュアリープレミアムというクリームが発売されています。

面白いのが、

  • ホワイトラグジュアリープレミアムは乳首・乳輪の黒ずみ改善をメインに、デリケートゾーンにも使えますよというアピール
  • イビサクリームは、デリケートゾーンの黒ずみ改善をメインに、乳首・乳輪にも使えますよというアピール

というアピールを双方がしている点ですね。

この点だけを切り取ってか、

  • 乳首・乳輪の黒ずみ解消に⇒ホワイトラグジュアリープレミアムがおすすめ
  • デリケートゾーンの黒ずみ解消に⇒イビサクリームがおすすめ

という紹介記事を最近良く見かけるようになりました。

ですが、この二つの商品の

  • 美白成分
  • 肌への刺激
  • ランニングコスト

といった点に関して踏み込んだ解説をしている記事をあまり見かけないので、今回はその点に関して踏み込んでみたいと思います。

ホワイトラグジュアリープレミアムとイビサクリームの美白成分を比較

どちらも数種類の美白成分が配合されていますが、ここではメインの美白成分を比較していきたいと思います。

ホワイトラグジュアリープレミアム
 3種類のビタミンCが主要美白成分 
  • アスコルビン酸Na:角質層まで浸透
  • リン酸アスコルビルMg:基底層まで浸透
  • テトラヘキシルデカン酸アスコルビル:真皮層まで浸透

ホワイトラグジュアリープレミアム3つのビタミンC

このように、3つのビタミンCが時間差で浸透することで、長時間にわたって乳首の黒ずみに作用させることができます。

そして、肝心のビタミンCの美白効果ですが、ビタミンCは肌のターンオーバーの促進をさせたり、抗酸化作用によって活性酸素を減少させ、新たなメラニン色素の沈着を防ぐ効果が期待できます。

つまり、すでにあるメラニン色素への緩やかな対処予防の両方の効果が期待できるというわけです。

ホワイトラグジュアリー

ホワイトラグジュアリープレミアム公式ページ

※ただし、すでにできてしまっているメラニン色素への効果に関しては、これから説明するトラネキサム酸の方が効果は強くなります

イビサクリーム
 トラネキサム酸が主要美白成分 

イビサクリームに配合されているトラネキサム酸は、もともと肝斑の改善治療薬として用いられてきた歴史があります。

※肝斑とは、両頬に沿って現れるシミの一種で、女性ホルモンのバランス変化なども原因の一つと言われています。

トラネキサム酸には、メラニンを作り出す情報をブロックしてメラノサイト(メラニンを作り出す細胞)の働きを阻害する作用があるため、黒ずみの改善作用としては単にターンオーバーを促す以上のものが期待できます

また、トラネキサム酸にはメラニンの生成の制御だけではなく抗炎症作用もあるため、サイズの合わないブラや激しい運動などが原因の摩擦などによる炎症を抑える効果も期待できます。

トラネキサム酸の効果

乳首や乳輪に限らず、黒ずみの原因であるメラニン色素は、摩擦加齢によるホルモンバランスの変化などによって増加しやすいです。

トラネキサム酸ならその二つの原因から生じる黒ずみに、ビタミンCよりも早く作用してくれるということですね。

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム
イビサクリーム公式ページ

ホワイトラグジュアリープレミアムとイビサクリームの肌への刺激を比較

どちらの美白クリームも、非常に肌に対して優しい成分で構成されています。
保湿成分もしっかり配合されていますし、添加物として避けたいパラベンアルコールはどちらにも含まれていません。

2015y10m08d_192131308

強いて言えば、イビサクリームの有効成分であるトラネキサム酸とグリチルリチン酸2Kが肌に合わないという方が、まれにいらっしゃる可能性があります。(と言ってもほとんどの方は問題ないかと思いますが)

イビサクリームには28日間の返金期間があるので、肌への相性は十分に試せるかと思います。

ホワイトラグジュアリープレミアムとイビサクリームの費用を比較

どちらも定期購入した場合の1か月あたりの料金を比較してみたいと思います。

  • ホワイトラグジュアリープレミアム:5,980円(25ml)
  • イビサクリーム:4,970円(35ml)/初回クレジットなら500円オフ・3回目以降は4,473円

こうして比較してみると、イビサクリームの方が1,500円以上もお得に購入することができます。(2回目だけ1,000円差)

しかも、どちらも1か月分ですが、イビサクリームの方が安い上に量が多いです!ホワイトラグジュアリーが25gに対してイビサクリームは35gなので、容量的には実に4割も多いです。実質的な価格差は1,500円よりもずっと大きいということです。

もしかしたら、範囲の広いデリケートゾーンを意識している分、量が多いのかもしれませんね。実際、イビサクリームならデリケートゾーンと乳首・乳輪の両方に使用しても、私の場合は1か月持っています。

一方、ホワイトラグジュアリープレミアムは25mlなので、1本でデリケートゾーンも併用するのは量的に難しいかなという印象です。

どちらも漂白作用のあるクリームではないため、効果を実感するにはある程度の継続使用が必要です。そう考えると、この料金・容量の差は大きいですよね。

まずはイビサクリームを試してみるのがおすすめ

ここまで両者を比較してきましたが、すでに乳首や乳輪の黒ずみに悩んでいて、それを解消したいと思っているのなら、まずはイビサクリームから体験してみるのがおすすめです。

トラネキサム酸の方が美白効果が高いですし、デリケートゾーンと乳首・乳輪の両方に使えるほどの量なうえ、ランニングコストが安く済みます。

イビサクリームが万が一肌に合わない場合も、28日間の返金期間があるので安心です。(28日というは、効果を実感できるか否かを判断する期間というよりもトラネキサム酸&グリチルリチン酸2Kが肌に合うかどうかを判断するための期間と考えるのが妥当だと思います)

ですので、まずはイビサクリームを試してみて、万が一肌に合わなかった場合はホワイトラグジュアリープレミアムに乗り換える、という選択を私はおすすめします。

使用方法は朝晩塗るだけですから、しっかり継続して効果を実感してくださいね!

黒ずみケア専用クリーム 薬用イビサクリーム
イビサクリーム公式ページ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加