日焼け後72時間以内のアフターケアで痛み・赤みの対処とシミの予防を!

日焼け後72時間以内に行うべきアフターケア!肌の痛みや赤みの対処法

日焼け対策が不十分なまま強い日差しを浴びてしまって、その日の夜には日焼けした肌が痛かったり、かゆかったり、赤みを帯びていたり…。ひどい場合だと、水ぶくれになってしまっているケースもあります。(水ぶくれになるほどひどい場合は事故処理をせず、必ず皮膚科に行ってください!)

実はこの症状、火傷と同じなんです!

そう、日焼けは火傷です!紫外線によって肌が炎症を起こしている状態ですので、きちんとした応急処置をする必要があります。

きちんと応急処置をするのとしないのとでは、直後の辛さも時間が経った後の肌へのダメージも、全然変わってきます。

今回は、日焼け後に一番大切な、72時間以内のアフターケア方法についてまとめました。日焼けで炎症を起こしている肌のためにはかなり重要な項目ですので、しっかりとチェックしておいてくださいね!

スポンサードリンク

日焼け後のアフターケアの3原則

まずは日焼け後のアフターケアの3原則を確実に押さえておきましょう。この後に紹介する方法ももちろん大切ですが、この3原則を押さえたうえで行うようにして下さい。

日焼け後の肌をとにかく冷やす!

まずはとにかく冷やしましょう。氷水で冷やした濡れタオルで痛みや火照りが軽減されるまで冷やします。

美白を気にして、日焼け後の肌にいきなり美白化粧品を使いたくなってしまうかもしれませんが、炎症を起こしたお肌に刺激の強い化粧品を使うのは避けた方が無難です。後々のためにも、まずは冷やして炎症を抑えることを最優先にしましょう。

日焼けの後の肌を保湿する!

日焼けしたお肌は水分を失い、正常な働きをするのが困難な状態です。冷やすことで炎症を落ち着かせたら、お肌の回復力を助けるために保湿をしっかりしておくと安心です。水分不足はシワや肌老化の大きな原因になりますから…>_<…

刺激の少ない化粧水でのシートパックや、ビタミンCを豊富に含むローズヒップオイルなどで優しく肌に水分補給をさせてあげましょう。以前紹介した酒粕パックは、冷やすのにも保湿にも効果的でおすすめです。

関連記事酒粕パックの効果の秘密 美白・シミ・ニキビに効果あり?

酒粕パックの効果の秘密 美白・シミ・ニキビに効果あり?
酒粕パックを作るのは面倒。でも効果は欲しい!そんな人にピッタリの化粧品は? 酒粕パックって聞いたことありま...
関連記事酒粕パックの作り方 購入は通販?保存方法は?頻度は毎日?

酒粕パックの作り方 購入は通販?保存方法は?頻度は毎日?
酒粕パックを作るのは面倒。でも効果は欲しい!そんな人にピッタリの化粧品は? 最近話題の酒粕パック。 私自身も...

水分補給をする!

日焼け後は想像以上に体力も消耗していますし、皮膚だけはなく体の中の水分も減少しています。だるかったり、疲労感を感じていたりしていませんか?

日焼けをしたということは長い間日差しを浴びたということですから、気づかないうちに脱水症状に近い状態になっていてもおかしくありません。体のだるさや疲労感を感じている場合は、速やかに水分補給をして失った水分を補いましょう

内側からの水分補給は、肌の保湿を補ってくれる効果もあります。

72時間以内が勝負!日焼け後の肌にメラニン色素を沈着させないための対処法

72時間以内が勝負!日焼け後の肌にメラニン色素を沈着させないための対処法

ここからは、先に紹介した日焼け後のアフターケア3原則に加えて、さらに具体的で効果的なケア方法をご紹介したいと思います。

紫外線を浴びてからメラニン色素が作られて定着するまでには、実は72時間かかることを知っていますか?日焼けをしてしまってから72時間の間にどれだけケアしたかで、後々の肌色・肌質・シミ・しわの程度が変わってきます。

後悔を最小限に抑えるために、72時間以内にできることをしっかりやりましょう!

日焼けして火照った肌をいたわる!外からアフターケア

ローズヒップオイルをローション代わりに
美白化粧品でしっかりケアすることは、日焼け後にとても重要なことです。ローズヒップオイルはビタミンCを豊富に含んでいて、油溶性のビタミンCなのでお肌に負担をかけることなく浸透してくれるありがたいオイルなんです。

化粧水やローションなどに含まれる水溶性のビタミンCは、お肌に浸透させるために界面活性剤などの成分が不可欠なので、日焼け後の肌には刺激が強くなりがち です。もちろんお肌に届けば効果は高いのですが、日焼け後でダメージを受けたお肌への刺激を考えると、できれば避けた方が無難です。

ローズヒップオイルなら、オイルがお肌に馴染む自然な働きとともにビタミンCを届けてくれます。保湿効果が高い点も◎です。


送料無料【トリロジー】トリロジー ローズヒップオイル 45ml

スポンサードリンク

メラニンの生成を食べ物で抑える!内からアフターケア

飲む日焼け止めが手元にあるなら後からでも飲む!
近年注目を集める飲む日焼け止め。本来は日焼け前に飲むのがベストですが、予期せぬ日焼けをしてしまった場合に後から飲んだ場合でも効果的と言われています。

日本製のものもどんどん発売されてきていますので、紫外線の多い季節には手元に置いておきたいアイテムです。

飲む日焼け止めに関しては、こちらの記事を参照してください。

関連記事http://specialdeals.pw/1930.html

飲む日焼け止めの効果は?成分と副作用、飲み方の注意点について
飲む日焼け止めが今、注目を集めています。 これまで、日焼け止めと言えば肌に塗るものが主流で、飲む日焼け止め...
関連記事飲む日焼け止めを比較!国産とヘリオケアはどちらがおすすめ?

飲む日焼け止めを比較!国産とヘリオケアはどちらがおすすめ?
海外セレブの間では紫外線対策として当たり前になっている、飲む日焼け止め。最近では春夏だけでなく、年間を通じて日本...
ビタミンCをはじめとする抗酸化物質
日焼け後の美白にはビタミンC!というのは有名ですね。ですので積極的に摂りましょう。ビタミンCの他にも、ビタミンBβカロチンには抗酸化作用があり、お肌の新陳代謝を促してメラニンの生成を抑えます。

  • レモン
  • アセロラ
  • ブルーベリー
  • カボチャ
  • 人参
  • パプリカ
  • ブロッコリー
  • アボカド
  • ナッツ類

などを72時間以内に特に意識して、たくさん食べるようにしましょう。

トマトジュース
トマトに含まれるリコピンは、強力な抗酸化作用を持っています。中でもメラニン生成をするチロシナーゼという物質の働きを阻害することに強い効果を発揮する栄養素です。

チロシナーゼの働きが阻害されると、メラニンは作れません。ということは、シミの原因である異常なメラニン色素も作られないということになりますよね!

トマトのリコピンは、摂取してからお肌に届くまで7〜8時間かかると言われています。本当は日焼けをする前にトマトを摂取しておくのが一番ですが、72時間以内ならまだ間に合います!!手軽なトマトジュースなら、今すぐ簡単にトマトを摂取できますね^_^

酒粕をフル活用
酒粕パック酒粕ドリンクで内側外側両面から、天然強力美白成分を摂りこみましょう

「保湿」の項目でも紹介しましたが、酒粕パックは日焼け後のアフターケアにかなり最適です。さらに、酒粕をドリンクにして体の中から摂取するともっ と万全です!酒粕ドリンクは朝イチなどの番組内でも取り上げられたことがあり、美容賢者と呼ばれる人達の愛飲ドリンクにもなっています。

スムージーを作る時に酒粕を加えたり、ヨーグルトと混ぜてスイーツとして食べるのも食べやすくてオススメです。

酒粕の美白効果満載の栄養素、成分についてはこちらのページで詳しく解説しています!

関連記事酒粕パックの効果の秘密 美白・シミ・ニキビに効果あり?

酒粕パックの効果の秘密 美白・シミ・ニキビに効果あり?
酒粕パックを作るのは面倒。でも効果は欲しい!そんな人にピッタリの化粧品は? 酒粕パックって聞いたことありま...
呑むなら日本酒!
日焼け後は体力も消耗してるし、内臓も疲れているから飲酒はオススメできないのですが、もし飲むなら日本酒が最適です。 酒粕は日本酒を絞った後の「残りかす」なわけですから、日本酒にも酒粕の有効な栄養素はそのまま含まれているということですよね。

その際は純米酒を選ぶようにしましょう。余計なアルコールが足されていなくて、より効果的です。

不安な場合は皮膚科や美容皮膚科で日焼け治療を!

ここまでは、自分で出来る日焼け後72時間以内のアフターケアについてまとめてきましたが、アフターケアをより万全にするためには、医療機関で日焼けの治療を受けた方が安心です。

日焼け直後の炎症を抑えるだけならば皮膚科を、光老化の予防まで視野に入れる場合は美容皮膚科を、それぞれ受診すると安心です。

治療を受ける場合も、やはり効果が高いのは日焼け後72時間以内になります。

品川スキンクリニック日焼け後ケア
⇒品川スキンクリニックの日焼け後ケア

※日焼けの治療については、こちらの記事で詳しく掘り下げています。

関連記事日焼け治療は3日以内に皮膚科で!通院が必要な症状は?

日焼け治療は3日以内に皮膚科で!通院が必要な症状は?
今日はそんなに外に出ないから、軽めのUVケアでいいや。そう思って出かけたのに、予定外に紫外線を浴びてしまったとい...

72時間を過ぎてしまったら

日焼けをしてから72時間を経過してしまったからと言って、何らかのケアをする意味が無くなるわけではありません。

特に光老化に対する備えとしては72時間経過後もしっかりとしたケアをすることが大切で、ここまで紹介した応急処置に加えてその後のケアをしっかりと行うことが、日焼けによるシミ・しわ・たるみの予防のために重要になってきます。

紫外線によって出来てしまったシミ・しわ・たるみを改善するのは大変なので、そこに至る前に光老化対策に対応したジェルやクリームを使ってケアをしていくのがベターです。

有名どころだと、エンビロンのビタミンAクリームなどですね。

ビタミンAは美容皮膚科などでもエイジングケア用のクリームとして使われる成分で、種類によっては刺激が強く、処方してもらわないと使えないものもあります。(下に行くほど刺激が強いです)

  • パルミチン酸レチノール
  • プロピオン酸レチノール
  • 酢酸レチノール
  • レチナール
  • レチノール
  • レチイン酸

このうち、エンビロンにはパルミチン酸レチノールを主成分としたラインナップもあるのですが、さらに刺激が弱まったプロビタミンA(βカロテンのことで、肌の中でビタミンAに変わる)を配合したスタートセットというものが存在します。

ビタミンAによる光老化ケアが初めてという方には刺激も弱くぴったりだと思いますので、日焼け直後の応急処置と合わせて利用されると良いと思います。

光老化ダメージをケアする
モイスチャースタートセット公式HP

まとめ

今回は、日焼け後72時間以内に行いたい応急処置としてのアフターケアを中心にご紹介しました。予期せぬ日焼けはいつしてしまうかわかりませんので、ローズヒップオイルなどは春から秋にかけて常備しておくと安心ですね。

日焼けをしないための予防法や、応急処置とは別の日焼けした肌の美白方法シミのケア方法などについては、別の記事でまとめていきたいと思います!

最後に、日焼け直後のアフターケアを終えたら、お肌だけでなく体全体の回復力のためにも睡眠をしっかり取りましょう。お肌は寝ている間に作られわけですから、しっかり眠った方が肌の回復にも美白美肌に効果がありますよ^_^

【日焼け後の応急処置の関連記事です】

関連記事日焼け後に使える市販の薬まとめ

日焼け後の炎症に効く薬 オロナインは有効?飲み薬はある?
予期せぬ日焼けをしてしまった場合は、可能な限り72時間以内(3日以内)のアフターケアを行うことが大切です。 ...
関連記事日焼け治療を皮膚科で受ける重要性とは?

日焼け治療は3日以内に皮膚科で!通院が必要な症状は?
今日はそんなに外に出ないから、軽めのUVケアでいいや。そう思って出かけたのに、予定外に紫外線を浴びてしまったとい...

【予防からシミケアまで!紫外線対策まとめてます】

関連記事丸ごと分かる紫外線対策!日焼け前後のケアから美白・シミの除去まで

丸ごと分かる紫外線対策!日焼け前後のケアから美白・シミの除去まで
紫外線を無防備に浴びてしまうと、日焼け直後の炎症の症状でつらい思いをしなければならないのはもちろん、時間が経過し...
スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加