【2017年版】東京のナイトプール8選!料金・期間・時間をチェック!

ナイトプールは、

  • 日焼けの心配がない
  • ライトアップでムードが最高
  • ホテルのプールは高級感がある

ということで、ここ数年夏のデートや女子会の定番になりつつありますよね^^

実はまだナイトプール未経験な私ですが、この夏こそはデビューするべく、都内のホテルやテーマパークのナイトプール情報を集めてみました。

夜のプールということもあってか、意外と開催期間は短めです。乗り遅れてしまわないように、しっかりと各ナイトプールの料金や営業期間、営業時間といった基本情報を押さえておきましょう!

スポンサードリンク

東京都内のホテルで開催されるナイトプール情報

高級感とムードがあふれるホテルのプール。「ナイトプールと言えばホテルのプール」といったイメージを持っている方は多いと思います。

まずは、定番のホテルのナイトプール情報をまとめました。(※今回はビジター利用可のホテル情報のみまとめています)

品川プリンスホテル

品川プリンスホテルナイトプールの特徴 CanCamとコラボ(2016年時)。

ローソンチケットにて予約販売。

ナイトプールは18歳以上のみ入場可。

バスタオル、ロッカーの利用料金が、入場料に含まれる。

料金(平日) 男性:4,200円
女性:4,200円
料金(土日祝) 男性:6,000円
女性:ローソンチケット特別料金4,200円(通常6,000円)
営業期間 7月中旬~9月中旬
営業時間 18:00~21:00(20:30最終入場)


ホテルニューオータニ

ホテルニューオータニナイトプールの特徴 DJによる演奏あり。

会員割引あり。

バスタオル、バスローブ、ロッカー使用料が、入場料に含まれる。

料金(平日・祝日) 大人:8,000円
子供:8,000円
料金(8/11~15) 大人:10,000円
子供:10,000円
営業期間 7月21日(金)~9月17日(日)
日曜は休みだが8/13(日)、9/17(日)は営業
営業時間 18:00~22:00(21:00最終入場)


京王プラザホテル

京王プラザホテルナイトプールの特徴 都内のホテルプールとしては格安。

17時以降さらに割引価格あり(2017年は未確認)。

バスタオル・デッキチェアー・遊具・ビーチサンダル・シャンプー・ボディソープ・ドライヤー使用料が、入場料に含まれる。

料金(平日15時以降) 大人:3,000円
子供:1,500円
料金(土日祝15時以降) 大人:4,000円
子供:2,000円
営業期間 6月24日(土)~9月10日(日)
営業時間 9:00~20:00(19:30最終入場)


ANAインターコンチネンタル東京

ANAインターコンチネンタル東京ナイトプールの特徴 営業期間がかなり長い。

混雑時は宿泊客優先のため入場制限の可能性あり。

バスタオル・シャンプー・リンス・ボディーソープ・ドライヤー・ヘアリキッド・化粧水・乳液・コットンパフ・ティッシュ・綿棒・ビーチサンダル使用料が、入場料に含まれる。

料金(平日) 7,000円(18時以降5,000円)
料金(土日祝) 14,000円(8/7~10、8/14~16も同料金)
営業期間 6月24日(土)~9月30日(土)
営業時間 6月24日(土)~7月21日(金)8:00~20:00(19:30最終入場)
7月22日(土)~9月30日(土)7:00~22:00(21:30最終入場)


東京ドームホテル

東京ドームホテルナイトプールの特徴 20時半までの営業は限られた日程のみ。

その期間の17時以降の料金は格安。

タオル、浮き輪、ビート板使用料が、入場料に含まれる。

料金(14時以降入場) 3,240円
料金(17時以降入場) 1,890円
営業期間 8月の土・日、8月11日(金)~16日(水)のみ20:30まで営業
営業時間 10:00~20:30(20:00最終入場)

スポンサードリンク

東京都内のテーマパークで開催されるナイトプール情報

ホテルのナイトプールとはまた違った魅力を持っているのが、テーマパークのナイトプールです。

都心からはやや離れた立地になりますが、その分プールの広さと開放感を満喫できます。

テーマパークによっては、プールの後にアトラクションを楽しんだりといったことも可能です!

西武園

西武園ナイトプールの特徴 ライトアップされた波のプールが楽しめる。

ナイトプールエリアは波のプールのみ。

中学生以下は17時以降、保護者の同伴が必要。

料金(プール入園+遊園地入園) 大人(中学生以上):2,000円
シニア(60歳以上):1,000円
子供(3歳~小学生):1,000円
料金(プール入場+ゆうえんち入園+アトラクション15 機種乗り放題) 大人(中学生以上):2,500円
シニア(60歳以上):1,300円
子供(3歳~小学生):1,300円
営業期間 プール営業期間のうち22日間(2016年)
営業時間 9:00~21:00(ナイトプール実施日の場合)


よみうりランド

よみうりランドナイトプールの特徴 夜プールビアガーデンとして開催。

プールエリアだけの利用も可能。

日替わりでショーイベントが開催される。

基本的に土日祝、お盆期間のみの開催。

料金(プール利用のみ) 1,000円
料金(飲み放題・食べ放題のビアガーデン利用) 男性:4,200円+入場料500円
女性:3,500円+入場料500円
子供:2,500円+入場料500円
営業期間 7月15日(土)~9月3日(日)の土日祝
8月10日・14日~16日・18日
営業時間 18:00~20:00(プール利用時間)


サマーランド

サマーランドナイトプールの特徴 夜プールビアガーデンとして開催。

夜の流れるプールが楽しめる。

プールの利用は19時半までだが、ライトアップされたプールを見ながらのアトラクションも楽しめる。

料金(15時以降入園券のみ) 大人(中学生以上60歳まで):2,600円
小学生:1,600円
幼児・シニア:1,600円
料金(15時以降フリーパス券) 大人(中学生以上60歳まで):3,600円
小学生:2,100円
幼児・シニア:2,000円
営業期間 ①7月16日(日)以降の土日
②8月1日(火)~8月31日(木)までの全日
営業時間 ①9:00~20:00(プール利用は19時まで)
②9:00~21:00(プール利用は19時半まで)

まとめ

この夏行きたいナイトプールは見つかりましたか?^^

私も実際に何か所か行ってみて、その様子は別記事にアップしていきたいと思います!

この記事を読んだ方は以下の記事も見ています

プールで日焼け止めは禁止?おすすめと効果的な塗り方、学校の場合

水着の季節に!デリケートゾーンの黒ずみ解消には市販のクリーム?皮膚科?

浴衣の履物は下駄?草履?サンダルはOK?鼻緒が痛い時の対処は?

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加