アトピーではないのに顔がガサガサ乾燥してしまう意外な原因

顔の肌がガサガサ、カサカサしてしまうことに悩んでいませんか?

アトピーでもないのに肌が皮むけしてしまったり、粉がふいてしまったりする原因はどこにあるのでしょうか?

こういった状態が続くと皮膚が固くなって、キメも整わず荒い感じになってしまいます。

今回は、そんなガサガサ肌の原因と、解消するための対処法についてまとめています。

1.顔がガサガサしてしまう3つの原因
1-1.アトピー
1-2.乾燥
1-3.角質肥厚

2.乾燥と角質肥厚を引き起こす肌摩擦とは?
2-1.スキンケアで顔をこする場面はこんなに多い!

3.ガサガサ肌を解消!シンプルスキンケア実現のためのアイテム
3-1.泡洗顔を心がける
3-2.肌をこする回数が少ないオールインワンジェルを利用

スポンサードリンク

顔がガサガサしてしまう3つの原因

顔がガサガサしてしまうと、場合によってはかゆみを伴ったり、炎症を起こして赤みを帯びてしまうこともあります。

外部からの刺激に弱い敏感肌だと、特に頻繁に起こりやすいこの症状。大きく分けると以下の3つが原因と言われています。

  • アトピー
  • 乾燥
  • 角質肥厚

それぞれ詳しく見ていきましょう。

アトピー

アトピー性皮膚炎の症状は、かゆみを伴う湿疹です。

体質的にバリア機能が低下しやすかったり、特定の物質に対してアレルギーを持っていたり、アレルギーは持っていなくても外部からの刺激に弱かったりすると起こりやすいのがアトピー性皮膚炎の特徴です。

とにかく「かゆい」ため、

  • その部分をかいてしまう⇒炎症が悪化する⇒さらにかゆくなる

といった悪循環に陥りやすいのもアトピーの辛いところですよね。

重度のアトピー性皮膚炎の場合は、正しいスキンケアをしながら薬による治療をおすすめします。まずは一度、医療機関を受診してみてください。

乾燥

アトピーではなくても、顔の皮膚が乾燥しすぎると肌はガサガサになります。

肌の乾燥は

  • 皮膚の細胞間に存在するセラミドの減少
  • アミノ酸などの天然保湿因子の減少
  • 肌の保護膜となる皮脂の減少

といったことが原因で起こります。

これらの成分が不足することで、皮膚の細胞内に水分をとどめておくことが出来なくなってしまうわけですね。

乾燥肌になると刺激に敏感になるため、かゆみを伴ったり炎症を起こしてしまう場合もあります。

また、ターンオーバーが乱れて角質の形成がうまくできなくなると、白い粉をふいたり皮むけが起きたりもします。

このように、乾燥肌と敏感肌はかなり近い関係にあります。

角質肥厚

角質肥厚とは、肌がガサガサと厚くなってしまっている状態のことです。

肌のターンオーバーが正常であれば、古くなった角質は自然と剥がれ落ち新しい細胞に入れ替わりますが、何らかの原因でこの肌サイクルが乱れ、古い角質が残ってしまうと角質肥厚につながってしまいます。

ホルモンバランスの乱れなどによる体の内側からの原因でターンオーバーが乱れることもありますし、外部からの刺激から肌を守ろうとする防衛反応の一種として肌を厚くするケースもあります。

角質肥厚が続くと毛穴がふさがってしまうため、ニキビ毛穴の黒ずみといったトラブルにもつながりますし、外部からの刺激が原因の場合は同じく防衛反応の一種としてメラニン色素の沈着(シミの原因)も起こります。

スポンサードリンク

乾燥と角質肥厚を引き起こす肌摩擦とは?

アトピー性皮膚炎は体質的な要因が大きいですが、乾燥と角質肥厚に関しては普段のスキンケアが原因で引き起こされている可能性が強いです。

普段のスキンケアで肌をこする場面は意外と多く、それが刺激となって乾燥や角質肥厚を招いてしまうからです。

いわゆる肌摩擦が起こると、皮脂と水分が奪われるため肌が乾燥しやすくなりますし、摩擦という刺激から皮膚を守ろうとして角質が厚くなります。

顔がガサガサしてしまうからと入念なスキンケアを行うと、こする回数が増えてさらに肌摩擦を引き起こし、より一層状態を悪化してしまうという悪循環に入ってしまうので要注意です。

スキンケアで顔をこする場面はこんなに多い!

実はこの肌摩擦が起こるシーンは、普段のスキンケアの中にたくさんあります。

いつも何気なく行っている以下の行為を、ぜひ一度見直してみてください。

洗顔ブラシや洗顔パフ

毛穴の奥までスッキリ落とせるという洗顔ブラシは、肌にとって大きな刺激になります。シルクでできた洗顔パフも同様です。

また、これらのアイテムを使用しなくても手で顔をこするように洗うのも当然NG。

理想は低刺激な成分が配合された洗顔料を使った泡洗顔です。それだけで十分汚れは落ちます。

顔を拭くタオル

注意深く洗顔を行っても、タオルでゴシゴシこすっては意味がありません。

柔らかいタオルを顔に軽く押し当てる感じで水気を取りましょう。

化粧水ケア時のコットン

スキンケアをする時に、化粧水をコットンに含ませて使用するのも肌摩擦の原因になります。

コットンでこすってしまうのはもちろんNGですが、パッティングをするだけも肌にとっては大きな刺激です。

スキンケアは手で行い、なるべくコットンを使用しないようにしましょう。

また、メイク落としの際の拭き取りも肌摩擦の原因になるので要注意です。

メイク時のパフやフェイスブラシ

メイク時にアイテムを使用する際も、肌摩擦のことは頭に入れておきましょう。

パフを使用する際は押さえつけたままこすらない、フェイスブラシはなるべく毛足が長くて柔らかいものを選んで軽いタッチで使用するといった、注意が必要です。

特に目の周りは肌が薄く敏感なので、メイク時になるべく圧力をかけないように意識しましょう。

ガサガサ肌を解消!シンプルスキンケア実現のためのアイテム

ここまで見てきたように、ガサガサ肌の原因である乾燥や角質肥厚を防ぐためには、スキンケア時における肌摩擦をなるべく防ぐことが大切です。

そのための対処法や、使えるアイテムについてまとめていきたいと思います。

泡洗顔を心がける

洗顔時に手で顔をこするのを防ぐため、泡洗顔を心掛けましょう。

最初から泡タイプのものを選ぶよりも、固形タイプを泡立てネットでしっかりと泡立てた方がきめ細かい泡が作れるため、肌にも優しいです。

コスパも良いので、一手間かかりますが固形タイプのものを泡立てるようにするのがおすすめです。

洗顔時のお湯の温度は熱すぎないこと!

せっかく泡洗顔をするなら、すすぎの際のお湯の温度にも注意が必要です。

熱すぎる温度だと、皮膚の水分と油分がごっそり取り除かれてしまうため、乾燥につながってしまうからです。

洗顔時の温度は、ぬるま湯がベストです。

肌をこする回数が少ないオールインワンジェルを利用

バナー原稿imp
洗顔後のスキンケアでは、コットンを使わないことはもちろん、手による肌摩擦の回数軽減のためにオールインワンジェルをうまく利用しましょう。

オールインワンジェルの中には敏感肌向けに作られた低刺激のものも発売されていますので、肌のバリア機能を回復させながら必要最低限のスキンケアを行うアイテムとして最適です。

中でもメディプラスゲルは、肌摩擦の弊害をしっかりとコンセプトに反映させた作りになっています。

※実際に使った感想は、こちらの記事でまとめています。

関連記事メディプラスゲルを使った口コミ!夏の日焼けと冬の乾燥への効果は?

<span>メディプラスゲル</span>を使った口コミ!夏の日焼けと冬の乾燥への効果は?
コスパの良いオールインワン化粧品として評判の、メディプラスゲルを取り寄せて試してみました。 試してみようと...

オールインワンジェルとしては非常にコスパが良い商品なので、シンプルスキンケアの発想にもピッタリの商品です。

公式メディプラスゲル公式HP

まとめ

肌のコンディションが整わない原因は、意外と過剰なスキンケアにあったりします。

肌に良かれと思って行ったことが、かえって悪い結果を招くなんてとても悲しいですよね。

「過剰なスキンケア=肌への刺激=顔がガサガサしてしまう原因の一つ」と考え、肌への刺激を最小限に抑えたシンプルスキンケアを意識しましょう。

肌にもお財布にも優しくておすすめです^^

スポンサードリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加