ブリアン歯磨き粉は子供の虫歯予防とお母さんのストレス解消に効果大

ブリアン歯磨き粉は子供の虫歯予防とお母さんのストレス解消に効果大

子供の虫歯を放置してしまうと、永久歯の歯並びが悪くなったり、虫歯菌が増えることで永久歯も虫歯になりやすかったりと、良いことは1つもありません。乳歯だから虫歯になってもいいやと思うのは、大きな間違いです。

最近はそのことをご存知のお母さんも多くなってきた様で、子供の歯が虫歯にならない様に様々な工夫をされています。

ですが、

  • 子供が歯磨きを嫌がる
  • 子供が甘いものが大好きなので心配
  • 普段は甘いものを食べさせていないけど、お友達の家で甘いおやつを沢山食べている
  • 同じ箸を使わない、口移しをしない様に気を付けているが、義理の親にそのことを言いにくい
  • シーラントやフッ素では子供の虫歯を防ぎきれないのではないか?と不安

という感じで、子供の虫歯に関してストレスを抱えてしまっているお母さんも多くいらっしゃいます。私自身には子供はいないのですが、結婚してママとなっている友人達と話すと、みんな本当に悩んでいますね。

特に、割と意識を高く持って子育てをされている友人ほど、子供を虫歯にさせまいというプレッシャーが自分自身のストレスにもつながっている様な印象を受けます。

実は、そういった悩みを解決してくれるものの1つが、虫歯菌そのものを除去する働きを持った子供用歯磨き粉ブリアンなんです。

虫歯菌除去【ブリアン】公式HP

ブリアン歯磨き粉に含まれるBLIS M18が子供の口の中の虫歯菌を除去

ブリアン歯磨き粉が子供の虫歯予防に効果的な理由は、配合されているBLIS M18という成分にあります。

BLIS M18という成分は善玉菌の一種なのですが、このBLIS M18が口の中に居着いている虫歯菌(ミュータンス菌)を減らしてくれます

BLIS M18

そもそも虫歯になるメカニズムは、虫歯菌(ミュータンス菌)が出す酸によって歯の成分であるカルシウムやリンを溶かしてしまうというものですから、虫歯菌が減れば減るだけ虫歯になるリスクも減るというわけですね。

通常の歯磨き粉には虫歯菌を減らす成分は含まれていないので、子供の虫歯の原因に対して根本からアプローチしたい場合は、BLIS M18を含んだブリアン歯磨き粉を利用する必要があります

もちろん、BLIS M18は虫歯菌そのものだけでなく、虫歯菌の餌となる歯垢も取り除いてくれます。

歯磨き嫌いな子供も喜ぶイチゴ味

大人であれば、「なるほど、そんなに虫歯予防に良い成分が入っているなら使ってみようかな」と頭で理解が出来ますが、子供の場合はそうもいきません。

そもそも歯磨きが嫌いな子の場合は、成分うんぬんの前に歯磨きをする習慣を身に付けさせる必要がありますよね。

その点を考慮して、ブリアン歯磨き粉はイチゴ味を採用しています。そして、このイチゴ味、本当に美味しいんです。

私は子供の頃から虫歯になりやすく、大人になっても歯の定期健診でしょっちゅう初期虫歯を指摘されるため、BLIS M18に惹かれて密かに?ブリアン歯磨き粉を愛用しているのですが、「この味なら子供が癖になるのも分かるな」という感じがします。

ブリアン歯磨き粉に対する口コミや評判

虫歯菌そのものを減らすというコンセプトが魅力のブリアン歯磨き粉ですが、実際にお子さんに使用している方達の口コミはどうでしょうか?

ネット上の口コミをまとめてみました。

ブリアン歯磨き粉のイチゴ味について
  • 子供が歯磨きを嫌がらなくなった
  • 嫌がっていた歯磨きの時間も喜んでくれるようになった
  • ブリアンにしてから自ら歯磨きをするようになった
  • ちゅぱちゅぱ舐めすぎて心配になる
ブリアン歯磨き粉の効果について
  • 少し白くなっていた1歳半の子供の歯が改善された気がする
  • 使い始めて1か月で子供の口臭が気にならなくなった
  • 使い始めて数日で史跡や茶渋が取れた
  • 8か月使用しているが、晩のみの使用でそれまでできていた虫歯ができなくなった
  • 歯がツルツルになって歯垢がつきにくくなった
ブリアンの成分について
  • フッ素や他の添加物で気になる成分が入っていない点が安心できる
ブリアン歯磨き粉の使い勝手について
  • 吐き出さなくていいので1歳半の子供にも使える
  • 必要な量だけをお皿に出して使える
  • 粉状なので、親が歯ブラシにブリアンをつけてあげなければならない
  • 分包されるようになったので、以前の様に固まってしまうことが無くなった
ブリアン歯磨き粉の値段について
  • 良い商品だが値段が張るのがネック
  • 値段は高いが、泣きながら治療を受ける子供を見なくて済むなら安い

ネット上の口コミ・評価としては、かなり好意的なものが多いです。

特に、イチゴ味に関しては非常に好評で、それまで歯磨きを嫌がって暴れていたお子さんが自分から歯磨きをするようになったという口コミをいくつも目にしました。

効果に関しては、これから使い続けた結果が楽しみですという口コミが多かったのですが、長期継続された方の中には定期検診で虫歯ゼロになったという方も。

ただ、やはりネックは値段のようで、皆さんあともう少し安ければ…というが本音のようですね。高いけれども、子供の将来のことを考えて購入しているという方がほとんどという印象を受けました。

ちなみに、大人が使っても効果があります

先ほど、私自身も自分の歯にブリアン歯磨き粉を使用していることに触れましたが、ブリアンは大人が使用しても効果を実感できます。

私がブリアン歯磨き粉を使用して感じたことや、どのように使用しているのかという点についてはこちらの記事にまとめていますので、よろしければご覧になってください。

関連記事虫歯菌除去歯磨き粉ブリアンは大人にも効果あり?使用した口コミ情報

虫歯菌除去歯磨き粉ブリアンは<span>大人</span>にも効果あり?使用した口コミ情報
虫歯の原因である虫歯菌(ミュータンス菌)を減らす効果が期待できるとして、小さいお子さんを持つママ...

これまで年に1度のタイミングで歯石除去をお願いしに行くと必ず指摘されていた初期虫歯が、今は指摘されなくなりました。

それどころか、歯石自体がそれほどたまっていないですよと言われるように。夜の歯磨き粉をブリアンに変えただけですが、「かなり丁寧に歯磨きをしてらっしゃいますね」と言ってもらえています。

こうやって歯医者さん(歯科衛生士さん)に指摘してもらうと、ブリアンて大人の虫歯予防にもかなり効果を発揮してくれてるんだなということを実感できますよね。

ブリアンは歯磨き粉としては確かに高いんですが、虫歯が無くなれば虫歯の治療もしなくてよくなるわけですから、結果的にお金の節約になるんじゃないかな?とも感じます。

昔から虫歯が絶えないという方は、お子さんと一緒にブリアン歯磨き粉を始めてみてはいかがでしょうか?

虫歯菌除去【ブリアン】公式HP

ブリアン歯磨き粉にはデメリットや欠点はないのか?

ここまで、ブリアン歯磨き粉の魅力や口コミについてまとめてきましたが、どんな商品にもデメリットや欠点はつきものです。ブリアンも例外ではないため、購入前に知っておきたいデメリットや欠点についてもまとめておきたいと思います。

粉状なので慣れるまで使いにくい

まず、形状です。通常の歯磨き粉はチューブ状で、使用する分だけ出して使えるためとても使い勝手が良いですよね。

それに対して、ブリアンは粉状の歯磨き粉です。使用する分だけを手のひらやお皿に出して、少しだけ濡らした歯ブラシを粉に付けてから磨いていくので、どうしても一手間かかってしまいます。

ブリアンは粉状歯磨き粉

ブリアンは分包タイプなので粉が固まってしまうということはないのですが、1袋で3回分くらいは使えるので、残った粉がこぼれない様に、また湿気らない様にしっかりと保存しておく必要もあります。

余ったブリアンはクリップで

殺菌剤や発泡剤が入っている製品が使えなくなる

最初から歯磨きにブリアンだけを使用する場合は問題はないのですが、

  • 仕上げ磨きだけにブリアンを使いたい
  • 歯磨きの後にフッ素ジェルを使いたい

といった希望を持っている場合は注意が必要です。

なぜなら、ブリアン歯磨き粉の主成分であるBLIS M18は熱や殺菌剤に非常に弱い菌のため、殺菌剤や発泡剤、界面活性剤が含まれている歯磨き粉やジェル、うがい薬を使用すると、BLIS M18が死滅してしまうからです。

かと言って、通常の歯磨き粉やフッ素ジェル、うがい薬で殺菌剤・発泡剤・界面活性剤の全てが入っていないものを探すのはとても困難です。

ですので、ブリアン歯磨き粉を使用する時はブリアン歯磨き粉だけを使用するという結論になります。朝・昼・晩の3回ともブリアンだとコスト的にも手間的にも難しいという場合は、夜だけブリアン歯磨き粉を使用するタイミングとしてもOKです。

歯磨き粉としては値段が高い

多くの口コミにもあったように、ブリアン歯磨き粉の最大のネックは価格の問題だと思います。

  • 定価:7,800円(税抜)
  • 定期:3,919円(税抜・初回)
  • 定期:4,980円(税抜・2回目)
  • 定期:4,480円(税抜・3回目以降)
  • 定期縛り:最低2回

1箱あたりの価格なので、使用する量や頻度によって1~3か月分に変動しますが、普通に「歯磨き粉」として考えれば確かに高額ですよね^^;

確かにブリアンて高いです…。が、工夫すればコストは抑えられます

デメリットの項目でも取り上げましたが、普通に「歯磨き粉」として考えると、ブリアンは非常に高額です。ですが、使い方を工夫することである程度のコストは抑えられます。

通常の推奨使用量は、1日当たり1袋なのですが、

  • 夜だけブリアン歯磨き粉にする
  • 1回の使用量を1袋の1/3程度にする

こうすることで、1箱で3か月ほど使用することが可能です。1箱で3か月なら、1か月あたりの料金は先ほどの価格の1/3になるわけですから、比較的継続しやすい出費で収まりますよね。

私自身このような使い方をしていますし、口コミを読んでも同じような使い方をしている方が大勢いらっしゃいます。(ただし、絶対に虫歯にしたくないという強い思いがあるなら、推奨量である1日1袋は守った方が良いと思います。)

また、値段のことを検討する際に考えなければいけないのが、そもそも虫歯になって歯医者さんに行くようになったら、治療費も時間もかかってしまうということです。

それに、歯医者さんで虫歯の治療をしても、虫歯の場所を削るだけで虫歯菌そのものが減るわけではありませんから、根本を絶たない限り何回も虫歯になってしまいます。そうなると、何よりお子さんが辛い思いをしてしまうことになりますよね。

値段面でブリアンを迷っている方は、

  • ブリアン歯磨き粉を購入する費用
  • 将来お子さんが虫歯になって治療にかかる費用や時間

の2つを天秤にかけてみると、また違った見方が出来るのではないかなと思います。

普段の生活で虫歯菌をシャットアウトするのはほぼ不可能

理想を言えば、普段の生活の中で虫歯菌をシャットアウトできるのが一番ですよね。

箸を共有しない、大人の食べかけを食べさせない、などなど、気を付けるポイントは沢山ありますが、保育園や学校に行けば共有の食器が給食に使われますし、実家に帰れば祖父母のお菓子攻撃などもあるかもしれません^^;

現実的に考えて、120℃で5分以上熱を加えなければ死滅しない虫歯菌を100%シャットアウトし続ける事は不可能です。

ここにこだわりすぎて、「いかにお子さんのお口の中に虫歯菌を入れないか」ということに執着しすぎると、お母さんのストレスって尽きることがないと思います。

であれば、「虫歯菌はもらってくるもの」と割り切って、どれだけお子さんの口の中の虫歯菌を減らせるかという部分に視点を切り替えた方が精神的に絶対楽になれると思いませんか?

小さな子供を持つ私の友人も、ブリアン歯磨き粉を使用することで「自分の子供が虫歯菌に感染しちゃっているかも」という絶望的な気持ちから解放されたと言っていました。

それを聞いた時、ブリアン歯磨き粉ってお子さんの口の中の虫歯菌だけでなく、お母さんのストレスも減らしてくれる商品なんだなって感じました^^

もし、あなたが今、以前の私の友人と同じようなストレスを抱えているのであれば、ブリアン歯磨き粉を一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

虫歯菌除去【ブリアン】公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加