ヒアロディープパッチの効果を口コミ!マイクロニードルで乾燥小じわが改善!?

ヒアロディープパッチの乾燥小じわ改善効果とマイクロニードルについて

肌が乾燥して水分が無くなると、小じわが目立つようになります。

ほうれい線などの深いしわを改善するには真皮層のコラーゲンやエラスチンの再生を働きかける必要があるため、化粧品による改善を見込むのは正直難しいです。

ですが、小じわに関しては肌の一番外側である角質層の乾燥を克服することで、かなり改善することが可能です。

従来の乾燥対策は、大きく分けて

  • 角質層の上にオイルなどの保湿成分でふたをする
  • バリア機能をこじ開けて保湿成分を肌の中に強引に浸透させる

のどちらかでした。

ところが、そこに新しい概念を持った乾燥小じわケア商品・ヒアロディープパッチが発売されたんです。

ヒアロディープパッチの新しいところは、ヒアルロン酸で出来たマイクロニードルを角質層の奥にまで打ち込み、その状態で成分が溶けるのを待つことで物理的に保湿成分を角質層の奥まで届けてしまうという点です。

単に角質層の上にふたをするだけでなく、界面活性剤によってバリア機能を破壊する強引な浸透でもない点が、とても新しいですよね。

私は鍼灸師なので、顔に鍼を打つ美容鍼などの施術も普段行っています。ですのでマイクロニードルの針で乾燥小じわ対策!という概念には驚きと共にものすごい興味を持ちました。

早速発注をして、現在取り寄せてみました!実際に使用してどんな効果を実感できたか、生の口コミを報告していきたいと思います。

1.実際に使用した生口コミ!ヒアロディープパッチの小じわ乾燥効果は?
1-1.ヒアロディープパッチを貼る時の注意
1-2.ヒアロディープパッチを使用して感じた翌朝の効果
1-3.ヒアロディープパッチの使用感は?痛みはある?
1-4.ヒアロディープパッチの形状と針の長さ

2.マイクロニードルってそもそも何?
2-1.実はすでにヒアルロン酸の溶解型マイクロニードルは発売されていた!

3.従来の乾燥対策・保湿商品との違い
3-1.バリア機能をこじ開けて保湿成分を角質層に浸透させる
3-2.浸透させず、肌の上にふたをする
3-3.ヒアロディープパッチはバリア機能を弱めずにヒアルロン酸の浸透が可能

4.ヒアロディープパッチは週1度のスペシャルケアとして

ヒアロディープパッチ

ヒアロディープパッチの使用感を生口コミ

ヒアロディープパッチは発売されてまだ間もないので、ネット上の口コミもまだまだ少ないです。ですので、実際に使用して実感したことなどをレポートしていきたいと思います。

私は皮膚が薄く、敏感肌の肌質なので、そういったタイプであっても使用して問題ないかという点も合せて触れていきたいと思います。

ヒアロディープパッチを貼る時の注意

ヒアロディープパッチを貼ってみた

ヒアロディープパッチを実際に貼ったところの写真です。

今回のポイントは乾燥による小じわ対策なので、しっかりと目じりの部分までカバーできるように貼ることが重要です。

同封されている説明書のイラストだとかなり鼻に近い部分から貼っているのですが、それだと実際のパッチの長さ的に目じりの部分までカバーできません。

HPに載っている写真を参考にした方が貼りやすいなと感じました。なので、この点はちょっと注意ですね。

ヒアロディープパッチを使用して感じた翌朝の効果

ヒアロディープパッチは、夜寝ている間にヒアルロン酸の針が溶けるので、朝起きた時が一番効果を実感しやすいです。

私が1晩使用してみて実感したのは、以下の2つのポイントです。

剥がした時の第一印象として貼っていた部分の肌が明るい!
肌には、潤っている時は明るく見えて、乾燥しているとくすんで見えるといった特徴があります。肌の水分量による変化なので、日々お手入れしていると何となく実感できることですよね。

ヒアロディープパッチを1回使ったからといって小じわがすぐに解消されるというわけではありませんが、肌の明るさが実感できるということはそれだけ乾燥しやすい目じりが潤っているということですので、継続することで小じわの解消ができるのでは?という期待感が大きくなりました。

剥がした時にべたついた感じがしない
ヒアロディープパッチには、アクリル樹脂やポリマーなどの成分が無添加です。

そういった成分が配合された化粧品を使うと、見た目は肌がつるつるするのですが、触ると不自然に「ぺたーん」とした感じや「もたー」っと重い感じがしてしまいます。

また、肌のコーティング力が必要以上に強いため、それらの成分を落とす時には洗浄力の強い洗顔料をたっぷり使用する必要があります。なので、結果的に肌へ負担も大きくなってしまいます。

ヒアロディープパッチの場合は、そういった成分が含まれていないため、潤い感はあるものの不自然な感じはしないため、安心して使用できる感じがします。

継続使用で期待できる効果

今回はひとまず1回使用して実感したことをまとめていますが、同封されている説明書には継続して使用することで実感できる効果についても触れられています。

ヒアロディープパッチの実感ステップ

2週間~1か月
不足した潤いを補給するための大切な期間です。回数を重ねるほどに、目周りに潤いを感じられるようになります。
2か月目~
肌が潤っている状態がキープされることで、目周りにふっくらとしたハリを感じていただけるようになります。
3か月目以降~
小じわ部分にすみずみまで潤いが浸透し、徐々に目立たなくなっていきます。日中も目周りのハリ感をキープできる様になります。継続してご使用いただくことで、目周りが常に潤い、理想的な状態になっていくのを実感していただけます。

こうしてみると、2か月、3か月と継続することで、ハリ感や小じわの変化といった効果が期待できるようですね。実際、1日使っただけでもそれを期待できるような潤い感はありました。

ヒアロディープパッチの使用感は?痛みはある?

効果に関しては魅力的だけど、「針」ってどうなの?痛くないの?と不安に思う方もいらっしゃるかと思います。

実際のところどうかというと、まず痛くはありません。その代り、かゆい感じは少しあります。小さい頃、お父さんの髭をジョリジョリされた感じを少し思い出しました(笑)

ただ、この「かゆい感じ」も20分くらいで収まります。恐らくそれくらいの時間で先端が溶け始めるんだと思います。

ヒアロディープパッチの形状と針の長さ

ヒアロディープパッチの針

ヒアロディープパッチの針の長さは0.2㎜(=200マイクロメートル)ということで、肉眼でかすかに確認できる程度です。一応何とか写真でも雰囲気伝えられるかなと思って頑張ったのですが、HPに掲載されているようなズーム写真は私のスマホでは撮れませんでした><

HPに掲載されている画像を参考にすると、こんな感じの形状をしています。

ヒアロディープパッチの針HPより

この針がいくつも並んでいる感じですね。

鍼灸治療で使うパイオネックスという鍼に似ているかも

ところで、通常の美容鍼の際はあまり使わないのですが、私たちが使用する鍼の一種にパイオネックスというピップエレキバンのような鍼があります。

パイオネックス黄色

※この1かたまりが、大体ピップエレキバンくらいの大きさ

パイオネックスの鍼の長さも短いものだとヒアロディープパッチと同じくらいで、貼られても一瞬ちくっとするかどうかの刺激しかありません。なので、実際にヒアロディープパッチを取り寄せる前から「大体あんな感じの刺激かな」という予想は出来てました。

ちなみにこのパイオネックスの針の長さは0.6㎜。かろうじてカメラでも確認することが出来ました。(赤い丸で囲っている部分が針です)

0.6㎜の針

ヒアロディープパッチの針はこの1/3の長さですので、本当に短いものだというイメージが持てると思います。

ですので、少なくとも「痛そう、怖い」といった理由で敬遠する必要は全くないです。

ちなみに、パイオネックスの場合は純粋な鍼刺激のみで、薬品が塗られているわけでも鍼自体が溶けるわけでもありません。この点は両者の大きな違いですね。

ヒアロディープパッチ

マイクロニードルってそもそも何?

さて、ヒアロディープパッチでが斬新なのは、何よりヒアルロン酸で作られたマイクロニードルという部分ですよね。このマイクロニードルとはそもそもどんなものなのか?という点について、少し調べてみました。

すると、なんと日本マイクロニードル研究会なるHPを発見。
http://www.microneedle.jp/

HPには、以下の様な記載がありました。

マイクロニードルは微細な針を皮膚表面に適用して皮膚浸透率を高める方法でその画期性と有効性で全世界から脚光を浴びている。マイクロニードルとは、薬物を皮膚に伝達するに十分な深さのニードルが表皮までは浸透するものの真皮の水容体で痛みを誘発しないため、極性伝達分子の分子量に制限がなく副作用も殆どない新しい概念の新技術である。

「私たち体内に取り入れた薬を、いかにその薬を必要としている個所に効率的に届けるか」という概念をドラッグデリバリーシステムと呼びますが、その観点から薬を皮膚から体内に届けた方が効率が良い場合があります。

いわゆる薬の経皮吸収と呼ばれるものですが、医療の分野でこの経皮吸収を実現させているのが、マイクロニードルの技術というわけですね。

同HPには、ヒアロディープパッチの様な溶解性のマイクロニードルについての記載もありました。

ドラッグデリバリーシステムを活用した新しいタイプの化粧品である溶解性マイクロニードル美容パッチは、皮膚への優れた浸透力等による高い効能でアンチエイジング化粧品等として市場で高い人気を集めている。

ふんふん、なるほど。
…え??「市場で高い人気を集めている」?

ヒアロディープパッチのHPを読むと、神山博士と権博士が医療の現場で使用されているマイクロニードル技術を参考に、世界で初めてヒアルロン酸そのものでマイクロニードルを作ったという記載があります。

が、日本マイクロニードル研究会のHPを読むと、どうやらすでに似たようなアンチエイジング化粧品は発売されているとの記載が。

実はすでにヒアルロン酸の溶解型マイクロニードルは発売されていた!

そこでさらにリサーチをしたところ、何と発見してしまいました!^^;

http://www.mtg.gr.jp/

発売しているのは、美顔器のReFaなどで有名なMTGです。HPに掲載されている「ピリオド インジェクティブパッチ HAセット」の項目を見てみると、ほとんどヒアロディープパッチと同じです。

ただし決定的な違いがあって、それが値段です。

ヒアロディープパッチ
  • 3,538円(税別・年間コースの1か月分)
  • 3,759円(税別・3カ月毎に3個の基本コースの1か月分)
  • 3,980円(税別・ストップ自由のお試しコースの1か月分)
  • 4,422円(税別・1か月分の定価)
ピリオド インジェクティブパッチ HAセット
  • 17,100円(税別)

どれもに週に1度使用を前提とした1か月分4袋あたりの値段ですが、コースによって違いがあるもののヒアロディープパッチの方が約1/4の値段となっていて、圧倒的にリーズナブルです。

17,100円だと、さすがにちょっと手が出ないかなというのが正直なところです^^;

この価格差がヒアロディープパッチが持つ世界で初めて技術に由来するのかどうかは分かりませんが、結果的にものすごくハードルを下げてくれているなという印象ですね。

ヒアロディープパッチ

従来の乾燥対策・保湿商品との違い

従来の乾燥肌対策向け保湿化粧品は、大きく分けて以下の2通りに分類できます。

バリア機能をこじ開けて保湿成分を角質層に浸透させる

私たちの角質層には、外部からの刺激や乾燥から肌を守るバリア機能という役割が備わっています。このバリア機能はとても大切である反面、化粧品の有効成分が肌の内部に浸透するのも防いでしまうという要素も併せ持っています。

そのため多くの保湿化粧品は、このバリア機能の力を界面活性剤で弱め、こじ開けるようにして保湿成分を浸透させています。

若くて肌が強い方であればそれほど悪影響を感じないかもしれませんが、敏感肌であったり年齢肌の方の場合、こういった化粧品を使い続けるとバリア機能がどんどん低下して、保湿しているはずなのに乾燥したり、肌荒れが収まらなかったりという悪循環に陥りやすいです。

浸透させず、肌の上にふたをする

もう一つの方法として、あえて有効成分を浸透させないスキンケアいう方法も存在します。

あくまで肌のバリア機能を破壊したり弱めたりせず、ワセリンや天然オイルなどで肌の表面に被膜を作り、それによって肌からの水分の蒸発を防ぐという方法です。

潤い成分などはあくまで身体の中からの自然な代謝で補い、バリア機能の外側に塗られたクリームがその自然な肌の水分を守るという考え方ですね。

一見、先ほど少しだけ触れたアクリル樹脂やポリマーなどに近い働きですが、落としやすく肌への負担が少ない点が異なります。

私は敏感肌ということもあり、どちらかというとこの考え方に乗っ取って普段のスキンケアをしています。

ヒアロディープパッチはバリア機能を弱めずにヒアルロン酸の浸透が可能

私のこれまでの考え方には、「浸透=悪」に近いイメージがありました。その理由は先ほども触れた様に、肌に美容成分や潤い成分を浸透させるには、界面活性剤によってバリア機能を壊したり弱めたりする必要があるからです。

ところが、ヒアロディープパッチの概念はすごく面白く、界面活性剤というケミカルな成分でバリア機能を弱めるのではなく、針の形状で物理的に角質層の中まで入り込むというものです。

HPで成分を確認しても、界面活性剤は不使用ということがはっきりと書かれています。

つまり、バリア機能を壊したり弱めたりしなければ届かなかった角質層に、バリア機能を壊したり弱めたりすることなくヒアルロン酸を中心とした潤い成分を届けることが可能だということです。

これってすごくないですか?

実際、界面活性剤入りの化粧品を使った時の様なヒリヒリ感を感じることなく、目の周りの保湿が出来ている実感があります。バリア機能を低下させることなく保湿を行いたい方にとっては、ものすごくありがたいアイテムになるのではないでしょうか。

ヒアロディープパッチは週1度のスペシャルケアなのに手軽

ヒアロディープパッチは4袋入り

ヒアロディープパッチは、1カ月分が4袋になっていて基本的には週に1度の使用が推奨されています。

週に1度のスペシャルケアといっても、目の下に貼ったまま寝てしまえばOKなので、全然手間がかかりません。順番としては、通常ケアの後にあるだけです。(ただし、肌が濡れている状態だと剥がれてしまうので注意です)

ヒアロディープパッチの使い方の切り抜き

※同封されている「ヒアロディープパッチの使い方」より

剥がして貼るだけという手軽さなので、このあたりも継続しやすいポイントかと思います。

定期コースを上手に使えば、1回1,000円以下の価格で毎週、目の周りの小じわ・乾燥のスペシャルケアが行えるのは嬉しいですよね。普段は週に1度のペースでケアをして、特別なイベントの前だけ頻度を上げるというやり方もありだと思います。

以前の私は、特に肌の状態が悪い時などは小じわが気になって思い切り笑えないこともありました。ですが、こういったケアを継続することでそのようなブレーキを自分にかけなくて済む様になりますし、結果的に気持ちがすごく軽くなります。

本当に画期的な商品かつ、他の製品と比べてかなりリーズナブルな価格設定なので、特に乾燥する季節には重宝していきたいと思います。

ヒアロディープパッチ
ヒアロディープパッチ公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加