更年期の薄毛・抜け毛は治る?原因と対策 女性ホルモンが鍵

更年期の薄毛

  • 髪にハリが無くなってきた
  • 地肌が透けて見えるようになってきた
  • このまま抜け毛が増え続けるかと思うと恐怖心を感じる

そのような髪の毛の悩み、お持ちではないですか?

最近は薄毛で悩む女性が増えてきました。統計によると、実は男性よりも女性のほうが薄毛の症状で悩む人が多いとか。

実際、私の鍼灸サロンで美容鍼などのコースを受けられる方達の中にも、「実は最近髪の毛の調子が良くなくて…」とおっしゃる方は大勢いらっしゃいます。

中でも特に多いのは、更年期に差し掛かっての薄毛の悩み。

私の母も、若い時にはサラツヤ髪だったはずなのに、更年期に差し掛かったあたりから薄毛が気になって仕方がなかったそうです。

今回は、普段サロンの現場でもお話しすることの多い更年期の女性の薄毛について、以下の内容でまとめてみました。

1.更年期の女性の薄毛の原因

2.更年期の女性の薄毛対策①女性ホルモンを補うサプリメント

3.更年期の女性の薄毛対策②女性用の育毛剤

原因を理解してきちんとした対策を打てば、髪の状態は変わってきます。もう更年期だからとあきらめるのではなく、ぜひご自身の髪と自信を取り戻してくださいね!

スポンサードリンク

更年期の薄毛は治る?まずは原因を理解

私の母の場合ですが、結論から言うと更年期の薄毛はかなり改善しました。どのくらいの改善をもって治ったかというのは難しいところですが、ハリやコシがかなり戻ったのを本人も私も実感しています。

また、鍼灸サロンで髪の毛の悩みをご相談される方達も、今回ご紹介するアイテムを利用されて髪の調子が上向いたというご報告をいただくことが多いです。(彼女たちの場合はヘッドマッサージや頭皮鍼などの施術を併用したうえでの実感になりますが)

このような改善を目指すためには、まず更年期に抜け毛が増え、薄毛になる原因を知ることです。更年期に薄毛になってしまう大きな原因は次の2つと言われています。

  • 女性ホルモンの減少
  • 頭皮環境の悪化

この二つについて、さらに掘り下げていきたいと思います。

更年期の女性の薄毛の原因①女性ホルモンの減少

女性ホルモンは、女性を女性らしくしてくれるのに大切なホルモンです。髪は女の命といいますが、女性ホルモンの一つであるエストロゲンは、髪の毛の健やかな成長に大切な役割を果たしています。

そのため、このエストロゲンが減ってしまうと髪の毛の成長が損なわれ、薄毛へとつながってしまうわけです。

そして、このエストロゲンを含む女性ホルモンは、更年期になるとその量が急減します。女性の場合、女性ホルモンの分泌は20歳くらいから30代くらいまで高い状態をキープしますが、40歳くらいから一気に分泌量が急降下してしまうんですね。

40歳といえば、ちょうどプレ更年期にさしかかる年代です。ここから50代、60代と、どんどん女性ホルモンの分泌量は減り続けてしまいます。更年期の薄毛、つまり女性ホルモンの減少に伴う薄毛が気になりだすのもちょうどこのあたりの年代から。

女性ホルモンの急降下と共に、目に見えて薄毛の症状が顕著になる時期です。(個人差はあります。うちの母が更年期の症状と薄毛を気にしだしたのは、50歳を過ぎてからでした。)

更年期の女性の薄毛の原因②頭皮環境の悪化

女性ホルモンの減少の他に、加齢による頭皮環境の悪化も、更年期の薄毛の原因になります。

具体的には、頭皮に負荷のかかるヘアアレンジや刺激の強いシャンプー、パーマなどによる頭皮環境の悪化が、薄毛の原因となりやすいです。

また、不規則な生活や運動不足、ストレスなどによる頭皮の血行不良も、頭皮環境の悪化につながります。

先に挙げた女性ホルモンの減少頭皮環境の悪化により、ヘアサイクルが乱れ更年期の女性の薄毛へとつながってしまうというわけです。ですので、更年期の薄毛を改善するにはこの2つに対して対策を行う必要があるんです。

更年期の女性の薄毛対策①女性ホルモンと頭皮環境に働きかけるサプリメント

更年期の女性の薄毛対策としてまず有効な方法は、女性ホルモンに働きかけるサプリメントです。

※具体的な商品を先に知りたい方はこちらから⇒更年期の女性向けおすすめサプリメント(ページ内リンクで飛びます)

女性ホルモンのエストロゲンが髪の毛の成長に必要で、その分泌量が更年期を境に一気に減ってしまうということは先ほど述べたとおりです。だったら減っちゃった分を補いましょう!ということですね。

では、どんな成分を摂取すれば、更年期以降に減少する女性ホルモンを補うことができるのでしょうか?

女性ホルモンの分泌を増やしてくれると言われている主な栄養成分は、次の4つの成分です。

  • プラセンタ
  • イソフラボン
  • プエラリア
  • ローヤルゼリー

順番に説明していきますね。

プラセンタの女性ホルモン増加作用

プラセンタは、胎盤の成分で美容と健康に良いというイメージで浸透していますよね。
プラセンタには様々な効果があるのですが、

  • ホルモンバランス自体を整えてくれる作用
  • 自律神経のバランスを整えてくれる作用

この2つの作用が女性ホルモンの分泌に役立ってくれます。ホルモンバランスそのものだけでなく、自律神経のバランスについてもここで触れたのは、ホルモンと自律神経はお互いに影響を与えあう存在だからです。

また、プラセンタには血流改善効果や毛母細胞の活性化作用など、頭皮環境の改善効果がある点も見逃せません。

イソフラボンの女性ホルモン増加作用

イソフラボンは大豆に多く含まれる成分で、女性ホルモンのエストロゲンと非常に近い構造を持っています。体内でエストロゲンに近い働きをしてくれますので、女性ホルモンの不足をダイレクトに補ってくれます。ぜひ取り入れたい成分です。

また、イソフラボンは、動脈硬化や糖尿病、高血圧症の予防に加えて、冷え性や貧血の予防にも効果的。更年期の薄毛だけでなく、女性の健康をサポートしてくれます。

プエラリアの女性ホルモン増加作用

プエラリアは、タイやミャンマーに生息するマメ科の植物です。バストアップサプリメントにはほぼ必ず含まれている成分なので、耳にしたことがある方も多いと思います。

プエラリアには先に挙げたイソフラボンが含まれているだけでなく、エストロゲンを活性化させるミロエステロールという成分が含まれています。このミロエステロール、エストロゲンを活性化させる力が大豆イソフラボンの1000倍もあると言われている成分です。

その強力な女性ホルモン作用から、摂りすぎによる副作用にも注意が必要ですが、それは若い女性がバストアップを目的とする場合によく見られます。

エストロゲンがしっかり分泌されているところに、さらにプエラリアを大量摂取することによる副作用ですので、更年期で女性ホルモンが減少してしまっている場合や、若くても女性ホルモンの分泌が乱れてしまっている場合は、むしろ体調が良くなったという口コミの方が多く見られる成分です。

ローヤルゼリーの女性ホルモン増加作用

ローヤルゼリーには様々な有効成分が含まれていますが、中でもデセン酸という成分は、イソフラボンやプエラリア同様、女性ホルモンであるエストロゲンに構造が良く似ています。

そのため、同様に女性ホルモンの不足をダイレクトに補ってくれる働きが期待できます。

また、各種ビタミンやアミノ酸がバランスよく含まれているため、全体的なホルモンバランスの改善にも効果を発揮します。

プラセンタ・イソフラボン・プエラリア・ローヤルゼリーをサプリメントで摂るには

ここまで挙げた4つの成分ですが、大豆から摂取できるイソフラボン以外は、食事で摂るのはほぼ不可能です。そのため、サプリメントで補ってあげる必要があります。

BOSTON for Ladiesは女性ホルモン対策が万全!

日本肌再生医学会の認定を取得している「BOSTON for Ladies」には、4つの成分のうちプラセンタ・イソフラボン・プエラリアの3つが含まれており、女性ホルモン対策は万全です。

更年期の女性の薄毛に関しては女性ホルモン対策は必須ですので、その部分をしっかりとフォローしている商品コンセプトがとても魅力的です。

また、BOSTON for Ladiesには女性ホルモンだけでなく、髪の毛に良い成分も多く含まれています。

髪のハリやコシを出す成分が非常に贅沢に配合されているので、髪のボリューム感UPを実感しやすい作りになっているんです。

実は女性ホルモンを補うためのサプリメントはBOSTON以外にもいくつか種類が発売されているのですが、女性ホルモンを補う成分と、髪の毛の元となる成分の両方が配合されているサプリメントは、私が知る限りではBOSTON for Ladiesだけです。

その意味で、BOSTON for Ladiesはまさに更年期の女性の薄毛対策に特化したサプリメントと言えますよね。

返金保証期間も180日と非常に長いですし、日本肌再生医学会が認定したサプリメントという点も安心感につながります。

ですので、実際に私の鍼灸サロンに通われている方にもご紹介していますし、私の母もこのサプリメントを愛用していました。

更年期の薄毛対策を考えている方は、まずはこのBOSTONを試してみてはいかがでしょうか。


BOSTONレディース公式HP

有名なマイナチュレのサプリはどうか?

マイナチュレサプリ

女性の薄毛対策に特化したサプリメントという点からすると、「BOSTON for Ladies」以外にも「マイナチュレサプリ」という商品があります。マイナチュレは女性用の育毛剤で有名なブランドですが、サプリメントも発売しています。

こちらは、ミレットエキスメチオニンなど、髪の毛の材料になる栄養素や頭皮環境を整える成分を中心に構成されています。(ミレットエキスは「BOSTON for Ladies」にも含まれています)

ただし、残念ながらマイナチュレサプリには女性ホルモンを補ってくれる成分は配合されていません

更年期の女性の薄毛の場合はまず女性ホルモンを補ってあげる必要がありますので、その部分において「BOSTON for Ladies」に軍配が上がるかなという印象です。

マイナチュレのサプリメントは、まだ女性ホルモンの心配をそれほどする必要がない若い女性が、髪の毛の原材料や頭皮環境を整えるために利用すると効果が大きいと思います。

※逆に言うと、若い女性であってもストレスや生活習慣の乱れが原因でホルモンバランスが乱れている場合は、マイナチュレよりもBOSTONを選択された方が良いと思います。

何となくイメージで選ぶのではなく、サプリメントの成分と目的の違いをしっかりと理解したうえで、ご自身に必要なのはどちらなのかを見極めることが大切です。

マイナチュレサプリ スマホ用
無添加育毛サプリ
【マイナチュレ サプリ】

更年期の薄毛対策②女性専用の育毛剤を

ここまでは身体の内側からのケアとして、主に女性ホルモンを補うためのサプリメントを紹介してきましたが、やはり薄毛の改善に育毛剤は欠かせませんよね。

育毛剤というと、男性が使用するイメージが強いかもしれませんが、今は女性向けの育毛剤も発売されています。

「男性用を使っても問題ないのでは?」「夫のを借りようかしら」「むしろ男性用の方が効くんじゃないかしら?」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、女性の薄毛には女性特有の原因があるため、男女兼用の育毛剤ではなく、はっきりと女性専用と記載のある育毛剤を使用するべきです。

なぜなら、男性用の育毛剤には男性ホルモンの働きを阻害する成分が多く含まれている傾向があるから。

女性の薄毛が薄毛になってしまう場合でも、確かに男性ホルモンが相対的に増える傾向にありますが、どちらかというと女性ホルモンが減少してしまった結果、相対的に男性ホルモンの量が多くなっているという状態に過ぎません。

ですので、女性の場合は男性ホルモンを阻害するのではなく、女性ホルモンを補う方向で考えた方が良いというのが私の考えです。(サプリメントでまずは女性ホルモンを補うのと共通ですね)

女性専用の育毛剤を利用することで、ホルモンバランスの崩れ頭皮環境の悪化を予防し、ヘアサイクルを正常に戻すことが可能になります。

そして、女性専用の育毛剤の中でも「無添加育毛剤マイナチュレ」は他社に先駆けて導入された女性専門の育毛剤で実績は十分ですし、使用する中で生じる疑問や不安などにもしっかりと答えてくれるので安心できます。

男性向けの高価な商品と比べるとお値段もそこまで高くないですし、無添加育毛剤というのが嬉しいですよね^^


女性用無添加育毛剤
マイナチュレ公式HP

まとめ

いかがでしたでしょうか?今は、女性の薄毛に対するサプリメントや育毛剤が充実してきているので、上手に使っていきましょう。

すでに生えている髪の毛のコシやハリをアップさせたい場合は、こんな方法もあります。

関連記事洗い流さないトリートメントの効果と使い方 タイミングは朝?寝る前?

<span>洗い流さないトリートメント</span>の効果と使い方 タイミングは朝?寝る前?
髪の毛のケアって、女性にとってとても大切なことですよね。前回は、薄毛や抜け毛の原因である頭皮環境や女性ホルモンを...

早めに対策すればするほど効果も出やすいです。更年期?と感じ、髪の毛に変化が出てきたら、育毛ケアが必要な時期というサインです。

放置せずに早め早めの対処をすることで、効果も実感しやすくなりますよ^^

BOSTONレディース公式HP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加