防風通聖散ツムラ62は通販可能?病院で処方してもらうための条件は?

スポンサードリンク

肥満症や便秘症を改善するための漢方薬として、ツムラ62(防風通聖散)が人気です。

防風通聖散は薬局でも市販されている漢方ですが、ツムラ62の場合は

  • 病院で処方され、満量処方なので配合量が多い
  • 保険適用されるので比較的安く手に入る

といった点が、多くの方に人気の理由でしょう。

そのため、市販されている防風通聖散ではなく、ツムラ62自体を通販で購入できないかと調べられている方はすごく多いです。

結論から言うと、 ツムラ62は通販でも購入できます。 

今回は、人気の漢方薬であるツムラ62の通販事情や、病院で処方してもらうための条件面などについてまとめています。

普段ツムラ62を飲んでいる方も、これから飲みたいなと興味をお持ちの方も、防風通聖散の通販事情を一度整理してみてください。


1.ツムラ62を通販で購入できるサイト
1-1.ただし、シンガポールからの個人輸入なので病院の窓口よりも高額になる
1-2.国内の通販ではツムラ62は購入できない

2.ツムラ62と同じ満量処方の防風通聖散は普通に通販可能
2-1.医療用のツムラ62の量が「満量処方」
2-2.国内通販で買える満量処方の防風通聖散

3.ツムラ62を病院で処方してもらうための条件は?
3-1.肥満症かつ便秘がちだと処方されやすい傾向
3-2.医師が治療が必要と判断するほどの症状であること
3-3.ダイエット目的なら、通販で購入してしまった方が気持ちも楽

ツムラ62を通販で購入できるサイト

ツムラ62が購入できる通販サイトは、ファミリーファーマシーグローバルという医薬品の個人輸入サイトです。

一般的に個人輸入というと、海外の製品を日本に輸入するイメージがありますが、このサイトは海外に輸出された日本製の医薬品を逆輸入している点がとてもユニークです。

製品が日本の病院で処方されるものと全く同じなので、ツムラ62を通販で購入したいという場合は利用してみるのも良いのではないでしょうか。

ツムラ62の個人輸入サイトへ

ただし、シンガポールからの個人輸入なので病院の窓口よりも高額になる

逆輸入でツムラ62を個人輸入する場合の一番のネックは、金額面ではないでしょうか。

先ほどのファミリーファーマシーグローバルで売られているツムラ62の値段は、

  • 14日分:2,822円

です。1か月分だと、6,000円近くなりますね。

この金額は、健康保険を使用して病院の窓口で支払う額の約2倍になります。

保険適用の場合のツムラ62の値段

ちなみに、3割負担の保険が適用される場合に病院の窓口で支払う金額は、全ての費用を合わせて1か月3,200~3,300円ほどです。

内訳としては、こんな感じになります。

  • (初診料と再診料+処方箋量)×2で1200円くらい(月に2回の通院の場合)
  • 薬が1包23円なので1か月分90包分で2000円ちょっと

個人輸入の場合は初診料や再診料、処方箋料はかかりませんが、健康保険も当然使用できないため、トータル的には病院窓口で支払うよりも2倍近くかかることになります。

国内の通販ではツムラ62は購入できない

残念ながら、日本国内の流通経路にはツムラ62は出回っていないため、今のところ個人輸入以外でツムラ62を購入する方法はありません

楽天やAmazonといった通販はもちろん、マツモトキヨシなどの薬局でも売っていません。

ツムラ62と同じ満量処方の防風通聖散は普通に通販可能

ツムラ62そのものは国内の通販で購入することは出来ませんが、実はツムラ62と全く同じ成分・同じ量の防風通聖散は市販されているので、その防風通聖散を通販で購入することは出来ます

防風通聖散というは複数の特定の生薬を一定の割合で調合したものの総称なので、処方薬であっても市販薬であっても、成分自体は共通です。

防風通聖散に関しては、処方薬と市販薬の違いは使われている生薬の種類ではなく、生薬の量だと理解しておきましょう。

医療用のツムラ62の量が「満量処方」

防風通聖散の生薬量を比較する際は、病院処方のツムラ62に使用されている原生薬量を基準にして、ツムラ62と同じ量の原生薬が配合されている防風通聖散を「満量処方と表します。

その量を基準にして、配合されている生薬の量が半分なら1/2処方1/3なら1/3処方といった感じですので、分かりやすいですよね。

つまり、日本で市販されている防風通聖散の中からツムラ62と同じ効果を得たいのであれば、満量処方のものを選べばよいということになります。

ツムラから市販されている「防風通聖散エキス顆粒1062」は1/2処方なので注意!

ちなみに、ツムラからは市販の防風通聖散として「防風通聖散エキス顆粒1062」という商品が発売されていますが、同じ会社だからといって、「ツムラ62の変わりに防風通聖散エキス顆粒1062でいいや」と思ってしまうのは注意です。

なぜなら、防風通聖散エキス顆粒1062に使用されている原生薬の量は、ツムラ62に使用されている原生薬の量の半分だからです。

いわゆる1/2処方ですね。

ツムラ62と同じ効果を望むのであれば、同じメーカーにこだわるのではなく、満量処方かどうかにこだわって選ぶべきです。

国内通販で買える満量処方の防風通聖散

市販されている防風通聖散の中で、満量処方な主要製品を3つほど表にまとめてみました。

商品名値段形状
【生漢煎】
防風通聖散
初回:3,900円
2回目~:5900円
(30日分)
顆粒
ナイシトールZ4,180円
(21日分)
錠剤
新ロート
防風通聖散錠満量
5,339円
(22日分)
錠剤

基本的に成分は同じなので比べるポイントは金額になってくるかと思いますが、3つの満量処方の防風通聖散の中では【生漢煎】が一番リーズナブルです。

特に初回の金額は安いですね。
定期コースの金額ではありますが、定期縛りはなくいつでも解約が可能なので、まずは1か月分試してみるのにちょうど良いかと思います。

生漢煎の形状は顆粒なのでツムラ62に近い

ナイシトールZと新ロート防風通聖散錠満量の形状が錠剤タイプなのに対して、生漢煎の形状は顆粒タイプです。

形状に関しては好みが分かれるポイントでもありますが、ツムラ62も顆粒タイプですので、より近いものを求めるなら生漢煎が一番適しているかと思います。

※実際、私も顔がむくんで辛かった時に【生漢煎】防風通聖散を2か月ほど飲んだのですが、顆粒タイプは1包ずつ持ち運べるので想像以上に便利でした。

他の2つは錠剤かつ入れ物がビンなので、持ち運びには向いていません。

ただし、顆粒タイプの場合は漢方独特の風味を感じやすいので、その点も考慮に入れて選択されると良いかと思います。


【生漢煎】防風通聖散公式HPを確認

ツムラ62を病院で処方してもらうための条件は?

生漢煎であれば、特に初回はかなりリーズナブルに満量処方の防風通聖散を購入できます。

ツムラ62を病院で処方してもらう場合でも1か月で3,000円以上かかりますので、手間と時間を考えれば満量処方の防風通聖散を通販で購入してしまった方がコスパは良いと思います。

ただ、それでも病院で処方されたツムラ62を飲みたい!という方のために、どんな条件であればツムラ62を処方されやすいかといった情報も掲載しておこうと思います。

肥満症かつ便秘がちだと処方されやすい傾向

まず前提として、「この条件を満たせば絶対にツムラ62を処方される」といった、絶対的な条件はありません

医師によって判断の基準は異なりますし、場合によっては防風通聖散以外のお薬が処方される場合もあるでしょう。

ただ、一つの目安としては

  • 肥満
  • 便秘

といった症状が併発している場合に処方されやすい傾向にあります。

そもそも防風通聖散は、「体力が充実していてお腹周りに皮下脂肪が多く、便秘がち」な症状に対して効果効能が認められているお薬ですので、便秘を伴う肥満との相性は非常に良いです。

医師が治療が必要と判断するほどの症状であること

医師の診察を受けて処方してもらうわけですから、症状に対して「治療が必要」と判断される必要があります。

ですので、「健康だけどダイエットのためにツムラ62を処方してください」と頼んでも、普通は処方されません。

場合によっては保険のきかない自費診療という形で処方してくれる医師もいるかもしれませんが、その場合は市販の防風通聖散よりもはるかに高額になってしまいます。

ダイエット目的なら、通販で購入してしまった方が気持ちも楽

こういった感じで「処方してもらうための条件」的な内容を記載すると、お薬を出してもらうために嘘の症状を伝える人も出てくるかもしれません。

ですが、処方してもらうことを目的に嘘の症状を語る行為は、健康保険を悪用した詐欺罪に問われます。

そこまでするほど価格差があるわけではありませんし、時間と交通費をかけて診察に行き、神経をすり減らして嘘の症状を語るのは割に合わないと思います。

ダイエット目的で防風通聖散を考えているなら、市販の満量処方を通販で購入してしまった方が時間の節約にもなるし、気持ちも楽です。

どうしてもダイエットにツムラ62を飲みたいという場合は、逆輸入という形での個人輸入も検討するか、顆粒タイプという共通点を持ち値段がリーズナブルな生漢煎を試してみると良いと思います。

公式【生漢煎】防風通聖散の公式HPへ

個人輸入ツムラ62の個人輸入サイトへ

まとめ

ツムラ62に限らず、防風通聖散は効き目が割と緩やかなので、飲んだからといってすぐに痩せられるといったものではありません。

一方で、サプリメントではなく医薬品ですので、効果効能はしっかりと確認されています。ですので、どんなルートから防風通聖散を始めるにしろ、一定期間はきちんと継続することが、望んだ効果を実感するための近道になります。

逆に、焦って決められた量以上を飲むのはNGです。医薬品ですから、用法容量を守らずにたくさん飲んでしまうと、副作用リスクも高まります。

少しでもお得に購入して、定められた飲み方をきちんと守り、防風通聖散をうまく使いこなして効果を実感してくださいね!


【生漢煎】防風通聖散公式HP

この記事を読んだ方は以下の記事も見ています

ダイエットだけじゃない!防風通聖散の効果と副作用

医療用の防風通聖散【ツムラ62】は通販可能?病院で処方してもらうための条件は?

防風通聖散で痩せない時にチェックすべき5つの項目

ダイエットTOPに戻る

健美ガーデンTOPに戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加